技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

微粒子最密充填のための粒度分布・粒子形状・表面状態制御

微粒子最密充填のための粒度分布・粒子形状・表面状態制御

大阪府 開催

概要

本セミナーでは、粉体・粒子充填の基礎から解説し、微粒子を密充填するために必要な粒子径・粒度分布・粒子形状・粒子の表面状態などを制御する方法を実験データ、シミュレーション結果・計算モデルを交えて詳解いたします。

開催日

  • 2019年6月3日(月) 12時30分 16時30分

受講対象者

  • 粒子密充填が求められる製品に関連する技術者・研究者・品質担当者
    • セラミックス
    • 金属成型体
    • プラスチックス用フィラー
    • 電子部品
    • 電池
    • 錠剤
    • 化粧品
    • 触媒 など

修得知識

  • 粉体・粒子充填の基礎
  • 密充填するために必要な粒子径、粒度分布、粒子形状、粒子の表面状態などを制御する方法
  • 粉体充填状態の観察・評価

プログラム

 粒子密充填はセラミックス、金属成型体、プラスチックス用フィラー、電子部品、電池、錠剤、化粧品、触媒など様々な製品の製造、設計に関係する重要操作である。粒子充填層は多数の粒子から構成されているため、構成粒子の物性が充填性に大きな影響を与える。
 ここでは粉体や粒子を密充填するためには、粒子径、粒度分布、粒子形状、粒子の表面状態などを、どのように制御すれば良いのかを実験データ、シミュレーション結果や計算モデルなどを使って分かりやすく解説する。

  1. 粒子充填と粒子物性
    1. 粉体や微粒子の特徴
    2. 充填状態の定量的表現法
    3. 充填に関係する粒子物性
  2. 充填性に対する粒子径の影響
    1. 粒子間付着力への粒子径の影響
    2. 限界粒子径とRollerの式
  3. 充填性に対する粒度分布の影響
    1. 大小2成分充填時の空間率を表すFurnasの式
    2. 粒度分布から空間率を推定する鈴木のモデル式
    3. 最密充填を得るためにはどのような粒度分布が良いのか?
  4. 充填性、流動性に対する粒子形状の影響
    1. 粒子形状の定量的表現法
    2. 粉砕方法による粒子形状の違い
    3. 粉体層剪断試験と流動性指数
    4. 粒子形状と粉体の充填性、流動性との関係
  5. 充填性、流動性に対する表面状態の影響
    1. メカノケミカル反応による粒子表面の疎水化
    2. 充填性、流動性に及ぼす粒子表面疎水化の影響
  6. X線マイクロCTスキャン装置を用いた粉体充填状態の観察
    1. 充填層内部の空間率分布
    2. 充填方法の違いの影響
    3. 壁面の影響
    4. 粉粒体圧縮成型時の充填率分布変化
    • 質疑応答

会場

大阪産業創造館

6F 会議室B

大阪府 大阪市 中央区本町1丁目4-5
大阪産業創造館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/7/24 粉体・微粒子における帯電・付着力とコントロールおよびその評価 東京都
2019/7/24 固形製剤製造における網羅するべき粉体の物性とハンドリングテクニック 東京都
2019/7/25 気体・ガスの吸着・脱着の基礎と効果的な活用法 東京都
2019/7/29 粉体の固結の機構・因子・評価・対策 東京都
2019/7/30 粉体の物性測定と付着・凝集性および流動性評価 東京都
2019/7/31 導電性カーボンブラックの使用テクニック 東京都
2019/8/9 ゼータ電位の理解と活用 東京都
2019/8/21 造粒におけるバインダーの使いこなし術とトラブル対策 東京都
2019/8/23 粉体を扱うための技術入門 東京都
2019/8/23 シリカ微粒子の分散・凝集性と表面改質方法 東京都
2019/8/28 カーボン材料の分散制御技術と評価法 東京都
2019/8/29 二軸押出機による溶融混練の分散・混練度向上技術評価と品質スケールアップの一手法 東京都
2019/8/29 (二軸)押出機の(溶融)混練・分散技術の理論と実践 徹底解説セミナー 全2コース (2日間) 東京都
2019/9/2 パウダー化粧品の処方設計と粉体物性の機器評価方法 大阪府
2019/9/2 顔料分散技術の基礎と利用・応用技術 大阪府
2019/9/3 離散要素法 入門 東京都
2019/9/4 「分級」・ふるい分け技術のメカニズムと装置運用、トラブル対策、出来上がった粉粒体の測定評価 東京都
2019/9/11 バイオ医薬のタンパク質凝集制御と不溶性異物の管理 東京都
2019/9/17 よくわかる分級技術のすべて 東京都
2019/11/26 粒子分散液活用のための総合知識 東京都