技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

懸濁重合によるポリマー粒子合成の基礎とプロセス最適化・機能性粒子調製

懸濁重合によるポリマー粒子合成の基礎とプロセス最適化・機能性粒子調製

~反応機構・粒子径制御・スケールアップ・プロセス最適化 / 複合微粒子・ハイブリッド微粒子・マイクロカプセル調製などの応用技術まで~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、粒子合成を懸濁重合で行う際のノウハウを詳解いたします。
最適化手法から、膜乳化・マイクロチャネル・インクジェットによる特殊な調整法、マイクロカプセルやハイブリッド型・複合微粒子の調整といった応用まで、幅広く網羅的に解説いたします。

開催日

  • 2019年10月30日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 懸濁重合法による各種複合微粒子の調製に関連する方
  • 懸濁重合で課題を抱えている方

修得知識

  • 懸濁重合法に関する基礎的事項
    • 反応系
    • 反応装置
    • 分散安定剤種と安定化機構
  • 粒径制御法とスケールアップの基本的な考え方
  • 懸濁重合法による複合微粒子の調製例

プログラム

 懸濁重合法は、数ミクロンから数千ミクロンの粒径のポリマー粒子を合成する重合法で、基礎的な操作法は確立されているが、各種複合微粒子を懸濁重合法により調製しようとする試みは多くの分野で活発になされている。
 複合微粒子の応用分野により最適な操作条件は異なることになるが、反応装置・撹拌条件・粒径制御・スケールアップなどに関しては、共通した最適条件が多々ある。
 したがって、本講座では、粒径制御、撹拌槽型反応器の最適化、撹拌条件の最適化、スケールアップの考え方、分散安定剤の安定化効果等に関する基礎的事項を詳細に説明するとともに、懸濁重合法による各種複合微粒子・ハイブリッド微粒子・マイクロカプセルの調製例を紹介する。

  1. 懸濁重合法の基礎
    1. 懸濁重合反応系の分類
      1. パウダー懸濁重合の反応系
      2. ビーズ懸濁重合の反応系
      3. マス懸濁重合の反応系
    2. 懸濁重合の反応機構
      • 反応機構と反応速度式 (ビニル系モノマーを例として)
    3. 懸濁安定剤種と安定化機構
      1. 高分子安定剤種と安定化機構
      2. 界面活性剤種と安定化機構
      3. 固体粉末種と安定化機構
  2. 粒径制御の考え方
    1. 撹拌操作による液液分散系調製の場合
    2. 特殊な装置 (膜乳化・マイクロチャネル・インクジェツト) による分散系調製の場合
    3. 液滴の分散挙動に基づく制御の場合
    4. 反応装置の形状による制御の場合
    5. 粒径と操作条件との相関式
  3. スケールアップの考え方
    1. 基本的な撹拌槽型反応装置と最適化
    2. 撹拌操作による分散系調製時のスケールアップの考え方
    3. 特殊な装置 (膜乳化・マイクロチャネル等) による分散系調製時のスケールアップの考え方
  4. 複合微粒子 (マイクロカプセル・ハイブリッド型微粒子) の調製
    1. 懸濁重合法による複合微粒子 (マイクロカプセル・ハイブリッド型微粒子) 調製の考え方
    2. 逆相懸濁重合法による銀ナノ粒子被覆型ポリマー粒子の調製
    3. 懸濁重合法による相変化物質 (PCM) 含有マイクロカプセルの調製
    4. 懸濁重合法による水含有ポリマー粒子の調製と発泡体粒子調製への応用
    5. ピッカリングエマルションを利用したハイブリッド型微粒子の調製
    6. 懸濁重合法によるマイクロカプセル型トナーの調製
    7. 懸濁重合法による多孔性ポリマー粒子の調製
    8. その他
    • 質疑応答・名刺交換

講師

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第1講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 47,020円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 47,020円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/11/15 電子レンジ対応食品・包材・容器の展望と法規制 東京都
2019/11/18 生分解、バイオマスプラスチックの材料設計、将来展望 東京都
2019/11/18 プラスチック製品設計の基礎 東京都
2019/11/18 高分子の劣化・変色のメカニズムと寿命評価及びトラブル解析事例 東京都
2019/11/19 ラジカル重合活用のための基礎と分子量・立体構造の制御、最新の重合手法 東京都
2019/11/19 プラスチック射出成形の基礎とトラブル対策 東京都
2019/11/19 エポキシ樹脂の基礎、硬化剤との反応および副資材による機能化と耐熱衝撃性評価 東京都
2019/11/19 相溶性の基礎とポリマーブレンド、コンポジットへの応用 東京都
2019/11/20 3Dプリンタ用フィラメントの材料設計と寸法安定性向上 東京都
2019/11/20 ポリイミドの基礎と複合化・架橋および接着性の向上 東京都
2019/11/21 ヒートシールのくっつくメカニズムと不具合対策、品質評価 東京都
2019/11/21 ゴムの配合設計力向上と混練加工技術 東京都
2019/11/21 溶融紡糸の基礎と工業生産技術及び生産管理の実践 東京都
2019/11/21 乳化剤の効果的な使用方法と乳化剤を使用しない乳化技術の実現 東京都
2019/11/21 ポリウレタン樹脂原料の基礎と最新動向 東京都
2019/11/21 基礎から学ぶインバータサージ・部分放電のメカニズムと測定方法 東京都
2019/11/22 高分子難燃化の基本技術と最新動向 東京都
2019/11/25 CO2を原料とした有機材料製造技術の研究開発動向と展望 東京都
2019/11/26 発泡樹脂の材料設計と自動車部材への応用 東京都
2019/11/26 粒子分散液活用のための総合知識 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/30 微粒子最密充填のための粒度分布・粒子形状・表面状態制御
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/8/8 界面活性剤の選択方法と利用技術 【使用目的・対象物質別】
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書