技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

伝熱の基礎とExcelを用いた熱流動シミュレーション

Zoomを使ったライブ配信セミナー

伝熱の基礎とExcelを用いた熱流動シミュレーション

オンライン 開催 PC実習付き

開催日

  • 2020年10月26日(月) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • 熱流動シミュレーションの基礎を学びたい方
  • 簡単な伝熱問題をExcelで計算する基礎を習得したい方

修得知識

  • 熱流動シミュレーションの基礎
  • 熱流動数値解析の計算
  • Excelによる伝熱計算の基礎

プログラム

 熱流動シミュレーションをおこなう高機能な市販ソフトウェアが充実し、設計や開発の様々な段階での伝熱解析に利用されるようになりました。使い勝手もよくなりましたが、ともすればブラックボックス化の恐れもあります。「中身 (= 熱流動解析プログラムの基本) 」を理解していることは望ましいでしょう。いっぽうで、理解を深めることだけを目的に、個人で演習的にプログラムを自作するのはたいへんです。
 講師の研究室では、熱流動シミュレーションをすべて自作のプログラムで行っています。本講座の内容は、講師の研究室において新たに数値解析を始める人を対象に、本格的なプログラムに触れる前段階として行っている「数値解析の基礎セミナー」の内容をアレンジしたものです。計算はすべてExcel上で行い、FORTRANやCなどのプログラム言語の知識は不要です。熱流動シミュレーションの最も素朴な手法のひとつである有限体積法に基づき、簡単な熱伝導問題からはじめて、最終的には2次元・定常・物性値一定の条件のもと運動方程式を連続の式とカップリングして解きます (SIMPLE法) 。
 Excelを使うので、計算中のすべての変数およびその変化を視覚的にとらえることができます。これは、市販ソフトウェアや自作プログラムで計算する場合には通常見ることがない情報で、講師の経験上、「中身」の理解に大いに役立つと感じています。
 また、簡単な伝熱問題をExcelで解きながら徐々にステップアップしますので、その過程で伝熱解析の基礎も学べます。
 本講座では、はじめに伝熱工学の基礎を講義したうえで、受講者に事前配布するいくつかのExcelシートを利用しながら進めます。

  1. 伝熱工学の基礎
    • 熱伝導
    • 対流伝熱
    • 輻射伝熱
  2. Excelによる熱流動解析の準備
    1. 支配方程式
    2. 計算格子
    3. 有限体積法による支配方程式の離散化
    4. 境界条件とその表現
  3. Excelで熱伝導方程式解く
    1. 1次元定常熱伝導
      1. 拡散項の扱い
      2. 生成項 (発熱項) の扱い
    2. 1次元非定常熱伝導
      1. 非定常項の扱い
      2. 陽解法で解く
      3. 陰解法で解く
    3. 2次元定常熱伝導
  4. Excelで2次元定常熱流動解析を行う:平行平板間流れ
    1. 流れ場が既知のとき温度場を解く (エネルギー式)
      1. 対流項の扱い
      2. パッシブスカラー
    2. 圧力場が既知のとき流れ場を解く (運動方程式)
      1. 運動方程式の離散化
      2. 圧力場と流れ場の整合性
    3. 流れ場と圧力場を同時に解く (運動方程式+連続の式)
      1. 連続の式
      2. SIMPLE法
      3. その他の解析例
  5. まとめ – Excelでの伝熱解析について –

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

ご用意いただくもの

  • Microsoft Excelを用いた演習を行います。Microsoft ExcelがインストールされたノートPCのご用意をお願いします。
  • 推奨環境: Windows, Microsoft Office2007以降
  • 予備PCの用意はございません。あらかじめご了承ください。

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/10/30 賞味期限設定 (食品期限) のための官能評価とアレニウス式を用いた加速試験の進め方 オンライン
2020/11/5 利益を産みだす「開発時の安全係数と量産展開時の規格値」の論理的決定方法 オンライン
2020/11/11 分析法バリデーションにおける分析能パラメータ評価とその統計手法 オンライン
2020/11/17 実務のための統計学入門 オンライン
2020/11/18 熱伝導率の基礎と測定方法・測定事例 オンライン
2020/11/19 バイオリアクターの操作設計の基礎知識とスケールアップのポイント オンライン
2020/11/19 熱対策技術 冷却の基礎とパワエレ製品事例 オンライン
2020/11/19 触媒プロセス開発 オンライン
2020/11/19 熱伝導性フィラー & 高熱伝導材料の基礎と開発 オンライン
2020/11/20 SPC管理の基礎講座 オンライン
2020/11/20 統計処理の進め方とデータ解析の手法、実践的活用 オンライン
2020/11/27 QbD (Quality by Design) のための実験計画法入門 東京都 会場・オンライン
2020/11/30 押さえておくべき多変量解析の基本概念と実例による演習 (実務で使用するツール) オンライン
2020/11/30 実務のための実験計画法入門 (基礎編) オンライン
2020/12/3 自動車熱マネジメントにおける最新動向と対策 オンライン
2020/12/4 Excelによる実験計画法の基礎と直交計画法、標本サイズの決め方 オンライン
2020/12/7 効率よく実験を進めるための実験計画と必要サンプルサイズの考え方と結果の正しい解釈 東京都 会場・オンライン
2020/12/8 光学多層膜の特性解析と最適設計 オンライン
2020/12/8 ノンパラと多変量解析入門 オンライン
2020/12/9 目からウロコの 熱伝導性組成物 設計指南 東京都 会場・オンライン