技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

中分子医薬品の基礎/最新動向と創薬・開発の留意点

中分子医薬品の基礎/最新動向と創薬・開発の留意点

~中分子化合物は医薬品になることができるのか / 中分子化合物の創薬への必要性とその創薬開発の方法とは~
東京都 開催

開催日

  • 2018年6月21日(木) 13時00分 16時00分

プログラム

 近年の個別化医療では、臨床での薬の選択や創薬において、臨床バイオマーカーが重要になっています。更に、正常状態と病態の臨界状態、病態初期状態あるいは病態悪化の動的状態遷移過程をはっきり識別することが出来る動的ネットワークバイオマーカーを、複雑疾病の早期診断や病態悪化の予兆検出に広く適用することで、適切なタイミングで適切な個別化医療を行なうことが可能となるものと期待されています。
 そこで、疾患状態で起こっている動的ネットワークのプロテインープロテイン相互作用 (PPI) のシステムを解明することで、その疾患のメカニズムが明らかになると同時に、このPPIが創薬のターゲットになるのではないかと考えられており、製薬各社はPPI阻害剤の開発に力を入れようとしている。このPPIの阻害剤として、最近は中分子化合物が有効ではないかと考えられています。
 そこで、本セミナーでは、中分子化合物の創薬への必要性とその創薬開発の方法を、私の経験も含めて説明しようと考えています。

  1. はじめに
  2. 医薬品開発の現状
    1. 医薬品開発成功確率の過去と現在
    2. 医薬品の多様化
    3. 個別化医療と創薬
  3. 臨床現場と医薬品開発との間の大きな谷
    1. 臨床現場での医薬品選択の現状
    2. 科学的診断の重要性
    3. 動的バイオマーカーメカニズムの解明
    4. 疾患バイオマーカー探索の必要性とその方法
  4. 創薬ターゲットプロテインープロテイン相互作用の解明
    1. 疾患バイオマーカーから創薬ターゲットプロテイン探索
    2. プロテインープロテイン相互作用解析の手法
      1. クライオ電顕
      2. 核磁気共鳴 (NMR)
      3. 質量分析 (MS)
  5. プロテインープロテイン相互作用 (PPI) 阻害剤と中分子化合物
    1. なぜPPI阻害剤として中分子化合物が良いか
    2. 創薬に応用可能な中分子化合物ライブラリーは何か
    3. 中分子化合物を用いた創薬リード化合物の探索 (Screening)
  6. 中分子化合物は医薬品になるか
    1. 中分子化合物の体内動態と構造活性相関
    2. 中分子化合物は抗原抗体反応を起こし易いのか
    3. 低分子・中分子創薬の新しい考え方であるAntibody-drug conjugate (ADC) 製剤
  7. 今後の中分子化合物と創薬

会場

江東区産業会館

第2会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/7/23 ICH-E6 (R2) /GCPリノベーション (刷新) で要求されるグローバルスタンダードの臨床試験 QMSの構築及び有効な運用とプロセス改善 (2日間) 東京都
2018/7/23 導入候補化合物のTarget Product Profile設定/化合物評価と医薬ライセンスにおけるGo/No Goの判断方法 東京都
2018/7/23 動物用医薬品開発・申請ポイントと当局対応 東京都
2018/7/24 点眼剤の設計、工業化と品質保証 東京都
2018/7/24 GMP違反を起こさせない教育訓練方法と教育資料 作業者にどのような教育を行い、どのように育成するか? 東京都
2018/7/24 バイオ医薬品GMP工場における施設・設備計画/設計・バリデーションと設備保全・維持管理 東京都
2018/7/25 細胞培養の研究・開発・製造現場で「知っておくべき基礎知識・技術」と「確実に知っておきたい品質管理手法」 東京都
2018/7/26 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装 東京都
2018/7/26 統計解析をつかわなくてもわかる分析法バリデーション入門講座 東京都
2018/7/26 臨床QMS実装に必要な治験におけるIssue managementの考え方 東京都
2018/7/27 代替エンドポイントを用いた腎臓病治療薬の今後の臨床開発戦略成功のポイント 東京都
2018/7/27 ICH Q7/Q11ガイドラインをふまえたレギュレーション対応 東京都
2018/7/27 日米欧主要国の医療・薬価制度の概要と価格戦略のポイント 東京都
2018/7/27 核酸医薬品の基礎・国内外規制動向と品質/安全性評価におけるポイント 東京都
2018/7/27 バイオテクノロジー分野の特許審査の傾向と特許請求範囲の記載方法 東京都
2018/7/30 GMPバリデーション 入門講座 東京都
2018/7/30 GMP省令のリニューアル化の目玉となるマネジメントレビューを含む品質マニュアルのあり方および品質保証部門の必須事項 東京都
2018/7/31 アジア申請 (ASEAN、東アジア、インドなど) におけるACTDを含む申請のポイントと各国の要求事項 東京都
2018/7/31 製薬用水の管理と設備/設計・バリデーション/設備適格性評価 東京都
2018/7/31 FDA指摘200件に基づくデータインテグリティ現場 (ラボ・製造) 教育セミナー 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/27 医薬品包装・容器の材料要求特性と3極局方の品質基準・試験法
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/31 在宅でのCDTM(共同薬物治療管理)の実践と薬局・薬剤師の次世代モデル
2013/5/30 新薬開発にむけた臨床試験(第I~III相臨床試験)での適切な投与量設定と有効性/安全性評価
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/27 医薬品・食品包装の設計と規制・規格動向 - 品質・安全・使用性向上のために -
2013/3/17 ICH QトリオとQ11導入・実践・継続への取組み
2013/2/27 リスクマネジメント・CAPA(是正措置・予防措置)導入手引書
2013/2/5 放射線医療(癌診断・治療) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)