技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

経口抗凝固薬の市場・開発動向と今後の製品戦略

アテローム生動脈硬化症と深部静脈血栓症治療を見据えた

経口抗凝固薬の市場・開発動向と今後の製品戦略

~新たな適応取得のためにいかなるデータが今後必要となるのか / 新たな市場開拓のためにどのようなマーケティング戦略が重要になるのか~
東京都 開催

開催日

  • 2019年6月19日(水) 13時00分 16時00分

修得知識

  • 新たな適応取得のために必要となるデータ
  • 新たな市場開拓のために重要となるマーケティング戦略

プログラム

 1950年代にビタミンK拮抗剤のワルファリンが承認されて以降、2011年に抗トロンビン阻害剤ダビガトランが日本で承認されるまで、50年以上の長い間、ワルファリンが唯一の経口抗凝固剤であった。その後3つの抗Xa阻害剤が次々と承認されるに至った。現在新規の心房細動患者の血栓予防にワルファリンが使用される機会は激減し、投与量の調節が簡単で、複雑の薬剤相互作用のないことがから、ほぼすべての症例で直接経口抗凝固剤 (DOAC) が使用されている。患者数が多く、一生内服する必要のある、心房細動患者の血栓予防症例は、最も大きな市場を占めているものの、ほぼ重要なデータは出尽くした感がある。製薬会社にとって差別化を狙ったデータがこれから出てくる可能性は少ない。現在のデータから判断するならば、内科的疾患、特に癌患者の静脈血栓症の予防ならびに心筋梗塞後・末梢動脈疾患患者における動脈血栓症の予防投与が、残された市場である。しかしこれらの適応に関しては、心房細動症例の血栓症予防のようなリスクベネフィットが比較的クリアな領域でなく、医師の処方動機が弱いことが最大の問題点とされている。
 本講演では、これらの新たな適応を中心に、問題点を整理し、いかなるデータが今後必要となるのか、いかなるマーケティング戦略が重要になるのか、解説を試みる。

  1. 抗凝固剤の歴史
  2. ワルファリンの適応
  3. 抗凝固剤処方時の問題点 – 処方を妨げる因子は?
    1. つのDOAC (直接経口抗凝固剤) – 現在の差別化データは?
    2. 薬剤の比較
    3. Pivotal試験 (心房細動) の比較
  4. 心房細動症例の市場 – 拡大する余地はあるのか?
  5. 以外の適応 – これらの市場は今後発展するのか?
    ~動脈血栓症予防における有用性/意義は?~
    1. ACS
    2. PCI/Af
    3. Cardioversion/ablation
    4. Stroke/PAD
    5. Special population (腎障害、超高齢など)
  6. VTE
    1. 内科的疾患、悪性腫瘍に伴うVTE
    2. 予防における処方時の動機
    3. 今後の動向

会場

江東区文化センター

3F 第1研修室

東京都 江東区 東陽四丁目11-3
江東区文化センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/10/24 GDP査察/適合性調査に備えた自己点検のポイント 東京都
2019/10/24 コンピュータバリデーション 東京都
2019/10/24 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー (2日間) 東京都
2019/10/24 ICH M7 (変異原性不純物) 、Q3C (残留溶媒) 、Q3D (元素不純物) 対応とガイドライン徹底解説 東京都
2019/10/25 中国の薬事・治験・保険制度の最新動向 東京都
2019/10/25 再生医療等製品におけるGCTP省令の規制要件と手順書及び申請上における留意点 東京都
2019/10/25 医薬品のライフサイクルを通したリスクマネジメントの実際 東京都
2019/10/28 技術移転 (製法・試験法) の手順と同等性の評価方法 (バイオ編) 東京都
2019/10/28 GMP・バリデーションのための統計解析 入門講座 京都府
2019/10/28 承認申請パッケージにおける海外データ利用と開発戦略 東京都
2019/10/28 敗血症の病態/治療の現状/求める新薬像 東京都
2019/10/29 核酸医薬開発ベンチャーのパイプライン動向と今後の開発戦略 東京都
2019/10/29 メーカー技術者・研究者のための技術マーケティング入門 東京都
2019/10/29 細胞培養の研究・開発・製造現場で「知っておくべき基礎知識・技術」と「確実に知っておきたい品質管理手法」超入門 1日速習講座 東京都
2019/10/29 費用対効果評価 (HTA) の基礎と実践 東京都
2019/10/29 体外診断用医薬品/機器の市場動向と開発・薬事戦略 基礎講座 東京都
2019/10/30 潜在ニーズの抽出と製品開発への応用 東京都
2019/10/30 コンピュータ化システムバリデーション 基礎講座 東京都
2019/10/30 非無菌医薬品における微生物限度試験法実施事例と微生物学的品質管理の必要レベル 東京都
2019/10/30 次世代抗体医薬品製造に向けたダウンストリーム工程の生産性強化手法 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/27 3極対応リスクマネジメントプラン策定とEU-GVPが求める記載事項/国内との相違点
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/26 新たな患者満足度測定手法と増患・増収対策