技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

導電性カーボンブラックの使用テクニック

Zoomを使ったライブ配信セミナー

導電性カーボンブラックの使用テクニック

~用途の応じた適切な分散法で最大限の特性を引き出すヒントを見つける~
オンライン 開催

概要

カーボンブラックは、帯電防止や導電性付与の目的で樹脂やゴム、電池用導電材として幅広く用いられています。
本セミナーでは、カーボンブラックの製法、特性、物性評価法、並びに、用途例について代表的な導電性カーボンブラックであるアセチレンブラックを主体に解説いたします。
導電性を効果的に発現させるための導電性メカニズムは、カーボンブラックの選定のみならず、配合、混練・混合プロセス等の分散技術と密着した関係にあり切り離すことができません。
これら一貫した材料設計を特にリチウムイオン二次電池用途を重点的に、樹脂・ゴム用途においても技術的に重要な考え方を解説いたします。

開催日

  • 2020年10月26日(月) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 製品開発に携わる技術者、研究担当者
  • 研究所所長、マネジャー
  • 事業企画部門などに在籍する技術出身担当者

修得知識

  • アセチレンブラックを始めとするカーボンブラックの特性・特徴
  • アセチレンブラックの使用・活用テクニック
  • カーボンブラックなどの微粉炭素の分散の考え方、実践方法
  • リチウムイオン二次電池用の導電材としての活用法と高性能化

プログラム

 カーボンブラックは、帯電防止や導電性付与の目的で樹脂やゴム、電池用導電材として幅広く用いられています。本講演では、カーボンブラックの製法、特性、物性評価法、並びに、用途例について代表的な導電性カーボンブラックであるアセチレンブラックを主体に解説します。導電性を効果的に発現させるための導電性メカニズムは、カーボンブラックの選定のみならず、配合、混練・混合プロセス等の分散技術と密着した関係にあり切り離すことができません。これら一貫した材料設計を特にリチウムイオン二次電池用途を重点的に、樹脂・ゴム用途においても技術的に重要な考え方を解説します。
 本講座では代表的な導電性カーボンブラックであるアセチレンブラックの適切な使用で添加された材料の品質を最大限引き出すヒントを見つけられるような講演にしたいと思います。

  1. はじめに
    • 各種導電フィラーの位置づけ
    • 炭素の多様性
  2. カーボンブラックの特性と用途
    1. 代表的な導電性カーボンブラック
      • アセチレンブラック
      • ケッチェンブラック
      • ファーネス法導電性カーボンブラック
    2. 製法と基本性状の関係について
      • カーボンブラックの製法
      • カーボンブラックの合成プロセス
      • 3大基本特性
        • 一次粒径
        • 比表面積
        • OAN
        • 揮発分
      • 結晶性、凝集形態、不純物、その他
    3. 基本性状の評価方法
      • 分析的手法
      • 物性評価による方法
    4. 導電性カーボンブラックの特性と用途
      • CVケーブル
      • 導電性シリコーン
      • ICトレー・シート
      • タイヤブラダー
      • その他
    5. 電池用途におけるカーボン系導電材の役割及びアセチレンブラックの適用
      • リチウムイオン二次電池
      • 鉛蓄電池
      • 電気二重層キャパシター
      • 燃料電池
      • その他
  3. カーボンブラックの導電性メカニズム
    1. 導電性メカニズム
    2. 導電性、分散性に影響を及ぼす因子
  4. カーボンブラックの最適活用・配合術
    1. アセチレンブラックの代表的品種、特殊なアセチレンブラック
      • 粉状品、プレス品、粒状品
      • 高比表面積品、低比表面積品
      • 改質品 (高結晶化、官能基付与など)
    2. アセチレンブラックのリチウムイオン二次電池の導電材の用途別活用例
      • リチウムイオン電池の技術トレンド
      • 正極における導電材としての活用事例
      • 負極における導電材としての活用事例
  5. リチウムイオン電池の電極プロセスを事例にしたアセチレンブラックの分散技術
    1. 用途における分散の定義及び工程分散について
    2. 小粒径アセチレンブラックの活用術
      • 混練工程における工夫
      • 分散液化技術、易分散化技術
    3. 分散の新しい評価技術
      • 電極スラリーにおける電気化学的分散評価の取り組み
  6. アセチレンブラックとカーボンナノチューブ (MWCNT) との併用事例
    1. リチウムイオン二次電池用途
      • カーボンナノチューブ (MWCNT) について
      • アセチレンブラックとカーボンナノチューブの併用・複合化事例
    2. コンパウンド用途における併用事例
  7. 次世代アセチレンブラックへの課題と対応
    1. リチウムイオン二次電池用途の導電材としての課題
      • 急速充電特性の改善
      • 厚膜化への適用
    2. 電気化学分野におけるアセチレンブラックの展望
    3. まとめ

講師

  • 永井 達也
    デンカ株式会社 千葉工場 電池・導電材料開発室
    研究員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  • セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。
  • 個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/10/27 ポリマーアロイ・ブレンドで物性を制御するには? オンライン
2020/10/28 粉体技術者なら押さえておきたい粒子径・粒子径分布測定の基礎知識 オンライン
2020/10/29 厄介な分散系を手懐けるコツ オンライン
2020/10/30 ビーズミルによる分散・粉砕の基礎と最適化、スケールアップ・トラブル対策 オンライン
2020/11/5 粉体における付着・凝集・流動の原理と評価法 オンライン
2020/11/6 スラリーの挙動と制御技術および評価方法 オンライン
2020/11/10 導電性フィラーの種類、特性と配合・分散技術 オンライン
2020/11/11 抗菌剤・抗ウイルス剤・抗カビ剤の選び方・使い方・表し方 オンライン
2020/11/12 粉体・微粒子における帯電・付着力とコントロールおよびその評価 オンライン
2020/11/13 ビーズミルによる粉砕・分散の基礎と運用のコツ 東京都 オンライン
2020/11/13 化粧品における顔料微粒子の分散法と安定化法 オンライン
2020/11/24 粘度、粘弾性の測定法とデータの読み方、活用例 オンライン
2020/11/24 水性塗料の配合設計術 オンライン
2020/11/24 ポリマー微粒子の作製・構造制御と応用事例 オンライン
2020/11/25 圧電アクチュエータ・超音波モータの基礎と最新研究動向 オンライン
2020/11/27 液体微粒化技術の基本と応用 東京都 オンライン
2020/12/2 導電性コンポジットの開発に向けたフィラーの種類、特性と配合・分散技術 オンライン
2020/12/3 水性塗料の設計技術との課題、顔料分散剤の利用技術・外観低下トラブルの原因と対策管理 オンライン
2020/12/4 シランカップリング処理による付着・濡れ・コーティングの制御法 オンライン
2020/12/9 カーボンナノチューブの分散技術と分散状態の評価 東京都 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 溶解度パラメータ (SP値・HSP値) の求め方と微粒子の分散安定化への活用術
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/2/28 顔料分散の基礎講座
2017/10/31 カーボンブラックを上手に使用する処方箋
2017/10/23 カーボンブラック 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2017/10/23 カーボンブラック 技術開発実態分析調査報告書
2015/6/30 導電性フィラー、導電助剤の分散性向上、評価、応用
2014/8/25 粉砕・分散技術の基礎と応用・トラブルシューティング
2014/4/30 微粒子最密充填のための粒度分布・粒子形状・表面状態制御
2013/8/28 化粧品・医薬部外品およびその原料の安全性評価と規格・試験法設定
2013/8/5 透明導電性フィルム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/5 透明導電性フィルム 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/25 正しい分散剤の選定・使用方法と、分散体の塗布性を上げる添加剤技術
2013/3/25 カーボンナノチューブ応用技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/3/25 カーボンナノチューブ応用技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/2/20 導電・絶縁材料の電気および熱伝導特性制御
2012/11/19 粉体・微粒子のサイズリダクション(粉砕・分級)技術
2011/12/19 カーボン製品市場の徹底分析
2009/6/30 液中ナノ粒子の分散・凝集特性とその評価