技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ポリウレタンの構造、物性と劣化、変色対策

ポリウレタンの構造、物性と劣化、変色対策

~酸化防止剤、光安定剤を用いた対策の注意点とは~
東京都 開催

開催日

  • 2018年10月26日(金) 10時30分 16時00分

修得知識

  • ポリウレタンの構成成分であるグリコール、イソシアナート化合物、鎖延長剤の基本的な性質
  • イソシアナート基の化学
  • マルチブロック共重合体であるポリウレタンが形成する相分離構造が諸物性にどのように劣化等の物性に影響するか
  • 高分子の劣化と安定化の基礎理論
  • ポリウレタンが何故ポリオレフィンに比べて劣化しやすいか? (理論)
  • ポリウレタンの劣化防止の対応策、注意点
  • 高分子材料の変色原因、対策、再現試験法

プログラム

第1部 ポリウレタンの構造からみた諸物性

(2018年10月26日 10:30〜12:00)

 今回のテーマである劣化や黄変による物性変化は、用いるグリコール及びイソシ アナート化合物に起因し、高次構造に影響しておこる。従って上記の構成成分の 基本的なことがらが重要と考える。

  1. ポリウレタンの化学
    1. イソシアナート基の化学
    2. ソフト成分:マクログリコール類
    3. ハード成分:イソシアナート化合物、鎖延長剤等
    4. 調製法
  2. 構造と物性解析
    1. ポリウレタンの構造
    2. 解析方法
    3. ソフト成分の影響
    4. ブレンドの影響
    5. ハード成分の影響
      • 鎖延長剤成分の影響
      • PBTでの鎖延長
      • イミド・イミドでの鎖延長
      • 少量の芳香族イミドの導入の影響
    • 質疑応答

第2部 添加剤を用いたウレタン材料の劣化対策

(2018年10月26日 12:45〜16:00)

 ポリウレタンは光劣化しやすく、また変色しやすいのはよく知られている。ポリウレタンの劣化と劣化防止を出来るだけメカニズムも含め何故そうなるかという観点から、又変色問題についても詳しく解説する。

  1. 高分子の劣化
    1. 劣化因子と劣化現象
    2. 劣化機構
  2. 高分子の安定化
    1. 安定剤の機能分類
    2. 安定化機構
    3. 相乗作用と拮抗作用
  3. ポリウレタン用添加剤
    1. スパンデックス (ポリウレタン弾性繊維) の特許例
    2. スパンデックス用添加剤の特徴
  4. 高分子材料の変色問題
    1. 変色原因
    2. 変色メカニズム
    3. 変色促進試験法 (再現試験法)
    4. 何故片ヒンダードフェノール系AOが変色しにくいか?
    5. 何故NアルキレンHALSか?
  5. ポリウレタンに用いられる添加剤の例
  6. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 山田 英介
    愛知工業大学 工学部 応用化学科
    副学長 / 教授
  • 八児 真一
    第一化成 株式会社 機能材事業部
    顧問

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/1/25 生分解性プラスチックの必須基礎知識と商品開発のヒントおよび市場動向 東京都
2019/1/30 カーボンブラックの表面処理による分散性向上 東京都
2019/1/30 高分子ナノ分散を高品質で実現する次世代形の伸長流動分散技術の特性と応用利点 東京都
2019/1/31 押出成形の基本技術とトラブル対策 東京都
2019/2/1 3Dプリンタ用樹脂の要求特性と活用事例 東京都
2019/2/4 放熱樹脂の熱伝導率向上とその評価 東京都
2019/2/4 UV硬化技術の基礎と光硬化開始剤の設計と選択方法 大阪府
2019/2/5 高分子材料中の添加剤分析 マスターコース : 基礎~実践レベル 大阪府
2019/2/5 水溶性高分子における構造、機能、その分散・分解特性と用途展開 東京都
2019/2/5 技術者 ・研究者のための高分子レオロジー入門講座 大阪府
2019/2/5 熱可塑性ポリウレタンTPUの基礎と成形方法および高機能化 大阪府
2019/2/6 射出発泡、中空、圧空成形の原理と実際 東京都
2019/2/6 ゲル化剤・増粘剤の基礎・特性・評価法 大阪府
2019/2/8 レオロジー入門講座 東京都
2019/2/12 フィルム延伸の結晶化メカニズムと状態解析 東京都
2019/2/12 UV硬化技術の実践的総合知識 京都府
2019/2/13 透明樹脂の設計と耐熱、寸法安定性向上 東京都
2019/2/14 有機無機ハイブリッド材料の設計、界面制御と機能性材料の開発 東京都
2019/2/15 生分解性プラスチックの高性能・高機能化材料設計と成形加工技術 東京都
2019/2/15 MALDI-TOF/MSによる高分子材料の分析 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/4/25 目からウロコの導電性組成物 設計指南
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2012/11/1 触媒の劣化メカニズムと対策および加速寿命試験方法