技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

研究開発部門等を対象としたパテントマップの基礎講座

研究開発部門等を対象としたパテントマップの基礎講座

東京都 開催 演習付き

概要

本セミナーでは、知財戦略における研究開発部門の役割から解説し、パテントマップの作成・分析の方法とそのポイントについて、演習を交えて詳解いたします。

開催日

  • 2019年7月23日(火) 10時30分 16時30分

修得知識

  • パテントマップの概要
  • 特許明細書に記載されている特許情報の読み方
  • 知財戦略の基本的な考え方
  • 知財戦略における研究開発部の役割
  • 知財戦略に適ったパテントマップの作成・分析

プログラム

 現在、企業が事業で勝ちつづけていくには知財は不可欠であり、知財部門だけでなく、研究開発部門においても知財のマインドが必要になってきています。
 研究開発を進めるにも他社の特許の影響を受けることから、自由な研究開発を行っていくためにも自社だけでなく他社の特許状況を知るべく研究開発部門がパテントマップの作成・分析を行えることは大変有効です。
 そこで、研究開発部門の方達が知財戦略に適ったパテントマップの作成・分析ができるよう、パテントマップや特許情報の基本的な事項を知ってもらい、知財戦略における研究開発部門の役割を認識してもらった上で、パテントマップの作成・分析の方法を解説していきます。

  1. パテントマップの概要
    1. パテントマップの例
    2. パテントマップの種類
      • 目的に応じたマップの選定
      • 研究開発者におすすめのマップ
  2. 特許情報について
    1. 特許明細書の種類
      • 公開公報、公表公報、再公表公報とは何か?
    2. 特許明細書に記載されている情報
      • 明細書、特許請求の範囲、要約書とは何か?
    3. 特許分類について
      • IPC、FI、Fタームとは何か?
    4. 特許検索について
      • J-PlatPatの使い方
      • その他の特許検索ツール
    5. 研究開発者が知っておくべき特許情報
  3. 知財戦略について
    1. 知財経営とは?
    2. 特許権の本質とは?
    3. 三位一体の活動における研究開発部門の役割
    4. 研究開発における知財戦略
  4. パテントマップの作成・分析
    1. 目的の設定
    2. データ収集 (特許調査)
    3. マップ化作業
    4. パテントマップの注意点
    5. パテントマップをどう読み、判断するか?
  5. グループワーク演習 (パテントマップ作成演習)

会場

江東区文化センター

3F 第1研修室

東京都 江東区 東陽四丁目11-3
江東区文化センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/1/29 後発でも勝つための知的財産・事業参入戦略 東京都
2020/1/29 技術者まで目標を共有化できる時間・空間軸 (システム思考) を活用した技術戦略の高度化 東京都
2020/1/31 研究開発部門が行うロードマップ作成の基本、そのプロセスと活用方法 東京都
2020/2/6 他社特許の分析方法と自社特許の強化方法 大阪府
2020/2/6 高収益を生む組織的・継続的なビジネスモデルの構築 東京都
2020/2/7 特許調査・分析ノウハウと事業・技術戦略への活用 東京都
2020/2/7 研究開発部門と事業部門の壁の壊し方、協力体制の築き方 東京都
2020/2/12 医薬品モダリティの特許調査の手法と活用 東京都
2020/2/12 革新的テーマ・アイデアを継続的に多数創出する体系的・組織的な仕組みづくり 東京都
2020/2/13 未来を見据えた知財戦略の策定とその進め方 東京都
2020/2/14 研究開発テーマ、プロジェクトにおける費用対効果の数値化とその算出法 東京都
2020/2/17 パテントマップを用いた知財・事業・技術戦略の策定方法 東京都
2020/2/18 新規事業創出のための知財情報分析の仕方 東京都
2020/2/18 技術者・エンジニアのための市場情報・競合情報の収集と分析 東京都
2020/2/19 研究開発部門を対象とした特許明細書の作成法とクレームの書き方ノウハウ講座 東京都
2020/2/19 研究開発・技術部門が行うべき競合他社の見つけ方・分析と競争戦略の策定と具体的な進め方 愛知県
2020/2/25 自社コア技術を活用したSDGs関連新事業テーマの発掘と進め方 東京都
2020/2/25 体外診断薬の知財戦略と国内外での特許の取り方 東京都
2020/2/26 超省リソースで新商品を生み出す開発テーマ設定法と技術開発の進め方 東京都
2020/2/26 医療機器開発における成功を目指したニーズ探索と事業化戦略 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/12/27 R&D部門の“働き方改革”とその進め方
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)