技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

コロナウィルス後の中国医療施設の現状と医薬品・ワクチン開発の規制動向

コロナウィルス後の中国医療施設の現状と医薬品・ワクチン開発の規制動向

~日本在住の講師が、中国現地のパイプを使って得た生情報 / 現在の中国の現状、今後の見通し、規制当局の変化動向が分かる~
東京都 開催 会場 開催
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

開催日

  • 2020年8月13日(木) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 新しく始まった「優先審査制度」とその監督管理の実際の運用状況
  • 中国への医薬品申請時に求められる臨床試験の現場的な要件
  • 医薬分離や薬価引き下げなどの、医療保険政策に関する最新情報

プログラム

 2019年末から起こった、新型コロナウイルス感染症の大流行は、世界中で感染者数を拡大させ医療体制に深刻な危機的状況をもたらした。各々の国では感染地域の封鎖、外出禁止、移動制限などの措置を強化した。中国においては医療施設は国内感染症拡大期間中に受診制限をし一般診療は抑制され、ひとまず終息に向かいつつある。現在では診療は再開され、医薬需要は徐々に拡大、医薬品業界は再び成長していくことが予測できる。
 又、中国政府は応急、特別審査制度を起動し、医薬品、ワクチン、感染症関連の医療機器などの承認を短縮させ、医薬品業界の発展を促進する。一方、医薬品登録管理方法、医薬品製造管理方法などの法規制も集中的に発布され、医薬品への監督管理も強化した。
 今回のセミナーは、中国医療全体へのコロナウイルス感染症の影響、感染症一旦終息後の医療現場の状況、医薬品などの承認申請の変化と現状について紹介する。

  1. コロナウイルス感染症発生時の中国医療施設の現状
  2. 感染症終息後の医療施設の変化
  3. コロナウイルス感染症の予防治療に関する政策
  4. 最新の医薬品規制
  5. 医薬品登録管理方法の改正
  6. 薬物臨床試験品質管理規範の改正
  7. 模倣薬一致性評価の概要
  8. 医薬品監督管理方法の改正
  9. 感染症終息後の医療保険状況
  10. 感染症後の医薬品市場の動向
    • 質疑応答

講師

  • 張 勃
    新橋科学 株式会社
    代表取締役社長

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 58,000円 (税別) / 63,800円 (税込)
複数名
: 53,000円 (税別) / 58,300円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 53,000円(税別) / 58,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 58,000円(税別) / 63,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 106,000円(税別) / 116,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 159,000円(税別) / 174,900円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/8/18 AIを利用した医療機器開発における医療用プログラムの薬事規制 オンライン
2020/8/18 AIを利用した医療機器の国内外の現状および事業化のポイント オンライン
2020/8/19 医療機器の放射線滅菌の安定性試験・包装バリデーションと実務と課題解決 オンライン
2020/8/20 医療機器バリデーションで必要となる統計的手法とサンプル数の決定 東京都
2020/8/24 IEC62304 医療機器ソフトウェアの規制理解と要求仕様書・アーキテクチャ設計書作成演習 (2日間) 東京都
2020/8/26 中国における個別安全性情報規制と医薬品安全性監視業務に関する事例共有 オンライン
2020/8/27 欧州に学ぶライフサイエンスの個人情報保護とサイバーセキュリティ 東京都
2020/9/4 非接触生体センシングと心拍、呼吸の計測技術 オンライン
2020/9/7 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の研究開発と今後の展望 オンライン
2020/9/8 医療機器の市場ニーズ調査・マーケティング手法がわかる一日演習セミナー 東京都
2020/9/9 生体情報計測による感情の可視化と活用事例 東京都
2020/9/11 医薬品・医療機器・再生医療医療等製品におけるエンドトキシン試験とバリデーションの留意点 東京都
2020/9/14 ISO13485における医療機器プロセスバリデーションおよび洗浄バリデーションの進め方とプロセスパラメータ設定検討の方法・実験計画法 東京都
2020/9/14 医療機器における薬事規制対応 東京都
2020/9/17 アジアにおける食品添加物・アレルゲン表示等の法規制動向と手続きの実際 東京都
2020/9/17 医療機器の市場ニーズ調査・マーケティング手法のポイント オンライン
2020/9/24 中国市場の最新動向とDMF登録、申請の流れ オンライン
2020/9/24 深紫外光による菌・ウイルスの不活化技術 オンライン
2020/9/28 中国・インド・ASEAN主要国の薬事制度と市場を絡めた進出のポイント オンライン
2020/9/28 新しい医療時代に見据えた体外診断用医薬品/機器の開発・薬事の基礎講座 オンライン

関連する出版物

発行年月
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/25 CT(コンピュータ断層撮影装置) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/1/25 CT(コンピュータ断層撮影装置) 技術開発実態分析調査報告書