技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車用樹脂窓のハードコートによる耐摩耗性向上技術

自動車用樹脂窓のハードコートによる耐摩耗性向上技術

東京都 開催

概要

本セミナーでは、自動車用樹脂窓に求められる硬度、耐摩耗性、耐擦傷性を付与するための手法、密着性や耐候性の評価、テーバー摩耗試験・ワイパー試験の詳細について解説いたします。

開催日

  • 2018年6月29日(金) 10時00分 16時50分

受講対象者

  • 耐擦傷、摩耗性などハードコートが求められる製品の技術者、製造担当者、品質担当者
  • ハードコーティングに関連する技術者

修得知識

  • 自動車の要求に応える硬度、耐摩耗性、耐擦傷性を付与するための手法
  • 密着性や耐候性の評価
  • テーバー摩耗試験、ワイパー試験の詳細

プログラム

第1部 ハードコートによる樹脂窓材料の耐摩耗性、耐擦傷性向上

(2018年6月29日 10:00〜11:30)

 弊社のハードコート製品の実施例から始まり、自動車用樹脂窓に求められるハードコートの基本的な性能をご説明致します。その後、耐候性試験の説明及びコーティングのプロセスについてご説明致します。最後に自動車用樹脂窓の今後の課題について述べたいと思います。

  1. ハードコートの多種機能性
  2. 自動車用ハードコートの実施例
  3. ハードコートにおける基本事項および性能
    1. 高度に安定的なシロキサンレジンネットワーク構造の制御
    2. 耐候性と耐摩耗性の優れたコンビネーション
    3. 耐摩耗性試験における定量的評価
    4. 種々の溶剤・化学物質への耐食性
  4. 耐候性試験における定量的評価
    1. 耐候性試験方法
    2. 促進耐候性試験方法
    3. 紫外線吸収材による光安定性向上技術
    4. UV吸収材含有シロキサンコーティング剤の最適化
  5. コーティングプロセス
    1. 各ハードコート塗装方法の比較と現状
    2. 塗装面積に対応する新規プライマー設計
  6. 自動車用外装部品用耐候性ハードコートにおける今後の課題
    • 質疑応答

第2部 自動車用樹脂窓のハードコート技術

(2018年6月29日 12:10〜13:40)

 平行平板型プラズマCVD法を用いることで、ガラス並みの硬度を発現する高硬度表面層、CVD膜と樹脂基板の線膨張の違いによって発生する応力を緩和するための靱性を有するバルク層、プラズマボンバード処理を併用した下地層との界面緻密層からなる傾斜層構造を開発。
 この技術によってECE R43に適合したフロントウィンドウ (FW) をはじめとする視認部を樹脂窓化できることを実証した。さらに「FW=ガラス」というバイアスを壊し、自動車のボディ形状を大きく変革できる可能性を示した。

  1. 自動車用樹脂窓開発の背景と目的
    1. 帝人の樹脂窓開発・事業化の経緯
    2. Dryプロセスを用いたハードコート技術の必要性
    3. プラズマCVD設備の概要
  2. 樹脂窓に適したCVD技術の開発
    1. 硬さ/耐候性/密着性の発現
    2. 成膜条件の検討
    3. 多層構造膜の形成によるCVD膜の高耐久性化
  3. CVDパイロット設備の導入
    1. 実製品サイズを目指したスケールアップの取り組み
  4. 樹脂製ピラーレスフロントウィンドウの開発
    1. 形状設計~射出プレス成形~ハードコート
  5. 今後の展開
    • 質疑応答

第3部 耐候ハードコート転写フィルムを使用した製品の特徴及び材料設計

(2018年6月29日 13:55〜15:05)

  1. UVハードコート材料の展開
    1. 市場ニーズ
    2. ハードコート用材料の種類
      1. 有機系材料の構成
      2. 有機・無機ハイブリッド系材料の構成
    3. 必要特性
      1. 耐擦傷性
      2. 硬化収縮の抑制
      3. 柔軟性付与
      4. 光学特性
  2. ハードコート材料の開発事例
    1. 超耐候ハードコート、ガラス代替への応用
      1. 概要、想定用途
      2. グレージング用途への展開
      3. 転写フィルム
    2. 成型タイプ
      1. インモールド成型用
      2. 真空成型用
    • 質疑応答

第4部 耐摩耗性、耐候性試験による評価、分析手法

(2018年6月29日 15:20〜16:50)

 車両用樹脂グレージングの基礎と基本性能となる密着性・耐候性・耐摩耗性を中心に実例を含めて評価方法を紹介する。

  1. 車両用樹脂グレージング
    1. 樹脂グレージング材料
    2. 自動車用安全ガラス規格
    3. 採用例と必要な評価項目
  2. ハードコートの密着性
    1. 密着性の評価方法
    2. 密着性評価における注意事項
    3. 密着性試験の評価実例
  3. ハードコートの耐候性
    1. 耐候性試験の種類
    2. 耐候性試験の評価項目
    3. 耐候性試験の評価実例
  4. ハードコートの耐摩耗性
    1. テーバー摩耗試験
    2. ワイパー試験
    3. 今後の耐摩耗性試験方法
  5. その他の各種性能評価
    1. ハードコートの評価に必要な試験項目
    • 質疑応答

講師

  • 森 憲一
    モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン合同会社 モメンティブシリコーングループ コーティングビジネス
    テクニカルアカウントマネージャー
  • 新見 亮
    帝人 株式会社 複合成形材料事業本部 グレージング事業推進部
  • 塩田 聡
    株式会社 DNPファインケミカル 技術開発第3本部
    シニアエキスパート
  • 岩井 和史
    株式会社レニアス 開発設計グループ
    シニアエンジニア

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/7/23 光硬化に用いられる光重合開始剤の種類、選び方、使い方、暗所・深部・厚膜硬化、速硬化への対応 東京都
2018/7/23 高分子絶縁材料およびナノコンポジットの絶縁破壊メカニズムと抑制法 東京都
2018/7/23 自動車の振動・騒音の原因と対策事例およびシミュレーションの基礎 東京都
2018/7/24 プラスチック成形品の強度設計と残留応力低減技術 東京都
2018/7/25 建築・住宅分野用高分子の材料開発と求められる特性、技術動向 東京都
2018/7/25 プラズマエッチングの必須基礎知識と表面反応制御・表面分析 東京都
2018/7/26 ALD (原子層堆積法) 、ALEt (原子層エッチング) の基礎・応用・最新動向 東京都
2018/7/26 自己修復材料の復元メカニズム、材料設計と高寿命化技術 東京都
2018/7/26 プラスチック加飾技術の新展開と最新動向 東京都
2018/7/26 ゾル-ゲル法の基礎と機能性材料作製への応用と新展開 東京都
2018/7/26 超親水化・超撥水化のメカニズムと評価および制御技術 東京都
2018/7/27 (二軸)押出機の(溶融)混練・分散技術の理論と実践 徹底解説セミナー 全2コース (2日間) 東京都
2018/7/27 押出機内の樹脂挙動と(溶融)混練技術 東京都
2018/7/27 金属ナノ粒子・微粒子 徹底解説 東京都
2018/7/27 ポリウレタンの基礎知識および高機能化技術と応用展開 東京都
2018/7/30 ウレタンアクリレートの構造、物性と選び方、使い方 東京都
2018/7/30 これからの自動車の形態はどうなるのか? EVが主流? 内燃機関が生き残る? 対応すべきKey技術は? 東京都
2018/7/30 ポリマーフィルムの溶液法製造技術の基礎と実際 東京都
2018/7/31 電子デバイス製造のための表面処理技術 東京都
2018/7/31 エポキシ樹脂の設計・活用の総合知識 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/3/29 超親水・親油性表面の技術
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/10/1 すぐ分かるラミネート加工技術と実際およびトラブル・シューティング
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書