技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

生分解性プラスチックの基礎と技術・市場動向

Zoomを使ったライブ配信セミナー

生分解性プラスチックの基礎と技術・市場動向

~コロナウイルス禍と海洋プラスチック汚染問題で変わる生分解プラスチックビジネス / 生分解プラスチックで新規事業を立ち上げる際に押さえておきたいポイントを解説~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、ポリ乳酸を中心とした生分解性プラスチックの新規事業創出の最前線を解説いたします。

開催日

  • 2020年9月24日(木) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • バイオプラスチック・ポリ乳酸に関連する技術者
    • 自動車分野
    • 電気・電子分野
    • スポーツ分野 など
  • バイオプラスチック・ポリ乳酸に関連する分野のマーケティング担当者、事業企画担当者、経営者

修得知識

  • 海洋プラスチック汚染の実態と地球環境保全・資源循環型社会に向けての法規制動向
  • 生分解性プラの分類、基本特性と高性能・高機能化材料設計・成形加工技術
  • 生分解性プラの食器・食品容器・包装・濾材の製品設計と市場開発動向

プログラム

 コロナ禍や海洋プラスチック汚染問題が深刻化する中で、生分解性プラスチックの存在感が日増しに向上しつつある。しかるに、学術・技術・メディアの世界においては、確たる知見も実績も有しない「エセ知識人」による幾多の虚偽やミスリードが蔓延している。
 さて、旧来の既成概念や価値観を根底から覆す真のイノベーションは顧客の目先のニーズから生まれるのではなく、供給者自らがイニシアティブを握り顧客にはないニーズを創発することである。今や、量で勝負する高度成長期のトップダウン型消耗戦の時代は終了し、消費者の多様な潜在的ニーズをいち早く探り当てる機動戦の時代へと突入しつつある。
 折しも、日本の古都京都の中小企業から約10年の雌伏期間を経て、今や世界市場を席巻する画期的な新製品ポリ乳酸 (PLA) 繊維製ティバッグが誕生した。コロナ禍と海洋プラスチック汚染問題が顕在化した今日、生分解性でありながら安全・衛生性に優れた抗菌・坊カビ性を有するPLAがマスク、タオル、ワイパー、エコバッグ、レジ袋、ストロー、食品容器・包装材として世界的に脚光を浴びている。本講は旧来の既成概念や価値観の呪縛から解放され、PLAを中心とする生分解性プラスチックの新規事業創出の最前線を踏査する。

  1. イノベーション (Innovation) とは
    - イノベーションが渇望される今こそ、多くの日本人の誤解を覚醒する
    1. J.A.シュンペーターによる「新結合」の概念提唱:「経済発展の理論」 (1912)
    2. 破壊的イノベーションと持続的イノベーション
    3. シュンペーターが意図した真のイノベーション「破壊的イノベーション」とは、顧客のニーズに基づくのではなく顧客にないニーズを創発することである
    4. 経営の神様P.F.ドラッカーの「イノベーションと企業家精神」とは
    5. イノベーションを阻む見えない「ガラスの壁」をブレイク・スルーするには
    6. C.M.クリステンセンの「イノベーションのジレンマ ー 技術革新が巨大企業を滅ぼす時」
      …なぜ優良企業が、優れた経営が失敗するのか
    7. 個々の技術力に勝る日本企業が、何故事業で敗れるのか…WhyやWhatを語らないHow to病の日本
    8. 「PDCAサイクル」の進化形、機動戦を勝ち抜くためのOODAループとは
  2. 地球環境・資源・廃棄物問題と生分解性プラスチック
    1. 地球環境・資源・廃棄物問題の抜本的解決のために
      1. 海洋プラスチック汚染の実態と生分解性プラスチックの役割
        • 海洋プラ濃度の経年変化 (累積増加) 曲線
        • 海洋汚染問題に対する短期的視点と長期的 (グローバルな) 視点
        • 海洋に流入する流木・草本類、マイクロチップは太古の昔より存在した
        • マクドさんやスタバさん、紙製ストローもマイクロチップのかたまりです
        • 海洋自然生態系が許容し得る海水中の生分解速度とは…ポジティブ・コントロールはリグニン
      2. 地球上に生命が誕生して38億年、地球はなぜ廃棄物で埋もれなかったのか
      3. 自然界が有する真のリサイクルシステムである炭素循環へのリンク
    2. 生分解性プラスチックの識別表示と環境負荷低減効果
      1. グリーンプラ・マーク…日本バイオプラスチック協会 (JBPA) 識別表示制度
      2. カーボン・フットプリント…LCAによる環境負荷の客観的・定量的評価
    3. 持続的な資源循環型社会の建設のために
      1. 欧米グリーンガイド指針
        • 欧米の環境先進諸国では、ポイ捨てを助長する生分解性表示は禁止
      2. 食品残渣や食品容器・包装材の再資源化 (バイオリサイクル)
        • 欧米や北海道富良野市近隣5市町村 (10万人都市) における公的堆肥化施設
      3. プラスチックのCompostable (堆肥化可能) 認証基準
        • EN13432 by OK Compost or Din Certco, ASTM D6400 by BPI
    4. 世界の法規制と業界動向
      1. 世界の法規制動向
        • 欧州ではごみ袋やレジ袋は生分解性が主流、仏は2020年に使い捨てプラ器具の50%を生分解性に切り替える法規制を制定
      2. 業界動向…世界ラーメンサミット「大阪宣言」:ラーメン容器を生分解性に
  3. 生分解性プラスチックの分類、基本特性と高性能・高機能化技術
    1. 代表的な生分解性プラスチックの分類と基本特性
      1. 硬質タイプ…ポリ乳酸 (PLA) :Tg/Tm=57℃/175℃
      2. 軟質タイプ
      3. ポリブチレンアジペート・テレフタレート (PBAT) :Tg/Tm= – 35℃/115℃
      4. ポリブチレンサクシネート系 (PBS, PBSA) Tg/Tm= – 47~ – 35℃/84~115℃
      5. その他…微生物ポリエステル (PHBV, PHBH) 、PGA、デンプン系
    2. 生分解性プラスチックの安全・衛生性
      1. カビ抵抗性試験 (JIS Z – 2911)
      2. PLAの抗菌・防カビ性 (繊維製品新機能評価協議会・抗菌防臭加工新基準)
    3. 生分解機構
      1. 酵素分解型…surface erosion (表面から溶かされていく)
      2. 非酵素分解型 (加水分解型) …bulk degradation (全体的に壊されていく)
        • PLAが生分解性と耐久性の両面展開が可能な理由を生分解機構から理解する
    4. 様々な環境下における生分解挙動
      1. 自然環境下…土壌中、海水中
      2. バイオリサイクル工程…堆肥化 (好気性下) 又はバイオガス化 (嫌気性下)
        • 理想の分解速度は使用過程の自然環境下では遅く、再資源化工程では速いこと
    5. 基幹素材としてのポリ乳酸の高性能・高機能化材料設計技術
      1. 耐衝撃性…可塑剤又は耐衝撃性改良剤、PLA+PBAT又はPBSブレンド体
      2. 耐熱性 (透明耐熱性) …分散型核剤 (溶解型核剤) 、結晶化促進剤
      3. 耐久性 (耐湿熱性) …加水分解抑制剤
      4. 寸法安定性…結晶化促進剤
  4. 生分解性プラスチックの成形加工と新規製品・市場開拓最前線
    1. 成形加工性…物理的意味と支配因子
      1. 溶融押出過程…溶融粘度、溶融張力⇔分子量、架橋密度依存性
      2. 冷却固化過程…Tg又は結晶化速度⇔冷却速度、変形速度依存性
      3. 室温
      4. Tg<室温の場合…室温下への冷却過程で結晶化が必須 ⇒ 結晶化速度
    2. 成形加工分野
      • 繊維・不織布・モノフィラメント
      • フィルム・シート
      • 真空成形
      • 射出成形
      • 発泡成形
        • 押出発泡
        • ビーズ発泡
      • ブロー成形
    3. 目的・用途別の材料・製品設計指針…数多くの製品写真を紹介
      1. 自然環境下で短期間 (1年前後) 使用の農林・園芸資材
      2. 自然環境下で長期間 (3~5年) 使用の農林・園芸・土木・水産資材
      3. 使い捨て食器具、食品容器・包装材、生活雑貨・衛生資材
      4. 通常環境下で長期間 (3~5年) 使用の生活雑貨、産業資材
      5. 通常環境下で超長期間 (5~10年) 使用の耐久性構造材料
  5. 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

Zoomを使ったライブ配信対応セミナーの留意点

  • ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • 「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • 開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  • セミナー資料は印刷物を開催日までに発送予定でございます。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/9/28 人工皮革・合成皮革の入門講座 オンライン
2020/9/29 シランカップリング剤の反応メカニズム、使い方、密着性や物性の評価 オンライン
2020/9/29 一日で学ぶポリイミド入門講座 東京都 会場・オンライン
2020/9/29 複屈折の基礎と制御方法 オンライン
2020/9/30 押出成形のトラブル対策 Q&A講座 東京都 会場・オンライン
2020/10/1 次世代情報通信5G市場に要求される材料技術 オンライン
2020/10/6 プラスチック加飾技術の最新の動向と今後の展望 オンライン
2020/10/12 高分子合成における重合反応とリビング重合の基礎から機能性高分子材料の最先端 オンライン
2020/10/13 高分子結晶化入門講座 オンライン
2020/10/14 高分子多孔質材料の構造設計とその応用 東京都 会場
2020/10/15 UV硬化型樹脂の基礎と硬化過程の測定法及び評価・解析手法 オンライン
2020/10/15 プラスチックの材料特性と設計実務ノウハウ オンライン
2020/10/16 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術 千葉県 会場
2020/10/16 ポリウレタンの材料設計と分子構造・物性の制御 オンライン
2020/10/16 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ オンライン
2020/10/16 ゴム・プラスチック材料の破損、破壊原因とその解析法 東京都 会場
2020/10/16 高分子材料の難燃化・不燃化技術と評価手法 東京都 会場・オンライン
2020/10/16 低分子ゲルの基礎と活用法、最新動向 オンライン
2020/10/19 高剪断成形加工法の基礎と新規材料創出への応用 オンライン
2020/10/19 エポキシ樹脂の化学構造と硬化剤および副資材の使い方 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/8/28 高分子の劣化・変色メカニズムとその対策および評価方法
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)