技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

経口抗凝固薬の市場・開発動向と今後の製品戦略

アテローム生動脈硬化症と深部静脈血栓症治療を見据えた

経口抗凝固薬の市場・開発動向と今後の製品戦略

~新たな適応取得のためにいかなるデータが今後必要となるのか / 新たな市場開拓のためにどのようなマーケティング戦略が重要になるのか~
東京都 開催

開催日

  • 2019年6月19日(水) 13時00分 16時00分

修得知識

  • 新たな適応取得のために必要となるデータ
  • 新たな市場開拓のために重要となるマーケティング戦略

プログラム

 1950年代にビタミンK拮抗剤のワルファリンが承認されて以降、2011年に抗トロンビン阻害剤ダビガトランが日本で承認されるまで、50年以上の長い間、ワルファリンが唯一の経口抗凝固剤であった。その後3つの抗Xa阻害剤が次々と承認されるに至った。現在新規の心房細動患者の血栓予防にワルファリンが使用される機会は激減し、投与量の調節が簡単で、複雑の薬剤相互作用のないことがから、ほぼすべての症例で直接経口抗凝固剤 (DOAC) が使用されている。患者数が多く、一生内服する必要のある、心房細動患者の血栓予防症例は、最も大きな市場を占めているものの、ほぼ重要なデータは出尽くした感がある。製薬会社にとって差別化を狙ったデータがこれから出てくる可能性は少ない。現在のデータから判断するならば、内科的疾患、特に癌患者の静脈血栓症の予防ならびに心筋梗塞後・末梢動脈疾患患者における動脈血栓症の予防投与が、残された市場である。しかしこれらの適応に関しては、心房細動症例の血栓症予防のようなリスクベネフィットが比較的クリアな領域でなく、医師の処方動機が弱いことが最大の問題点とされている。
 本講演では、これらの新たな適応を中心に、問題点を整理し、いかなるデータが今後必要となるのか、いかなるマーケティング戦略が重要になるのか、解説を試みる。

  1. 抗凝固剤の歴史
  2. ワルファリンの適応
  3. 抗凝固剤処方時の問題点 – 処方を妨げる因子は?
    1. つのDOAC (直接経口抗凝固剤) – 現在の差別化データは?
    2. 薬剤の比較
    3. Pivotal試験 (心房細動) の比較
  4. 心房細動症例の市場 – 拡大する余地はあるのか?
  5. 以外の適応 – これらの市場は今後発展するのか?
    ~動脈血栓症予防における有用性/意義は?~
    1. ACS
    2. PCI/Af
    3. Cardioversion/ablation
    4. Stroke/PAD
    5. Special population (腎障害、超高齢など)
  6. VTE
    1. 内科的疾患、悪性腫瘍に伴うVTE
    2. 予防における処方時の動機
    3. 今後の動向

会場

江東区文化センター

3F 第1研修室

東京都 江東区 東陽四丁目11-3
江東区文化センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/7/19 GMP査察及び監査の実践対応講座 東京都
2019/7/19 GVP基礎講座 東京都
2019/7/22 GMP医薬品工場建設 (計画・設計・施工)およびバリデーションのポイント 東京都
2019/7/22 体外診断用医薬品 (診断薬) の市場動向をふまえたマーケティング戦略 東京都
2019/7/22 アジアのPV規制と安全性情報の取り扱い 東京都
2019/7/23 基礎から学ぶやさしいGMP超入門 (2日間) 京都府
2019/7/23 GMP入門講座 東京都
2019/7/23 CTD作成コース「後発医薬品CTD・MF作成」「一変時のCTD作成」 (2日間) 東京都
2019/7/23 後発医薬品を含む医療用医薬品のCTD作成上の留意点とMF作成上の留意点 東京都
2019/7/24 固形製剤製造における網羅するべき粉体の物性とハンドリングテクニック 東京都
2019/7/24 敗血症の病態・診断・治療の現状と求める診断・治療薬像 東京都
2019/7/24 一変時のCTD作成/適切な記載と照会事項対応のポイント 東京都
2019/7/25 核酸医薬品の開発・国内外規制動向と品質/安全性評価のポイント 東京都
2019/7/26 基礎から学ぶ 医薬品マーケティングミックス 東京都
2019/7/26 未来予測の思考法 東京都
2019/7/26 GMP省令改正における「原料等の供給者管理」の対応および原薬・原料・資材各々の取決めと監査のポイント 東京都
2019/7/26 日米欧主要国の医療・薬価制度の概要と価格戦略のポイント 東京都
2019/7/26 アジア申請 (ASEAN、東アジア、インドなど) におけるACTDを含む申請のポイントと各国要求事項 東京都
2019/7/26 治験での逸脱事例を用いたRCA実施からCAPA策定ワークショップ (基本編) 東京都
2019/7/29 データインテグリティ指摘をふまえたスプレッドシートの効率的CSV管理と再バリデーション 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/26 新たな患者満足度測定手法と増患・増収対策
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書