技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

Data Integrity査察への対応

Data Integrity査察への対応

~データインテグリティー問題の防止、検出、報告は従業員の義務~
東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2020年3月13日(金) 10時00分 17時00分

修得知識

  • データインテグリティー問題の本質
    (何故、規制当局が重要視するのか?)
  • データインテグリティー問題の背景原因
    (何故、DI問題が日常的活動で発覚しないのか?)
  • データインテグリティーに関する査察当局の対応
    (どのような措置が違反企業に対して出されるのか? また改善措置に関する要求の内容は?)
  • データインテグリティー違反の事例
  • FDAから見たデータインテグリティーの査察ポイントとアプローチ
  • 企業におけるデータインテグリティー問題への取組み事例
  • データインテグリティー問題への対応
    (外部コンサルタントに要求される資質とは?)
  • データインテグリティー問題の予防と改善
    (何を継続的に実施すべきなのか?)

プログラム

 データインテグリティー (DI) 違反は相変わらずFDAやEMAのGMP査察において上位にランクされる問題であり、日本企業に対するWarning letter (WL) も発出されています。当初はコンピュータシステムのバリデーション (CSV) の不備が数多く指摘されていましたが、最近はCSVよりも製造管理や品質管理分野に於けるDI不備に関するWLが目立っています。
 即ちコンピュータの専門家を使ってCSVは対応済だからDIに関する問題は存在しないと考える企業にもFDAから容赦なくWLが出される事が十分予想されるのです。何故ならば、データの取扱や解釈は薬事行政の根幹である企業への信頼性に関わる重要な問題であるからです。従ってDI違反と判断された企業の多くは製品回収や承認撤回などの結末となっています。データの長期間での完全で適切な保管について企業の品質システムとして保証することで臨床試験や製造販売承認の適切性が担保できるのです。
 このように欧米の査察当局は企業の品質マネジメントシステムの有効性を重要視しており自助努力としてDI問題の認識と改善への取り組み状況も検証するので例えPMDAの査察にてDI不備を指摘されなかったとしてもFDA等の査察でも問題がないとは限りません。
 長年Genentech/Rocheにて欧米当局の査察対応や関係企業に対する監査による監視・監督を主導してきた講師がFDAの承認前査察を控えた米国内外企業に対して指導するDI問題への対応に関する教育プログラムを本セミナーにて特別に日本企業に対して紹介して頂ける事となりました。
 FDAが実施するDI問題に関するチェックポイントやアプローチに関する知識が得られるとともに、FDA査察を受けることとなった場合重大な指摘を受けないための事前の準備はどうすればよいのか?
 また将来的な観点で改善についてどのような取り組みが必要なのか?に関する具体的なhow toが学べる貴重な機会です。日本語による逐次解説がありますので言語の障壁も心配ありません。GMP分野のみならずGLPやGCPなど研究や臨床の領域に従事している方々にも業務遂行に大変参考になる教育セミナーです。

  1. バックグランド
    • データインテグリティーとは何か?
    • データインテグリティーは全く新しい概念の問題ではない
    • 何時どのようにしてデータインテグリティーの問題が起こるのか?
    • 何故データインテグリティーは重要なのか?
    • データインテグリティーの理解と期待 (マインドセット)
  2. データインテグリティー問題に共通する原因
    • 製造や試験の操作/プロセスに対する管理や監督の不適切さ
    • ビジネス上や業務遂行上のプレッシャー
    • 企業カルチャー上のプレッシャー
    • プロセスや技術の不備
    • 教育訓練の不徹底
    • Good Documentation Practiceの欠如
    • コンプライアンス遵守や品質保証に対するマインドセットの欠如
    • コンピュータシステムに対するGMP要求対応の不備
  3. データインテグリティー違反に対する規制当局の視線と結末
  4. データインテグリティー問題の防止、検出、報告に関する従業員の義務
  5. FDAの査察戦略
    • 申請書との適合性
    • データインテグリティー問題
    • リスクの検証
      • 従業員
      • データレビュー
      • プロセス
      • 外注化
    • リスクの検証
      • データ
      • 記録
      • 管理状況
      • システム
  6. 内部監査の実施戦略
    • データインテグリティー問題の防止、検出、報告の適切性
  7. データインテグリティー問題の具体例
  8. 事例研究
  9. データインテグリティーのリスク低減活動
    • プロセスの修正
    • システムの修正
    • 行動管理の採用
    • 管理プロセスの決定
    • 管理技術の決定
  10. データインテグリティー問題の予防・是正の次段階
    • 自身によるデータインテグリティーリスクのレビュー
    • 第三者監査による最低限の遵守状況の確認 (予防措置)
    • 是正計画の策定と実行 (グローバルレベル)
    • データインテグリティー問題の防止と検出のための従業員教育
  11. まとめ
    • 質疑応答・名刺交換

講師

会場

ビジョンセンター浜松町

6F Eルーム

東京都 港区 浜松町2-8-14 浜松町TSビル 4階,5階,6階 (受付6階)
ビジョンセンター浜松町の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 26,500円 (税別) / 29,150円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 26,500円(税別) / 29,150円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,350円(税別) / 55,380円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 53,000円(税別) / 58,300円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 79,500円(税別) / 87,450円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/8/17 診断薬・バイオマーカー開発のためのこれからの新市場開拓とビジネス事業化のポイント オンライン
2020/8/17 PMDAによる書面調査とGCP適合性調査及び査察指摘事項 オンライン
2020/8/18 データインテグリティ指摘をふまえたスプレッドシートの効率的CSVと管理 オンライン
2020/8/18 製薬用水の設備設計と維持管理上のポイント オンライン
2020/8/19 原薬製造のためのプロセスバリデーション (PV) 実施のポイント オンライン
2020/8/19 アンメットニーズの掘り起こしと分析、および事業性評価への活用 オンライン
2020/8/19 再生医療に向けた足場材料研究開発の最前線 オンライン
2020/8/20 医薬品マーケティングプランの作成手法 オンライン
2020/8/20 臨床試験における統計解析入門 オンライン
2020/8/21 GMP査察での失敗しがちな英語対応と効果的な説明ノウハウ オンライン
2020/8/21 CSV (コンピュータ化システムバリデーション) とデータインテグリィの実務理解 オンライン
2020/8/21 ICH-GCP及びグローバル開発を踏まえた品質マネジメントシステム (QMS) 構築 オンライン
2020/8/21 GMP医薬品工場建設 (計画・設計・施工) およびバリデーションのポイント オンライン
2020/8/24 医薬品製造担当者に伝えたい洗浄バリデーションの基礎 オンライン
2020/8/24 基礎から学ぶ国際共同臨床試験で求められる記録と必須文書 オンライン
2020/8/24 体外診断用医薬品の保険申請戦略と申請書の書き方 東京都
2020/8/24 炎症性腸疾患の現状、アンメットニーズを踏まえた新規治療薬開発戦略 オンライン
2020/8/25 GDPガイドラインの理解と運用時におけるデータインテグリティ確保の重要性 東京都
2020/8/25 機械学習を活用した創薬研究のテーマ創出 オンライン
2020/8/25 改正GCPガイダンスが求めるQMSを意識した臨床試験の運用 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2020/2/27 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/30 高薬理活性医薬品封じ込めQ&A集 Part2
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/27 3極対応リスクマネジメントプラン策定とEU-GVPが求める記載事項/国内との相違点