技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

IPランドスケープ (特許情報分析) の活用法

IPランドスケープ (特許情報分析) の活用法

~特許マーケティングを中心として~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、マーケティングや研究開発戦略に有益な特許情報分析 (IPランドスケープ) について具体例を交えて、基礎からわかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2019年3月26日(火) 13時00分 16時00分

受講対象者

  • 知財部門、技術開発部門、事業企画部門、新規事業部門、マーケティング部門、経営企画部門に携わる方

修得知識

  • 特許情報を用いてビジネス上の知見を得る手法

プログラム

 本セミナーは従来の知財部の方を対象とした「特許取得のノウハウ」や「知財戦略」についてのセミナーではありません。これまで「特許情報」とほとんど関わりのなかった事業企画部門や新規事業部門、マーケティングや経営企画部門などの方々に、「特許情報」を企業の技術的な本音が反映された「情報のビッグデータ」として、それぞれの事業戦略の意思決定のために活用できることをご紹介したいと思っています。
 具体的には「特許情報分析」・「IPランドスケープ」から、新規事業のテーマや新らたな用途の探索に活用したり、自社の技術を評価してくれる提携先探索など「特許情報分析」・「IPランドスケープ」を新たな企業分析手法として活用した事例をご紹介します。
 国内外を問わずグローバル市場で戦う企業にとって「特許情報分析」・「IPランドスケープ」は、まさに「企業分析手法」のセカンダリー・オピニオンであり、今後のマーケティングや事業戦略に有益な手法です。

  1. 「特許マーケティング」・「IPランドスケープ」とは?
    1. 「特許情報」は企業の技術的な本音が反映された技術のビッグデータ
    2. 「特許情報」分析の結果を企業の事業戦略、経営戦略、研究開発戦略等に活かすのが「特許マーケティング」・「IPランドスケープ」
  2. 「特許情報分析」から何がわかるか?
    1. 「特許情報」のここが「企業分析」「市場分析」に使える!
    2. 「特許情報」をビッグデータとして分析すると何に役立つか?
      • 例) 新規ビジネスに関して技術力に優れているという評判のA社の実力は?
        →対象技術は本当に競争力があるのか?また、強みはどこか?
      • 例) 当社の技術 (製品) を評価してくれる会社はどこか?
        →どのようなアライアンス先があり得るのか?
  3. 「特許マーケティング」 (特許情報分析) の活用事例
    1. 事業開発部門の事例
      • 有望な新用途・新規事業テーマ探索 (ヒント) を特許情報から分析
    2. 商品開発部門の事例
      • 部品メーカーから納入先「課題」、更に最終ユーザーの「課題」を特許情報から分析
    3. 事業企画・経営企画部門の事例
      • 自社技術 (製品) の有望な売り込み先の探索、M&Aや有望な投資先の探索
    • 質疑応答

会場

商工情報センター カメリアプラザ

9F 研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1 カメリアプラザ 9F
商工情報センター カメリアプラザの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/6/26 技術・研究開発成果をビジネスにつなげるマネジメントスキル 東京都
2019/6/27 自社の技術・素材を消費者が欲しがる商品に仕上げる原料 (商品) 開発 東京都
2019/6/28 技術戦略ロードマップの作成・利用における実践的ないくつかのポイント 東京都
2019/7/10 中長期「研究開発テーマ」の発掘・選定とその進め方 東京都
2019/7/17 研究開発組織・チームの作り方と運用の方法 東京都
2019/7/18 いちからわかる製薬業界におけるデジタルマーケティング 東京都
2019/7/19 製造業における高収益企業の仕組み、取り組みの徹底解剖と成功要因の自社への応用 東京都
2019/7/19 特許情報を活用するための情報収集のポイントと情報の視覚化、データベース化 東京都
2019/7/22 体外診断用医薬品 (診断薬) の市場動向をふまえたマーケティング戦略 東京都
2019/7/23 研究開発部門等を対象としたパテントマップの基礎講座 東京都
2019/7/23 異業種との協創による新規事業の創出と進め方 (2日間ワークショップ研修) 東京都
2019/7/25 研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方 東京都
2019/7/25 不確実性がある中での医薬品の売上予測実施ノウハウ 東京都
2019/7/26 未来予測の思考法 東京都
2019/7/26 基礎から学ぶ 医薬品マーケティングミックス 東京都
2019/7/29 先発メーカー・競合他社の特許分析の仕方と弱みの見つけ方 東京都
2019/7/29 中堅製薬会社の生存戦略 ~ 取るべきビジネスモデルと狙うべきモダリティ戦略の考え方 東京都
2019/7/30 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編 + 実践編) 東京都
2019/7/30 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編) 東京都
2019/7/31 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (実践編) 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/12/27 R&D部門の“働き方改革”とその進め方
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/26 新たな患者満足度測定手法と増患・増収対策
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書