技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

製造業における「未来予測・マーケティング」の手法と各社の活動事例

成長を続けている企業から学ぶ

製造業における「未来予測・マーケティング」の手法と各社の活動事例

東京都 開催 会場 開催

概要

「10年後、20年後が見えない」そんな激動の時代にどう将来を予測するのか。
本セミナーでは、BtoBビジネスとBtoCビジネス、それぞれのマーケティング力が優れているメーカーとしてオムロン、ライオン、キユーピー、インテルの活動事例を紹介いたします。

開催日

  • 2020年2月26日(水) 10時00分 16時30分

プログラム

第1部「不確実な時代に、未来を考える」

(10:00~11:00)

  1. VUCA時代の変化
  2. フォーキャスト/バックキャスト
  3. ディシジョンメイキング/オプションメイキング
  4. シナリオプランニングの使い道
  5. フォーサイト (未来洞察) 活動の広がり
  6. 非連続な「未来の兆し」の見つけ方
  7. 誰が未来を考えるのか?
    • 質疑応答・名刺交換

第2部「近未来をデザインする仕組みと人材」

(11:15~12:15)

  1. 事業の軸をデザインする
    • 事業の賞味期限
    • 事業の軸
    • オムロンにおける事業の軸の実例
  2. 近未来をデザインする仕組み
    • バックキャストとフォーキャスト
    • 近未来の軸
    • オムロンにおける近未来デザインの実例
  3. 近未来をデザインする人材とマネージメント
    • 起承転結人材
    • バイモーダルマネージメント
    • 質疑応答・名刺交換

第3部「未来予測・マーケティング」

~データ・マーケティング時代における生活者変化の兆しを読む~

(13:00~14:00)

 新製品開発では、アイデア創出からコンセプト開発だけではなく、実際に顧客に商品を手に取ってもらう演出企画~消費・使用場面の提案まで考慮したマーケティングが必要になってきている。マーケティングマネジメント上では、顧客の頭と心の中にブランドを浸み込ませるシナリオをデザインし、顧客との絆作りのための一連のプロセス管理が重要なミッションとなっている。その難易度を高めている原因は、今後の消費を担うミレニアム世代やネオデジタルネイティブといった世代が所有よりも使用欲求を重視し、疑似消費やながら購買など、その複層的な意思決定プロセスの兆しを明示的に把握する。その意思決定場面において、いかに振り向いてもらえるか、態度変容させられるかを網羅的、構造的に理解できるように解説する。

  1. 新製品開発におけるマーケティングの重要性
  2. BtoCビジネスにおけるポイント
    1. ブランド
    2. デザイン
    3. 意思決定プロセス
  3. 生活者変化の兆しと潮流
  4. 未来予測・マーケティング活動の事例
    1. 私の考える未来予測・マーケティング
    2. ライオンでの取り組み
  5. まとめ
    • 質疑応答・名刺交換

第4部「未来技術を社会実装するために本当に必要なこと」

~キユーピーにおけるAIによるイノベーション~

(14:15~15:15)

  1. 日立でのイノベーションの学び
  2. 新戦略 – トワイライトオーシャン戦略
  3. キユーピーにおけるAIによるイノベーション
    1. 使う側にとってのAIとは
    2. キユーピーでのAI活用の考えと活用
    3. AI原料検査装置の開発と真の目的
  4. 未来技術、AI活用で一番重要なことと協調領域における共有化

第5部「ICTの発達による未来予測とマーケティングの変貌」

~デジタルトランスフォーメーション (DX) の本質~

(15:30~16:30)

  1. NEC、ソフトバンク、日産、インテルと来た私のマーケティング遍歴
  2. ICTの発達原則
  3. デジタル産業の競争原理 (ハードウエア編)
  4. デジタル産業の競争原理 (ソフトウエア編)
  5. ICTの発達による産業構造の変化
  6. DX時代におけるマーケティングの変貌
    • 質疑応答・名刺交換

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 第2研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 54,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 40,000円 (税別) / 44,000円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 40,000円(税別) / 44,000円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 80,000円(税別) / 88,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 120,000円(税別) / 132,000円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 54,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 108,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 162,000円(税別) / 178,200円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/9/28 長期的視点で高収益を実現するための「市場・製品・技術ロードマップ作成」 オンライン
2020/9/29 アンメットメディカルニーズの評価と医薬品の開発戦略 オンライン
2020/10/8 研究開発・技術部門が行うシナリオプランニングを活用した「勝てる」ロードマップの策定・実行の具体的な手法 東京都 会場・オンライン
2020/10/15 新規サービス・商品開発のためのマーケティング実践 オンライン
2020/10/22 未来予測の思考法 オンライン
2020/10/22 医療機器開発のための事業化戦略とプロジェクトマネージメント オンライン
2020/10/23 効率的な特許調査の仕方 オンライン
2020/10/23 体外診断薬の海外市場を踏まえたマーケティング戦略 オンライン
2020/10/23 これからはじめる競合他社・異業種ベンチマーキングの基本、考え方とすすめ方 オンライン
2020/10/27 費用対効果評価 (日本版HTA) の基礎と実践 (2日間) オンライン
2020/10/27 費用対効果評価 (日本版HTA) の基礎 オンライン
2020/10/28 化粧品・医薬部外品広告法務の実務者が押さえておくべき最新の法規制動向と広告表現の重要ポイント 東京都 会場
2020/10/28 費用対効果評価 (日本版HTA) の実践 オンライン
2020/10/29 成功する市場・製品・技術ロードマップ作成のプロセス、活動とそのポイント オンライン
2020/10/29 アジア医療制度・市場構造を踏まえた成功する価格戦略ノウハウ 東京都 会場
2020/10/30 イノベーションリサーチから発想する事業構想 オンライン
2020/11/16 競合・市場調査とマーケティング活動 オンライン
2020/11/16 新規事業開発のための戦略策定とスタートアップ連携 オンライン
2020/11/17 研究開発のためのマーケティングの考え方と具体的方法 オンライン
2020/11/24 意思決定の脳科学 オンライン