技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

リチウムイオン電池の高性能化・安全性の向上と次世代電池材料の開発動向

Zoomを使ったライブ配信セミナー

リチウムイオン電池の高性能化・安全性の向上と次世代電池材料の開発動向

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、リチウムイオン電池の用途と要求課題、電池の性能と安全性を向上させるための材料技術と組み合わせ、次世代リチウムイオン電池の開発動向について詳解いたします。

開催日

  • 2020年9月10日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • リチウムイオン電池の研究開発の従事者や管理者
  • 次世代のリチウムイオン電池に関心のある方

修得知識

  • リチウムイオン電池の用途と要求課題
  • 電池の性能と安全性を向上させるための材料技術と組み合わせ
  • 次世代リチウムイオン電池の開発動向

プログラム

 電池性能と安全性の飛躍的な向上を図るため、様々な活物質、バインダ、集電体、セパレータ、電解液などの研究開発が進展している。最近では、これらに適した材料の組み合わせと製造技術までが提案されている。本講座では、多様な電極材料と新製造技術などを取り上げつつ、次世代二次電池の高性能化と安全性について紹介する。

  1. リチウムイオン電池の高性能化と安全性
  2. 電極製造技術と電池の組み立て
  3. シリコン系負極の開発
  4. ニッケル系正極の開発
  5. 耐熱性セパレータの開発
  6. 次世代蓄電池開発への提言
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

関連する出版物

発行年月
2020/4/17 2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/11/29 リチウムイオン電池の分析、解析と評価技術 事例集
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2019/5/24 2019年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/3/22 2020年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2019/3/22 2019年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2019/2/22 2019年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望