技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

フォノンエンジニアリングの基礎と材料開発・デバイスへの応用

フォノンエンジニアリングの基礎と材料開発・デバイスへの応用

東京都 開催

概要

本セミナーでは、ナノスケールでの熱輸送を理解・制御するフォノンエンジニアリングについて、基礎から、熱伝導制御・熱電変換応用・エネルギーハーベスティングへの応用まで、わかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2018年7月31日(火) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • フォノンエンジニアリングに興味・関心をお持ちの方
  • 各種熱電変換ナノ材料の先行調査・研究者・開発者
  • エネルギーハーベスティング関連分野に従事している方、着手したい方
  • ナノ構造における熱伝導の物理と制御に興味・関心をお持ちの方 など

修得知識

  • ナノスケールフォノン輸送と熱伝導の基礎
  • フォノンエンジニアリング・フォノニクスの基礎、原理
  • フォノニック結晶の特徴、作製方法
  • 熱電変換ナノ材料の設計指針
  • ウェハ型シリコン熱電変換デバイスの設計指針
  • 熱電変換デバイスの応用研究事例、課題
  • エネルギーハーベスティング応用への展望、可能性 など

プログラム

 スマート社会の実現に不可欠なエネルギーハーベスティングやデバイスの放熱問題の意識の高まりを受け、ここ数年で熱エネルギーの取り扱いに大きな関心が集まっている。ナノ構造を含んだ材料・デバイス中の熱伝導はフーリエ則で記述できず、弾道性などのナノスケール特有の輸送特性を考慮しなければならない。近年、熱伝導をナノスケールの視点から理解したうえで材料や構造を設計することで、材料性能を飛躍的に向上させることが可能になってきた。
 本講演では、ナノスケールでの熱伝導 (フォノン輸送) を巧みに取り扱うフォノンエンジニアリングの基礎をわかりやすく解説し、フォノニック結晶ナノ構造を用いた系を取りあげながら、より高度な熱伝導制御と熱電変換応用などへの取り組みを紹介する。

  1. ナノスケールフォノン輸送と熱伝導
    1. なぜ「熱」が重要なのか?
    2. ナノスケールの熱伝導は何が違うのか?
    3. 高効率熱伝導制御のための基礎知識
    4. 過去の研究の紹介
  2. フォノンエンジニアリングの基礎
    1. フォノンの粒子的描像に基づく熱伝導制御
      1. フォノニック結晶の作製法
      2. ナノ・マイクロ構造の熱伝導測定法
      3. ナノ構造Siにおける熱伝導の物理
      4. ナノ構造SiGeにおける熱伝導の物理
      5. 指向性をもった熱伝導と集熱
    2. フォノンの波動的描像に基づく熱伝導制御
      1. フォノニクスと研究の歴史
      2. フォノンとフォトンの類似性と相違性
      3. 熱を光のように操れるのか?
      4. フォノニック結晶とバンドエンジニアリングの基礎
      5. フォノニック結晶中の熱伝導計算のしかた
      6. 熱の波動性を用いた直観に反する物理
      7. フォノニクスに基づく熱伝導制御
  3. ナノ構造による熱伝導制御の応用例
    1. 熱電変換の基礎
    2. 熱電変換材料開発への応用
      1. 熱電変換の基礎
      2. 熱電変換材料の利点と課題
      3. 熱電変換ナノ材料開発の歴史と現状
      4. 高効率化に重要なポイント
      5. 最適設計による高効率化の実証
    3. ウェハ型Si熱電変換デバイス
    4. エネルギーハーベスティングへの展望
    • 質疑応答・名刺交換

講師

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第4講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,600円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/8/24 窒化物フィラーの分散、配向制御と高熱伝導コンポジット材料の開発 東京都
2018/8/27 実用化に向けた熱電変換材料/デバイスの高効率化・低コスト化と最新動向・展望 東京都
2018/8/27 電子機器・電子デバイスにおける熱設計・熱問題への対策ノウハウ 東京都
2018/8/29 小型電子機器の熱問題と対策および放熱設計 東京都
2018/8/30 リチウムイオン電池の安全性確保と国内外の関連規制動向 東京都
2018/8/30 高性能マイクロ熱輸送・冷却デバイス技術と応用展開 東京都
2018/9/6 誘電エラストマの材料、アクチュエータ、センサ及び発電システム等の最新動向 東京都
2018/9/10 イオン伝導性ナノファイバーの電解質特性と全固体型二次電池用電解質の開発 東京都
2018/9/12 蓄 (冷) 熱技術と熱エネルギー搬送技術の基礎とその応用 広島県
2018/9/14 Excelによる定常・非定常伝熱計算演習 東京都
2018/9/19 電気化学の基礎、装置の概要と測定のポイント 東京都
2018/9/19 エンジンの熱損失低減および摩擦損失低減のための計測技術 東京都
2018/9/19 自動車革命を支えるエネルギー革命 東京都
2018/9/21 リチウム電池用ニッケル系正極の開発と電極適用技術 東京都
2018/9/26 化学蓄熱材料・システムの技術と用途展望 東京都
2018/10/5 EVシフトの先を見据えたFCV・水素エネルギービジネスの最新動向 東京都
2018/11/8 高熱伝導材料の基礎技術とフィラーの活用方法 大阪府

関連する出版物

発行年月
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/9/23 2016年版 スマートハウス市場の実態と将来展望
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/7/22 2016年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2016/5/27 2016年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/1/29 2016年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2015/12/18 2015年〜2016年版 電力自由化市場総覧 (2016年 新春号)
2015/12/8 2016年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望