技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

トライボロジー (摩擦、摩耗、潤滑) の基礎 メカニズム・評価・解析および材料・表面技術を活用した摩耗対策、摩擦制御法

オンデマンドセミナー

トライボロジー (摩擦、摩耗、潤滑) の基礎 メカニズム・評価・解析および材料・表面技術を活用した摩耗対策、摩擦制御法

~具体的な実用化・課題解決事例から、耐摩耗・摩擦制御のためのトライボロジー活用術を学ぶ~
オンライン 開催

お申込みは2020年11月27日まで受け付けいたします。
収録日:2020年4月30日 ※映像時間:4時間34分

概要

本セミナーでは、設計・製造・設備・品質などのエンジニアを対象に、トライボロジー (摩擦、摩耗、潤滑) のメカニズム、摩擦・摩耗特性の評価・解析法、材料を利用する技術、表面に機能を付加する技術について詳解いたします。

開催日

  • 2020年11月27日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 実務で役立つトライボロジー (摩擦、摩耗、潤滑) の基礎知識
  • 材料 (鉄鋼材料、非鉄金属、セラミックス、高分子材料等) と表面処理 (熱処理、溶射、肉盛、めっき、薄膜被覆等) の組合せによる各種摩擦摩耗特性、各種摩擦摩耗試験による評価・解析法
  • 耐摩耗対策、摩擦制御など、実務で遭遇するトライボロジー的課題の解決方法

プログラム

 トライボロジー (摩擦、摩耗、潤滑) に関する諸問題は、複雑でつかみどころがないように思われがちですが、トライボロジーの基礎を理解し、原理・原則に基づいた対策を考えれば、解決は可能です。
 本セミナーでは、日常業務で、トライボロジー (摩擦、摩耗、潤滑) に関する課題に出会うことが多い、設計、製造、設備、品質などのエンジニアを対象に、トライボロジーの基礎である摩擦、摩耗、潤滑のメカニズム、摩擦摩耗特性の評価・解析法、ベースとなる材料技術 (材料を利用する技術) と表面技術 (表面に機能を付加する技術) 全般について、実務に役立つと思われる内容を厳選して、講義します。
 実用化事例、課題解決事例を紹介し、耐摩耗対策、摩擦制御等の課題を解決するトライボロジー活用術を習得していただきます。

  1. はじめに
    1. トライボロジーとは
    2. トライボロジーの歴史
    3. 表面と接触
    4. 表面性状
    5. 固体の接触
  2. 摩擦のメカニズム
    1. 摩擦の法則
    2. 摩擦の機構
    3. 凝着部の成長
    4. 表面膜の影響
    5. 摩擦 (摩耗) 試験と摩擦係数
  3. 摩耗のメカニズム
    1. 摩耗の形態
    2. アブレシブ摩耗
    3. 凝着摩耗
    4. 比摩耗量
    5. 摩耗形態図
    6. エロージョン
    7. 焼付き
    8. 転がり疲労
    9. 摩擦摩耗試験結果例
  4. 潤滑のメカニズム
    1. 流体潤滑
    2. 弾性流体潤滑
    3. 境界潤滑
    4. 潤滑剤、潤滑油
    5. グリース
    6. 固体潤滑剤
  5. 材料技術と表面技術
    1. 耐摩耗表面設計
    2. 金属材料
    3. 熱処理、拡散処理
    4. セラミックス
    5. 高分子材料
    6. 表面被覆
    7. 薄膜被覆
  6. トライボロジー評価・解析方法
    1. 摩擦摩耗調査・解析の事例
    2. 各種摩擦摩耗試験
    3. 表面性状解析 (二次元、三次元)
    4. 試験機試作
  7. 実用化事例、課題解決事例
    1. 耐摩耗技術 (セラミックス) の開発事例
    2. 耐熱・耐摩耗技術 (製鉄機械設備:製銑~製鋼) の事例
    3. 高摩擦・耐摩耗技術 (溶射ロール) の開発事例
    4. 高摩擦・耐摩耗技術 (製鉄機械設備: 圧延~表面処理) の事例
  8. 質疑応答
  9. 個別相談

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

オンライン受講割引

  • オンライン受講の場合、1名様 30,400円(税別) / 33,440円(税込) で受講いただだけます。
  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 申込みフォームの受講方法から「オンライン」をご選択ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

オンデマンドセミナーの留意点

  • 申込み後、すぐに視聴可能なため、本セミナーのキャンセルは承りかねます。 予めご了承ください。
  • 録画セミナーの動画をお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 3営業日後までに、メールをお送りいたします。
  • 視聴期間は申込日より14日間です。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は、印刷可能なPDFファイルをダウンロードいただきます。
  • このセミナーに関する質問に限り、後日に講師とZoomなどを活用して個別Q&Aをすることができます (15分程度) 。
  • 具体的には、セミナー資料に講師のメールアドレスを掲載していますので、
    セミナーに関する質問がございましたら先ずは講師に直接メールでアポイントメント後、
    ZoomなどTV会議システムでQ&Aをしてください。
  • 継続的なメールでのQ&Aではなく、短時間ミーティングによるQ&Aを講師が希望しています。
  • 動画視聴・インターネット環境をご確認ください
    • セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
    • サンプル動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。
  • 本セミナーの録音・撮影、複製は固くお断りいたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/12/2 塗布・コーティング膜の基礎と高品位制御およびトラブル対策 オンライン
2021/12/3 滑り性、透明性及び耐スクラッチ性に優れたフィルムのフィラー処方 オンライン
2021/12/3 ゴム/金属の加硫接着技術の基礎と表面処理技術 オンライン
2021/12/3 水性塗料の設計技術との課題、顔料分散剤の利用技術・外観低下トラブルの原因と対策管理 オンライン
2021/12/8 防曇性能の客観評価とその事例 オンライン
2021/12/9 撥水・撥油表面の設計とぬれ性の評価 オンライン
2021/12/9 ぬれ性の基礎と測定・評価方法 オンライン
2021/12/10 シランカップリング剤のすべてが分かる一日速習セミナー オンライン
2021/12/15 接着制御・メカニズム解析の考え方と分析評価法 オンライン
2021/12/15 汚れの付着メカニズムと防汚コーティング技術およびその評価法 オンライン
2021/12/16 異種材料接着に向けた、金属の表面処理技術と接着性の改善 オンライン
2021/12/17 環境対応型塗料・塗装におけるVOC削減塗料への転換による影響の理解 オンライン
2021/12/22 ハードコート剤の設計、高機能化、特性評価と応用開発 オンライン
2021/12/23 反射防止材料・コーティングの作り方と製膜、その応用、評価 オンライン
2021/12/23 ゾル-ゲル法の実務活用のための速習セミナー オンライン
2021/12/24 プラズマ生成の基礎とプラズマCVD (化学気相堆積) による高品質成膜プロセスのノウハウ オンライン
2021/12/24 基材への塗布層の設計、コーティング技術と乾燥、欠陥・故障対策および機能性付与 オンライン
2021/12/24 熱力学・電気化学・金属材料学とめっき膜観察・分析方法 オンライン
2022/1/7 分子間力や表面張力の考え方、 そのコントロールと測定法 オンライン
2022/1/14 プラスチック加飾技術の最新動向と今後の展望 オンライン