技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子難燃化・不燃化の基礎と難燃性評価およびその規制動向

高分子難燃化・不燃化の基礎と難燃性評価およびその規制動向

大阪府 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、高分子難燃化・不燃化について基礎から解説し、難燃性評価と最新の規制状況を紹介いたします。

開催日

  • 2020年3月2日(月) 12時30分 16時30分

受講対象者

  • 難燃性が求められる製品の技術者、品質担当者、管理者
    • 電気電子機器
    • OA機器
    • リチウムイオン電池
    • 電線
    • ケーブル
    • 車両・自動車・船舶
    • 建築材料
    • 繊維
    • フィルム
    • 部品製造
    • 素材開発
    • 透明性樹脂
    • 生分解性ポリマー
    • 無機難燃剤配合エコ材料
    • リチウムイオン電池 電解質など
  • 難燃剤・難燃材料に関連する技術者、品質担当者
  • 高分子難燃材料の成形加工時の課題を抱えている担当者

修得知識

  • 難燃材料・難燃剤の基礎
  • 難燃性の定量的評価
  • 難燃性の規制
  • 難燃樹脂材料の開発動向

プログラム

 初級から中級者向けの内容です。トピックスとして、臭素系難燃剤/助剤の規制動向を取り上げます。
 高分子材料の難燃化について、 (1) 難燃剤毎の難燃機構、 (2) 先端分野でナノを用いた難燃化の実際、 (3) 不燃化機構 (木材、燃料電池材料等) をベースに解説します。
 評価とその規制では、 (1) 難燃材料の評価方法 (UL改正最新動向及び用途での評価方法、車載材料、繊維、電気・電子材料等) 、 (2) 難燃性の定量化 (UL難燃性の定量化について) 、 (3) 規制 (RoHS~Epeatまで、アンチモン、フッ素) 、 (4) 難燃材料の開発動向について、分かり易く、ビデオ映像も交えて解説いたします。

  1. 高分子難燃及び不燃化の基礎
    1. はじめに
      1. 難燃材料とは
      2. 難燃機構と技術概要
    2. 臭素系難燃剤難燃機構の考察
      1. 熱分解とそのタイミング
      2. 分解物とその作用
      3. ラジカルトラップとチャー形成における考察
    3. リン系難燃剤難燃機構の考察
      1. ベース樹脂の性質
      2. リン系難燃剤の分解とその難燃性
      3. リン系難燃剤の注意点
    4. ナノ系難燃剤難燃機構の考察
      1. ナノ系難燃剤の概念
      2. その実例と難燃性
    5. 不燃化の考察
      1. 難燃樹脂の不燃性
      2. 液体不燃化に関する考察
  2. 難燃性の評価とその規制
    1. 樹脂材料の難燃試験
      1. UL-94 (5V改正状況)
      2. 限界酸素指数
      3. コーンカロリメータ
      4. 新UL試験の実施例
      5. その他の試験方法
        • 発煙量
        • 電線ケーブル試験
        • 車両試験 等
    2. 難燃性の定量化
    3. 難燃樹脂の法的規制動向
      1. RoHs
      2. WEEE
      3. Rearch
      4. EPEAT
      5. 特化物指定の三酸化アンチモン動向
      6. その他の規制
    4. 難燃樹脂材料の動向
      1. ハロゲン難燃樹脂の課題と開発動向
      2. ノンハロゲン難燃樹脂の課題と開発動向
        1. リン系難燃剤の開発動向
        2. リン系難燃剤以外の難燃樹脂の課題と開発動向
      3. バイオマス材料の難燃化
      4. 電池材料の難燃化
    5. 難燃剤のみらい
    6. 特許動向
    • 質疑応答

会場

大阪産業創造館

5F 研修室E

大阪府 大阪市 中央区本町1丁目4-5
大阪産業創造館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/25 時間-温度換算則を活用した高分子材料の強度・変形予測、諸特性の加速試験方法 オンライン
2022/5/25 フィルム延伸時の分子配向と結晶化のメカニズムと制御方法 オンライン
2022/5/26 廃プラスチックの最新リサイクル技術の動向 オンライン
2022/5/27 摩擦振動 (スティックスリップ) の基礎、発生メカニズムと摩擦振動・異音の対策技術 オンライン
2022/5/27 ポリマーの接着性を改良する架橋技術 オンライン
2022/5/30 セルロースナノファイバーの技術動向と複合化・成形、使用への考え方・活かし方 オンライン
2022/5/30 熱分解分析法 オンライン
2022/5/30 樹脂成型の知識 オンライン
2022/5/30 高分子材料の結晶・非晶構造と物性、構造制御、高性能化の分子設計及び高分子加工プロセスへの展開 オンライン
2022/5/30 高分子合成におけるラジカル重合の基礎講座 オンライン
2022/5/30 ポリビニルアルコール (PVA) の構造・物性および高機能化 オンライン
2022/5/31 1日速習:プラスチックの基礎 オンライン
2022/5/31 高感度化フォトレジスト材料の設計術 オンライン
2022/5/31 高分子複合材料のレオロジーの基礎と応用 オンライン
2022/5/31 二酸化炭素・二硫化炭素をもちいる高分子材料の合成 オンライン
2022/5/31 ポリマーブラシの基礎と応用に関する技術 オンライン
2022/5/31 医用高分子材料の基礎と応用 オンライン
2022/6/1 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速条件の設定手法 オンライン
2022/6/8 プラスチックの力学特性と評価方法および複合化による改善手法 オンライン
2022/6/8 生分解性プラスチックと海洋での生分解挙動 オンライン