技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ALD (原子層堆積法) ALEt (原子層エッチング) の基礎・応用・最新動向

ALD (原子層堆積法) ALEt (原子層エッチング) の基礎・応用・最新動向

~ALD/ALEtの原理、理想特性と現実とのギャップ、高品質化・最適化のコツを学ぶ~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーは、 ALD , CVD の基礎から解説し、CVD/ALDプロセスの開発・解析能力を養うことを目標とします。

開催日

  • 2019年11月26日(火) 10時00分 16時30分

受講対象者

  • CVD/ALDに関連する技術者
    • 高誘電膜
    • 機能性膜
    • 電極
    • バリアメタル
    • 絶縁膜
    • 化合物半導体
    • リチウム電池 など

修得知識

  • CVD/ALD法の基礎
  • CVD/ALD薄膜形成プロセスの開発
  • CVD/ALD薄膜形成プロセスの解析能力

プログラム

 Atomic Layer Deposition (ALD、原子層堆積法) による薄膜合成は、ナノメートルレベルでの膜厚制御性、膜厚均一性などからULSI MOSトランジスタ用高誘電率ゲート酸化膜、および、メモリキャパシタ用高誘電率絶縁膜形成などに応用展開されているほか、近年では有機ELなどのガスバリヤコーティング、繊維表面への撥水加工など、幅広い応用展開の見込める技術です。また、ALDと同じようにガスを交互供給することによりエッチングを行うALEt (Atomic Layer Etching) は、原子レベルでの平滑なエッチングが可能で、高い選択性も有することから、次世代デバイス作製に必須の技術と目されています。しかし、そのプロセスは原料供給、パージ、反応性ガス供給、パージなどからなり、各段階での条件設定は、これまでの類似手法であるChemical Vapor Deposition (CVD、気相薄膜形成法) と比較してかなり複雑であり、速度論の基礎的知識なしには容易に最適化を達成できません。
 このため、本講座では、まずALDの基礎知識として、CVDの速度論から説明を行い、CVD/ALDプロセスの開発・解析能力を養うことを目標とします。また、ALDプロセスの理想と現実について、原理およびメカニズムから詳しく解説を行い、新たにALD/ALEtプロセス開発・製品応用に関わる方の一助となるよう配慮した講義を行います。

  1. 第1部 薄膜作製の基礎
    1. 薄膜作製プロセス概論
      1. 薄膜の種類と用途
      2. 代表的な半導体デバイスにおける薄膜の用途と作製方法
      3. ウェットプロセスとドライプロセス
      4. PVDとCVDの比較、長所と短所
    2. 真空の基礎知識と薄膜形成の基礎
      1. 真空度とは
      2. 平均自由行程とクヌッセン数
      3. 真空の質と真空ポンプ
      4. 真空蒸着の基礎
      5. スパッタリング
    3. CVD/ALDプロセス概論
      1. CVDプロセスの原理と特徴
      2. CVDの応用例
      3. ALDプロセスの原理と歴史的展開
      4. ALDプロセスの特徴と応用、発展
      5. ALEtプロセスの原理と特徴
  2. 第2部 ALD/CVDプロセスの反応機構と速度論
    1. ALDの基礎としてのCVDプロセス入門
      1. CVDプロセスの素過程
      2. CVDプロセスの速度論
        1. 製膜速度の温度依存性 – 表面反応律速と拡散律速
        2. 製膜速度の濃度依存性 – 1次反応とラングミュア・ヒンシェルウッド型反応
      3. CVDプロセスの均一性と量産性
    2. 表面・気相の反応機構解析入門
      1. 素反応機構と総括反応機構
      2. 気相反応の第一原理計算と精度
      3. 表面反応機構の量子化学的検討と実験的解析
      4. CVDプロセスの反応メカニズム解析とプロセスシミュレーション
  3. 第3部 ALDプロセスの基礎と展開
    1. ALDプロセスの基礎
      1. ALDプロセスの基礎理論と製膜特性
      2. ALDプロセスの理想と現実
        1. ALD – Window (ALD1サイクルの製膜長温度依存性)
        2. ALDプロセスの均一性と量産性
    2. ALDプロセスの応用と展開
      1. ALDプロセスの応用用途
      2. ALDプロセスの解析手法と最適化
      3. 新しいALD技術
        1. プラズマALD、ALEt、ホットワイヤーALD
        2. Spatial ALD
        3. ALD原料ガス開発
      4. ALDの国際会議、情報入手先

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/7/14 スパッタ・真空蒸着と膜質改善技術の徹底解説 オンライン
2020/7/16 粉体の基礎と微粒子コーティング・表面改質技術 オンライン
2020/7/22 フッ素樹脂コーティングの基礎 東京都
2020/7/22 ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術 オンライン
2020/7/27 ダイにおけるスジ発生メカニズムとその対策技術、解析技術 東京都
2020/7/27 塗膜の濡れ・付着・密着コントロールとトラブルへの対策 オンライン
2020/7/27 粉粒体へのコーティングと表面改質技術 オンライン
2020/7/28 溶解性パラメーター、表面張力の求め方、使い方とコーティング材料への適用例 オンライン
2020/7/29 水性塗料の配合設計術 東京都
2020/7/30 大気圧プラズマの必須基礎知識と産業応用技術 大阪府
2020/7/30 ゾル-ゲル法の基礎と機能性材料設計への応用および新展開 オンライン
2020/7/30 金属の表面処理技術と化成皮膜の評価 オンライン
2020/7/31 ALD (原子層堆積法) の基礎と高品質膜化および最新動向 オンライン
2020/8/3 水性塗料の設計技術との課題、顔料分散剤の利用技術・外観低下トラブルの原因と対策管理 オンライン
2020/8/5 反射防止材料・コーティングの作り方、塗布塗膜と応用、その評価 東京都
2020/8/6 レジストプロセスの最適化、材料の使い方ノウハウ、トラブル対策 オンライン
2020/8/19 薄膜作製の基礎とトラブル対策 オンライン
2020/8/25 シランカップリング処理をうまく使いこなすためのポイント オンライン
2020/8/25 ウェブの物性の理解とウェブの搬送および巻取りにおけるトラブルの原因と対策 オンライン
2020/8/26 ぬれ性 (はっ水/はつ油/親水性) 制御技術の基礎と応用 東京都