技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

金属材料の特性を最大限に引き出す熱処理技術の基礎と応用技術

金属材料の特性を最大限に引き出す熱処理技術の基礎と応用技術

大阪府 開催 個別相談付き

概要

本セミナーでは、耐磨耗性・耐疲労性・耐腐食性・耐熱性等、鉄鋼材料に機能を付与する熱処理について解説し、部品・設備などの設計・開発を適性の行うための基礎知識を習得していただきます。

開催日

  • 2019年2月7日(木) 10時00分 16時30分

修得知識

  • 熱処理の目的と必要性 (鉄鋼材料)
  • 熱処理の種類と材料の特性
  • 鉄鋼材料の種類と熱処理の適用例
  • 非鉄金属材料の熱処理 (アルミ合金など)
  • 熱処理による表面改質技術
    • 高周波焼入れ
    • 浸炭
    • 窒化
    • PVD
    • CVDなど
  • 熱処理品質の評価方法とトラブル対策
  • 熱処理に関する個別相談

プログラム

 鉄鋼材料をはじめ、多くの金属材料は熱処理をすることによって材料の持っている機械的性質、延性、靭性、耐摩耗性、耐食性などの特性を目的によって最大限に引き出すための技術です。金属材料に適した最適の熱処理を行うことによって、必要とする特性を材料にもたらし、設備や部品の安全性、信頼性、耐久性などを満足させることができるようにする極めて重要な技術である。
 したがい、本講習は熱処理の必要性とそれによって得られる特性について、十分理解することによって、部品、設備などの設計・開発を適性の行うことができるための、基礎知識の習得に資する。

  1. 熱処理の目的と必要性
    1. 熱処理とは?なぜ熱処理をするのか?
    2. 鉄鋼材料の熱処理技術と組織の関係
  2. 熱処理の種類と方法ならびに特性の変化
    1. 焼きなまし
      • 完全焼きなまし
      • 等温やきなまし
      • 球状やきなまし
      • 応力除去焼きなまし
    2. 焼きならし
    3. 焼入れ
    4. 焼戻し
    5. 固溶化熱処理
    6. 時効処理
    7. 残留オーステナイトとサブゼロ処理 など
  3. 熱処理の適用例
    1. 機械構造用鋼の熱処理
    2. 工具鋼の熱処理
    3. 軸受け鋼の熱処理
    4. ばね鋼の熱処理
    5. 鋳鋼・鋳鉄の熱処理
    6. ステンレス鋼の熱処理
  4. 非鉄金属材料の熱処理
    1. アルミ合金
    2. Ti合金など
  5. 熱処理による表面改質技術
    1. 材料表面の加熱による方法
      • 炎焼入れ法
      • 高周波焼入れ法
      • レーザー焼入れ法
    2. 拡散浸透方による表面硬化方法
      1. 浸炭
        • ガス浸炭
        • 真空浸炭
        • プラズマ浸炭
      2. 浸炭窒化
      3. 窒化
        • 塩浴軟窒化
        • ガス窒化
        • ガス軟窒化
        • プラズマ窒化など
      4. 表面改質技術
        • PVD
        • CVDなど
  6. 熱処理の評価方法とトイラブル対策
    1. 品質検査法
      • 硬さ
      • 強度
      • 変形
      • 面粗度など
    2. トラブル例
      • 脱炭
      • 焼き割れ
      • 変形
      • 粒界酸化など
  7. 個別相談

会場

ドーンセンター

4F 中会議室1

大阪府 大阪市 中央区大手前1丁目3-49
ドーンセンターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/3/6 超撥水・撥油/超親水/高滑液性表面創製技術 東京都
2020/3/10 金属の表面処理技術と化成皮膜の評価 東京都
2020/3/10 金属3Dプリンタによる造形技術とその評価および応用展開 東京都
2020/3/13 塗布膜乾燥の基本とプロセス・現象・本質の理解&最適化と欠陥・トラブル対策 東京都
2020/3/18 ドライエッチング技術の基礎とプラズマ・表面反応制御 / 最新動向とプラズマダメージ、アトミックレイヤーエッチング (2日間) 東京都
2020/3/18 ドライエッチング技術の基礎とプラズマ・表面反応の制御 東京都
2020/3/18 グラフェンの合成と機能デバイスの新展開 東京都
2020/3/19 ドライエッチングの最新技術動向とプラズマダメージ およびアトミックレイヤーエッチング(ALE) 東京都
2020/3/24 ポリマーブラシの基礎と応用に向けた技術的課題と展望 東京都
2020/3/25 フッ素の構造、物性、各種応用とPFOA規制への対応 東京都
2020/3/27 無機ナノ粒子の表面処理技術と分散技術、その機能および応用展開 東京都
2020/3/30 ALD (原子層堆積法) の基礎と高品質膜化および最新動向 東京都
2020/3/30 固体表面における濡れ性制御と動的濡れ性の評価、解釈 東京都
2020/3/30 機能性コーティング塗膜の基礎と応用 東京都
2020/3/31 薄膜分析・評価の基礎知識とナノテクノロジーへの応用 東京都
2020/3/31 スロットダイ製膜設備と塗工の品質安定化 東京都
2020/4/3 ギラツキ防止・反射防止フィルムの材料設計と定量評価 東京都
2020/4/8 ハードコート材料の基礎・応用から今後の展開 愛知県
2020/4/9 プラスチックへのめっき技術とその応用 東京都
2020/4/9 機械設計技術者のための設計力強化講座 愛知県