技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

トライボロジーの基礎講座

トライボロジーの基礎講座

~東京理科大学 トライボロジーセンター 施設見学・実演付き~
東京都 開催 会場 開催 個別相談付き

概要

本セミナーでは、トライボロジーのメカニズム、性能改善や対応策、改善効果をどう評価すれば良いか?などを詳解いたします。

開催日

  • 2019年9月26日(木) 10時30分 16時30分

修得知識

  • トライボロジー研究の歴史と現在の国際的な研究開発状況
  • トライボロジーの基礎
  • 摺動材料の選定とその評価方法
  • 摺動部品の設計と品質管理
  • 摺動特性の評価方法
  • 表面改質技術の最近の動向と今後の展開
  • 故障解析のための分析・解析技術

プログラム

 トライボロジー現象は、大変複雑でつかみ所がないように思われがちです。しかし、基礎メカニズムを理解することで、どのような性能改善が可能か?また、そのためにはどのような方策があるのか?さらに、改善効果をどのように評価すれば良いのか?ということが整理できるようになります。また、潤滑関係のメンテナンスにおいても、原理を知ることによってどのような点に注意しなければならないか?ということも明らかになります。実際の応用を考え、基礎知識をわかりやすく解説します。

  1. トライボロジーの基礎
    1. トライボロジーとは
    2. 固体表面と接触
    3. 摩擦のメカニズム
    4. 摩耗のメカニズム
    5. 潤滑のメカニズム
    6. 潤滑剤
    7. トライボマテリアル
  2. 表面改質
    1. 表面改質の概論
    2. 技術動向と具体例
      1. コーティング (ダイヤモンドライクカーボン)
      2. 表面テクスチャリング
  3. トライボロジー表面の評価方法
    1. 表面性状評価
    2. 表面の機械的特性評価
      1. 硬さとヤング率
      2. 密着性
    3. 摩擦・摩耗の標準試験方法
    4. トライボ表面の機器分析
  4. 講義のまとめ
    • 質疑応答
    • トライボロジーセンター見学
    • 全体の質疑応答
    • 個別相談

施設見学内容

  • 摩擦・摩耗評価試験機
    • ブルカーUMT
    • Plint TE77, Optimol SRV4
    • 協和界面科学TSf-503高真空摩擦試験機など
  • In-situ ラマン分光その場摩擦試験装置
  • FM-AFM (島津)
  • AFM
  • ナノサーチ顕微鏡
  • ナノインデンター
  • レーザ顕微鏡 (キーエンス,オリンパス)
  • レーザ励起表面弾性波測定装置
  • QCM-D
  • 金属3Dプリンタ (3DSystems320,300,200) など

スケジュール

  • 10:30~12:00 講義
  • 12:00~12:40 昼食 (弁当)
  • 12:40~14:00 講義
  • 14:00~14:10 休憩
  • 14:10~15:30 講義
  • 15:30~16:15 見学
  • 16:15~16:30 質疑応答・名刺交換

個別のご質問は、休憩時間やセミナー終了後17時頃まで受付いたします。

会場

東京理科大学 葛飾キャンパス

トライボロジーセンター 研究棟2F 多目的室

東京都 葛飾区 新宿6-3-1
東京理科大学 葛飾キャンパスの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/5/27 ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術 東京都
2020/5/29 高機能化、高性能化のための表面処理法の基礎と表面分析法 オンライン
2020/6/2 分析におけるスペクトル解析の基本と応用テクニック オンライン
2020/6/5 シランカップリング剤の反応メカニズムと被覆状態の評価 東京都
2020/6/5 ブリードアウト不良の原因と対策 オンライン
2020/6/8 プラスチック強度設計の基礎知識 大阪府
2020/6/8 メタマテリアル・メタサーフェスの基礎と応用 オンライン
2020/6/9 樹脂やフィルムにおける透明性と耐熱性の両立と応用 東京都
2020/6/9 高分子結晶化の基礎と解析技術 大阪府
2020/6/10 塗布・コーティング膜の表面欠陥対策とその評価 東京都
2020/6/10 自動車外装部材への加飾技術 東京都
2020/6/10 スパッタリング法による薄膜形成と内部応力抑制の勘どころ 東京都
2020/6/11 二軸押出混練機のスクリュ設計と混練技術 東京都
2020/6/11 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速試験条件の設定手法 東京都
2020/6/11 プラスチックの衝撃破壊メカニズムと耐衝撃性向上 オンライン
2020/6/12 塗布膜乾燥の基本とプロセス・現象・本質の理解&最適化と欠陥・トラブル対策 オンライン
2020/6/15 高分子材料の耐候性試験ノウハウ 東京都
2020/6/15 ポリマーブラシの基礎と応用に向けた技術的課題と展望 東京都
2020/6/16 絶縁破壊・劣化の基礎、測定・劣化診断と高分子絶縁材料の高機能化 東京都
2020/6/17 フッ素化学入門 東京都

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/8/31 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/29 超親水・親油性表面の技術
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2016/3/29 燃料油・潤滑油・グリース・添加剤の基礎と添加剤の分離分析方法 (新装増補版)
2015/10/1 すぐ分かるラミネート加工技術と実際およびトラブル・シューティング
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/8/28 高分子の劣化・変色メカニズムとその対策および評価方法