技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

体外診断薬の開発と申請での当局の着目ポイント

体外診断薬の開発と申請での当局の着目ポイント

~見かけの有意差、相関性が発生する原因と制御するための統計手法~
東京都 開催

開催日

  • 2017年12月19日(火) 10時30分 16時45分

プログラム

第1部. 開発から申請への流れと、成功への秘訣とそのポイント

(2017年12月19日 10:30〜12:30)

  1. なぜこの体外診断薬を開発するのか – その根拠はどこに?
  2. 最新の体外診断薬の申請の動向
  3. 何が国内外の申請作業の最大のネックなのか?
  4. 常値の設定を如何に進めるか
  5. 過去の成功事例から学ぶこと
  6. 過去の失敗事例から学ぶこと
  7. 私自身が経験した成功と失敗の事例について
  8. その違いがどこに起因するのか、具体的な決め手を解析する
  9. これからの新しい製品開発のシーズを探すのは、どこで?
  10. 学会で、論文から、偶然からで良いのか?
  11. 最先端の情報、技術が本当に必要か?
  12. どのような分野の体外診断薬がまだ残っているのか?
  13. どのような技術が、これからの新しい診断薬になるのか?
  14. これから自分が新規な診断薬を開発するとしたら、何をどうするか?
    • 質疑応答

第2部. 見かけの有意差、相関性を制御するための統計手法

- 重回帰分析の数理と実際 –

(2017年12月19日 13:30〜15:00)

 t検定に代表される統計的仮説検定や相関・回帰分析は単変量解析法であるため、交絡や交互作用による疑似的な (見かけの) 解析結果が得られることがある。特に取り扱う変数に対して経験的な知識がない場合、誤った解析結果を報告する危険性がる。
 本セクションでは、これを制御するための重回帰分析の数理と実際について解説する。

  1. 見かけの有意差、相関性が発生する原因
    1. 実例
    2. 交絡、交互作用とは
  2. 重回帰分析
    1. 重回帰分析の機能
    2. 偏回帰係数の意味
    3. 重相関係数と単相関係数の違い
  3. 名義尺度を変数化するためのダミー変数
    1. ダミー変数の作り方
    2. 重回帰モデルへの投入の方法
    3. 結果の解釈
    • 質疑応答

第3部. 審査経験からみた指摘事項と申請書の着眼ポイント

(2017年12月19日 15:15〜16:45)

  1. 体外診断薬の承認申請に必要な事項
  2. 体外診断用医薬品承認申請における各項目の基本的考え方
    ~どれくらいの質・量の添付資料が必要なのか~
    1. 起原又は発見の経緯及び外国における使用状況等に関する資料
      1. 臨床的意義
      2. 申請品目の説明に関する資料
    2. 仕様の設定に関する資料
      1. 品質管理 (管理用物質)
      2. 測定範囲等
      3. 較正用基準物質
    3. 安定性に関する資料
      1. 試験期間・試験項目
    4. 性能に関する資料
      1. 操作方法に関する資料
      2. 検体に関する資料
      3. 相関性申請資料の詳細 (どのような点に留意すべきか)
    5. 臨床試験の試験成績に関する資料
      • まとめ方、生データ (ケースカードなど)
  3. 審査のフロー
  4. 臨床評価試験での当局の着目
    1. 判定方法が明確になっていなければいけない。
    2. 感染症のスクリーニングは駄目。
    3. 感度がよければ良い、悪ければ駄目ということは無い。
    4. 遺伝子診断
    5. 臨床、非臨床試験それぞれでどういう試験デザインが必要か?
    • 質疑応答

講師

  • 中嶋 克行
    有限会社 中嶋アソシエイツ
    代表取締役
  • 山西 八郎
    天理医療大学 医療学部 臨床検査学科
    教授
  • 中野 泰子
    昭和大学 薬学部 遺伝解析薬学教室
    教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/1/24 洗浄バリデーションの基礎と残留許容値、回収率設定の科学的根拠の示し方 東京都
2018/1/24 バイオ・抗体医薬品製造におけるスケールアップに伴う品質管理と製造体制構築 東京都
2018/1/24 製薬企業における治験関連文書の電磁化 (導入のポイントと課題) 東京都
2018/1/24 ICH GCP (E6) 追補版で明記された治験におけるオーバーサイト (Oversight) 東京都
2018/1/25 細胞培養・品質管理の基礎とトラブル対策 東京都
2018/1/25 やさしいGMP文書の作成方法/様式と記入例 東京都
2018/1/25 炎症性腸疾患の診断・治療実態と臨床現場より期待される新薬像 東京都
2018/1/25 EU PVにおける副作用情報の収集/評価/報告とEU PV査察対応 東京都
2018/1/26 CTD第3部からQOSへの落とし込み方法と申請書作成・一変軽微記載方法のポイント 東京都
2018/1/29 データインテグリティ 2日コース 東京都
2018/1/29 医薬品原薬製造時のトラブル事例を踏まえたラボデータ取得とスケールアップ技術 東京都
2018/1/29 GMP文書・記録/管理におけるデータインテグリティ対応と紙データに対しての対応 東京都
2018/1/29 製薬企業・医療機器企業におけるFDAが要求するCAPA導入の留意点 東京都
2018/1/29 凍結乾燥のプロセス最適化とスケールアップ・無菌性保証 東京都
2018/1/29 ICH-GCP改訂で要求されるグローバルスタンダードの臨床試験 品質マネジメントシステム (QMS) 東京都
2018/1/29 ICH-E6 (R2)・データインテグリティをふまえた臨床試験におけるコンピュータバリデーションと信頼性保証 東京都
2018/1/29 医療機器・体外診断薬 (IVD) の欧州申請とテクニカルファイル作成の留意点 東京都
2018/1/29 無菌製剤工場の製造プロセスと設備・施設設計のポイント 東京都
2018/1/30 生体ビッグデータ・AIを用いた創薬・ドラッグリポジショニングの実際・今後と臨床データの創薬活用 東京都
2018/1/30 海外原薬 (中国等) の安定調達と品質確保のポイント 東京都