技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

嗅覚センサによるニオイの計測およびその評価と解析方法

嗅覚センサによるニオイの計測およびその評価と解析方法

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、嗅覚センサに要求される要素を網羅した膜型表面応力センサ (MSS) を中心に、最先端のハードウェア (センサ素子+感応膜など) とソフトウェア (機械学習など) について、基本的な原理から、それらの要素を統合する総合的な研究開発まで、最新の成果や産学官連携体制と共に解説いたします。

開催日

  • 2021年4月16日(金) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 嗅覚センサ、バイオセンサ、バイオデバイスに関連する技術者、開発者、研究者
    • 医療機器
    • 呼気診断
    • ヘルスケア など
  • 嗅覚センサについての情報を収集したい方
  • MSSの基本原理から周辺要素技術の開発、統合まで総合的に知見を得たい方
  • MSSに関する最新の情報を得たい方

修得知識

  • MSSの動作原理と応用方法
  • 嗅覚センサシステムにおける構成要素とそれらの統合方法
  • 機械学習との融合による可能性と応用分野
  • 産学官連携の体制と進捗状況

プログラム

 五感のうち、最もデバイス化が遅れているのが「嗅覚」です。人工嗅覚の実現を難しくしている要因のひとつが、その測定対象である「ニオイ」の複雑さです。「ニオイ」とは、40万種類以上といわれる各成分が、任意の割合で数種から数千種混ざり合って形成されるものであり、さらにこれが時間的にも空間的にも絶えず揺らぎます。この捉えどころの無い「ニオイ」を測り、人間が理解できる情報に変換する嗅覚センサの実現は、最高難度の科学技術課題のひとつといえます。一方で、人間や犬を含む生物の鼻は、この離れ業をいとも簡単にやってのけます。
 そこで本講演では、まず生物の鼻と人工の鼻 (嗅覚センサ) との違いについて紹介し、嗅覚センサを開発するために必要な技術要素を概観します。また、嗅覚センサの実現に向けて、過去40年近く世界中で行われてきた様々な取り組みについて紹介し、これらを踏まえて、これまで我々が行ってきた総合的な研究開発を紹介します。特に、嗅覚センサに要求される要素を網羅した膜型表面応力センサ (MSS) を軸に、最先端のハードウェア (センサ素子+感応膜など) とソフトウェア (機械学習など) について、それぞれの基本的な原理から、それらの要素を統合する研究開発までを解説します。また、嗅覚センサに関する世界最大の産学官連携の取り組みと、その最新情報についても併せて紹介します。

  1. はじめに
    1. 嗅覚センサの歴史と現状
    2. 生物の嗅覚と嗅覚センサの違い
    3. 嗅覚センサシステムの要素と相互関係および技術課題
  2. MSSと周辺技術の研究開発
    1. ナノメカニカルセンサについて
    2. カンチレバーからMSSに至る経緯の技術的解説
    3. MSSの動作原理と各部の役割について
    4. 感応膜の設計と各種被覆方法の可能性と課題
    5. MSSの応用例
  3. 産学官連携による最先端技術の垂直統合
    1. MSSアライアンスについて
    2. 新・MSSフォーラムのご案内
  4. 機械学習との融合
    1. ニオイの特定指標の定量推定
    2. 伝達関数比法によるフリーハンド測定
  5. 別のアプローチ
    1. 逆転の発想による「固体材料のパターン認識」
    2. 名刺でもできる質量分析「流体熱力学質量分析」
    3. 世界最高感度のガス分析の紹介
  6. まとめと今後の展望
    1. アプリケーションの分類
    2. 生体ガスによる非侵襲性医療診断の動向と可能性
    3. 嗅覚センサに関する技術的な考え方
    4. 将来展望と今後の課題
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/4/27 生物の嗅覚受容体を活用した匂いセンサの開発動向 東京都 オンライン
2021/4/27 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 オンライン
2021/4/27 生体・バイオセンサ及びデバイス技術と先制医療への応用 オンライン
2021/5/14 匂いの可視化とセンサデータ処理 オンライン
2021/5/18 具体的事例を含めたにおいの官能評価・機器分析手法 オンライン
2021/5/25 車載センサ・電子部品の実装技術への現在・今後の要求特性 オンライン
2021/5/26 距離画像センサの測距原理と3Dセンサの応用 オンライン
2021/5/27 小型・高機能触覚センサ技術と医療・ヘルスケア・感性計測への応用展開 オンライン
2021/5/31 官能評価の基礎知識 オンライン
2021/6/8 バイオセンサの最新動向とデジタルヘルスケアへの応用 オンライン
2021/6/15 スマートテキスタイルの基礎技術と国内外の最新動向 オンライン
2021/6/18 ヘアカラーにおける匂い・ダメージ等、使用品質向上のアプローチ オンライン
2021/6/25 スマートテキスタイルの要素技術と国内外の最新動向・今後の展望 オンライン
2021/6/30 産業用ロボットの最新技術と市場・規格動向及び導入におけるポイント オンライン
2021/7/7 生体信号計測、生体センサ技術の基礎と応用 オンライン
2021/7/16 香り成分の心理生理学的有効性評価技術と商品開発への展開 オンライン
2021/8/30 電子機器 (メカトロニクス) の基礎 オンライン