技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

水系電極の開発、特性評価とリチウムイオン電池での適用

水系電極の開発、特性評価とリチウムイオン電池での適用

東京都 開催

概要

本セミナーでは、リチウム過剰系正極、ニッケル系正極での適用事例を詳解いたします。
また、水系バインダーを用いるための課題と不溶化、ゲル化防止の方法について解説いたします。

開催日

  • 2019年11月18日(月) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 リチウム過剰系正極への水系バインダーの適用と長寿命化

(2019年11月18日 10:00〜12:00)

 Li過剰系正極材料の基礎と水系バインダーへの適用に関する抑えるべきポイントについて解説いたします。

  1. Li過剰系正極材料の合成条件と結晶構造の関係
    1. 焼成条件の検討
    2. クエンチ条件の検討
    3. その他
  2. Li過剰系正極材料の組成電池性能の関係
    1. 組成と電池容量、サイクル安定性の関係
    2. 組成とエネルギー密度、平均放電電位の関係
  3. 水系バインダーの問題点
  4. 水系バインダーの耐酸化性
  5. 水系バインダーに適用可能なLi過剰系正極材料の探索
  6. Li過剰系正極材料の表面コーティングによる耐水性の付与
  7. まとめ
    • 質疑応答

第2部 水系合材スラリーを使ったリチウムイオン電池の理解

(2019年11月18日 12:45〜14:45)

 電池の原理をおさらいし、電極内部や集電体表面におけるバインダーの役割を理解し、実際の電池の設計に役立てること。

  1. リチウムイオン電池の構造と電極中の電気の流れ方
    1. 電池の基本とその原理
    2. 電池から電気が取り出せるということ
    3. リチウム電池電極内部の電気の流れ
    4. 活物質、集電体、導電助材、電解液の役割
    5. 内部抵抗とサイクル特性
  2. 電極中のバインダーの役割と電池性能
    1. 材料の電気物性と極性
    2. 材料の粉体特性と合材の分散・塗布・乾燥
    3. 溶剤系バインダーと水分散系バインダー
    4. 材料混合の順序とバインダーの選択と電池性能
    5. バインダー役割と電池性能
  3. 正極集電体と合材との接触抵抗とサイクル劣化
    1. 交流インピーダンス法によるバインダーの評価
    2. 交流インピーダンス法によるスラリー乾燥過程の導電ネットワーク解析
    3. 集電体へのバインダー関与と電池性能
    4. 集電体界面の密着性と内部抵抗
    5. バインダーや分散剤が内部抵抗やサイクル劣化に及ぼす影響
    • 質疑応答

第3部 水系バインダーを用いた電極特性と次世代電極の開発

(2019年11月18日 15:00〜17:00)

 現在、正極ではPVdF系バインダ、負極ではSBR系バインダが広く用いられている。ただ、PVdF系では、耐電圧性に優れるものの、高Ni系材料と混合するとゲル化や不溶化等を起こしやすい。SBR系では、PVdF系と比べて結着性とコスト面で優位であるが、Si系材料の添加量が多いとサイクル劣化が大きいという課題がある。本講演では、各種の水系バインダと次世代電極について紹介したい。

  1. リチウムイオン電池の市場動向と構成材料、製造工程について
  2. 次世代正極材料と正極用バインダー
    1. 水系バインダーを用いたリン酸鉄リチウム正極の開発
    2. 水系バインダーを用いた高Ni系正極の開発
    3. 各種バインダーと硫黄系正極の開発
    4. セルロースナノファイバー複合バインダの開発
  3. 次世代負極材料と負極用バインダー
    1. アクリル系バインダーを用いたカーボン複合系負極の開発
    2. ポリイミド系バインダーを用いたSiO負極の開発
    3. 無機系バインダーを用いたSi負極の開発
  4. 今後の展望
    • 質疑応答

講師

  • 松本 太
    神奈川大学 工学部 物質生命化学科
    教授
  • 伊藤 智博
    大阪府立大学 大学院工学研究科
    教授
  • 向井 孝志
    ATTACCATO合同会社
    代表

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/4/21 2017年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/8/26 リチウムイオン電池の製造プロセス&コスト総合技術 2016
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/12/8 2016年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2015/8/21 2015年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望