技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

CASEで伸びる自動車材料市場

Zoomを使ったライブ配信セミナー

CASEで伸びる自動車材料市場

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、 CASE を支える情報通信分野の材料技術について事例を交えて詳解いたします。

開催日

  • 2020年7月9日(木) 10時30分 16時30分

プログラム

 産業界のイノベーションは材料分野の新たなイノベーションを刺激する。20世紀末に起きたセラミックスフィーバーは、発電用ガスタービンの熱効率を改善する開発が推進され、脆いセラミックスからエンジニアリングセラミックスが生み出された。そして、我が国の基幹産業である自動車分野にまでその技術は浸透していった。
 最近の自動車産業では、CASEにより市場の大きなイノベーションが起きている。その引き金となっているのはアルビントフラーの予言した高度情報化社会であり、今日みられるインターネットの普及である。この情報技術について5Gが注目され、その仕様がCASEのイノベーションを加速する。基幹産業である自動車産業で起き始めたイノベーションにより、新たな材料市場が生み出される可能性が高まるとともに20世紀に予見された負の誘電率に関する特許出願が増え始めている。本講演では、CASEについて解説するとともに無機材料から有機材料まで俯瞰し、自動車市場で今後成長する高分子材料に焦点を当ててその技術開発の方向を示す。また、高分子材料の電気特性をプロセシングにより劇的に改善した事例や、高分子材料の誘電率制御技術、高分子材料で実現した負の誘電率についても解説する。
 無機材料から有機材料まで研究開発した経験を活かし、CASEを支える情報通信分野の材料技術の傾向を事例に、材料技術の「知の体系」についても触れて、材料技術者以外の方にも参考になるセミナーを目指す。

  1. CASEがもたらす自動車市場のイノベーション
    1. CASEとは
      • Connected
      • Autonomous / Automated
      • Shared
      • Electric
    2. CASEと5G
    3. CASEが生み出す新たな材料市場
    4. 自動車市場における高分子材料の需要予測
  2. 材料技術のイノベーション
    1. 20世紀に完成した素材技術
    2. セラミックスフィーバーからナノテクノロジー
    3. マテリアルズインフォマティクス
    4. プロセシングで材料を創り込む時代
    5. 負の誘電率
  3. 高分子材料のプロセシング
    1. プロセシング技術概論
    2. フィルム材料のプロセシング
    3. ゴム材料のプロセシング
    4. シリコーンLIMS
    5. 射出成形・押出成形技術
    6. コンパウンディング技術
    7. カオス混合
  4. 高分子材料の電気特性制御
    1. 誘電体現象論と負の誘電率
    2. 高分子の電気特性とパーコレーション
    3. パーコレーション転移の制御
    4. 事例
  5. まとめ

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

案内割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。

  • Eメール案内を希望する方 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/7/13 ゴム・プラスチック材料のトラブル解決 (2日間) 東京都
2020/7/13 高分子材料の劣化・不具合分析および寿命評価と対策事例 東京都
2020/7/15 プラスチック強度設計の基礎知識 オンライン
2020/7/15 高分子材料におけるトライボロジーの基礎と制御技術 オンライン
2020/7/16 自動車の電動化に向けた、SiCパワーデバイス・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 オンライン
2020/7/17 発泡樹脂の材料配合と成形・気泡コントロール、その応用 東京都
2020/7/17 医用材料の要求特性と合成法および応用展開・最新動向 オンライン
2020/7/17 次世代自動車における熱マネジメント技術 オンライン
2020/7/17 廃プラスチック問題の現状と解決のための最新技術 東京都
2020/7/17 金属部品代替を担うための複合強化樹脂の選定・設計・成形法および品質保証のポイント オンライン
2020/7/20 粘着・剥離の現象解明と可視化・モデリング オンライン
2020/7/21 自動運転・運転支援における環境認識技術 東京都
2020/7/27 自動車の自動運転におけるLiDARを用いた移動物体認識技術とその応用 オンライン
2020/7/27 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と開発動向 大阪府
2020/7/28 プラスチック成形品における成形不良・外観不良の発生機構と不良発生の未然防止 東京都
2020/7/28 プラスチック射出成形過程の可視化とソリ変形予測技術 オンライン
2020/7/28 高分子架橋反応メカニズムと架橋密度測定 オンライン
2020/7/28 自動車用接着剤の要求特性と設計・評価技術 オンライン
2020/7/28 レーザーディスプレイ・照明技術動向と自動車分野への応用展開 オンライン
2020/7/29 カーエレクトロニクス用高分子実装材料 (封止・パッケージ材、多層配線基板、高熱伝導性接着シート材) の設計、評価と最新技術動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望