技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

リチウムイオン二次電池のデンドライト発生機構とその観察、抑制

リチウムイオン二次電池のデンドライト発生機構とその観察、抑制

~金属Li析出過程の把握 / SEI被膜の組成・量の評価 / 長寿命化、高容量化のキーポイント~
東京都 開催

開催日

  • 2017年11月27日(月) 10時00分 17時00分

修得知識

  • 金属Li析出過程
  • SEI被膜の組成・量の評価
  • SEI被膜に関する分析技術
  • 各分析結果の解析と解釈の概要
  • 長寿命化、高容量化のポイント

プログラム

第1部 リチウム二次電池負極のデンドライト発生メカニズムとその抑制

(2017年11月27日 10:00〜11:30)

  1. リチウムイオン電池実用化の歴史的経緯
  2. デンドライトとは?
  3. 電気めっきとデンドライト
  4. デンドライト発生メカニズム
    1. 物理的条件の影響
    2. 化学的条件の影響
  5. リチウム金属電池におけるデンドライト発生と電池性能および安全性との関係
  6. リチウムイオン電池におけるリチウムデンドライトの発生
  7. デンドライト抑制対策
    1. 負極、
    2. 電解液
    3. セパレータ
    4. 電池構成
    5. 充電制御
  8. 市販リチウムイオン電池の安全性確保策
  9. 市販リチウムイオン電池のデンドライトによる市場トラブル例
  10. リチウムイオン電池の今後の展開とデンドライト
    • 質疑応答

第2部 リチウムイオン電池のリアルタイム分析技術と金属Li析出、電池内反応の計測

(2017年11月27日 12:10〜13:40)

 リチウムイオン電池の「安全性」に対し、内部短絡による発熱・発火は大きな問題となる。内部短絡を引き起こす要因の一つとして、電池内部におけるリチウム (Li) 金属の析出がある。Li 金属は針状/樹枝状の形態で電極上に析出し、有効なLi を消費して電池容量や出力特性を低下させ、電池内で成長すれば正負極の短絡を引き起こす。これらの理由から、Li 析出の抑制は重要な課題であり、メカニズム解明のため種々の析出過程をとらえる試みがなされている。一方、リチウムイオン電池は多種多様な部材で構成されている。それら個々の材料特性が相互作用し、電池特性やLi 析出といった現象となって現れるため、個別にLi 析出のみを追求しても本質を捉えることは難しい。
 本稿では、ラミネートセルの充放電リアルタイム断面観察を行うことで、電極が電池として充放電反応する瞬間を実際に見て、金属Li 析出および電池内反応の様子を計測した結果を紹介する。

  1. 測定の原理
  2. 観察方法
  3. 金属Li析出の観察
  4. Li析出を引き起こす電池内反応
  5. Li 偏在の発生
  6. 正極反応を見る
    • 質疑応答

第3部 急速充電による電極材の劣化とデンドライトの生成

(2017年11月27日 13:50〜15:20)

  1. リチウム電池の解体評価
  2. リチウム電池正極の過電圧とインピーダ ンス
  3. リチウム電池負極の過電圧とインピーダンス
  4. リチウム電池の劣化を基礎から考える ~金属リチウムの析出は害しかない~
  5. 金属Liの析出によるマイクロショートをどのように検出するか?
    • 質疑応答

第4部 SEI皮膜に着目した負極の劣化解析技術

(2017年11月27日 15:30〜17:00)

 リチウムイオン電池の負極表面に形成されるSEI被膜については、セルの容量劣化など電気特性と密接な関係があると考えられ、その組成および量の評価は材料開発の指針を得る上で重要と考えられる。
 本講演では、各種分析を用いたSEIの定性、定量的な分析結果を紹介し、分析結果の総合解析と電気特性との相関について解説する。

  1. 解体分析の概容
    1. はじめに (解体分析のニーズと弊社の取り組み)
    2. 解体分析の流れ
    3. 不活性雰囲気の適用
    4. セルの素性分析 (18650型セルの正極、負極、電解液分析)
  2. 負極の被膜分析
    1. 添加剤 (VC) の有無による負極被膜の分析
      1. 被膜の表面分析
        • XPS
        • TOF-SIMS
      2. 被膜の深さ方向分析
        • XPS
        • AES
    2. 高温保存による表面堆積物の分析
      1. 堆積物中のリチウムの化学状態分析 (固体7Li NMR)
      2. 高極性溶媒による被膜抽出分析 (1H NMR)
    3. フロート試験による負極被膜分析と電気特性の相関
      1. 負極の劣化要因とセルの電気特性評価
      2. 被膜の表面分析
        • XPS
        • TOF-SIMS
      3. 被膜の抽出分析
        • 1H NMR
        • IC
        • CZE
      4. 負極中の金属リチウムの評価
        • 固体7Li NMR
        • ESR
    • 質疑応答

講師

  • 鳶島 真一
    群馬大学 理工学部 環境創生理工学科
    教授
  • 澤木 裕子
    日立マクセル 株式会社 技術統括本部 開発本部 解析課
    主任技師
  • 仁科 辰夫
    山形大学 大学院 理工学研究科
    教授
  • 青木 健志
    株式会社 東レリサーチセンター 有機分析化学第一研究室

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2017/11/27 バッテリマネジメントとセルバランス技術 東京都
2017/11/28 薄膜の剥離メカニズムと密着性改善 東京都
2017/11/28 リチウムイオン電池の構成材料・部材および製造方法の組み合わせ技術と電池の高性能化・安全性向上 東京都
2017/11/30 リチウム電池の電極-電解液界面の安定化と可視化技術 東京都
2017/12/8 有機無機ハイブリッドにおける界面制御とコーティング材料の開発 東京都
2017/12/8 塗料、コーティング現場におけるゴミ・異物の見える化と対策ノウハウ 東京都
2017/12/8 硫化物系固体電解質 東京都
2017/12/13 固体イオニクス材料のイオン伝導機構、物性制御とその評価法 東京都
2017/12/14 リチウムイオン電池の反応機構の基礎、解析技術と反応事象原因の解明方法 東京都
2017/12/14 電子・車載・ウェアラブル機器の防水設計・規格・動向 東京都
2017/12/14 シランカップリング剤の基礎、反応メカニズムと利用・活用技術 東京都
2017/12/15 計算科学の基礎と材料設計への応用 東京都
2017/12/18 リチウムイオン電池製造におけるドライルームの運用と省エネ化 東京都
2017/12/18 リチウムイオン電池と電気自動車の最新動向と今後のビジネス・チャンス 東京都
2017/12/18 ハードコート材料の硬度・可撓性・屈折率と耐久性・密着性の向上 東京都
2017/12/19 電気化学測定によるリチウム電池の部材評価、劣化診断への活かし方 東京都
2017/12/20 粉体の基礎と微粒子コーティング・表面改質技術 東京都
2018/1/15 塗料・塗装における欠陥対策と耐候性向上の考え方 東京都
2018/1/18 リチウムイオン電池用セパレータの耐熱性、透過性向上とその評価 東京都
2018/1/18 硫化物系固体電解質の基礎、材料設計・評価と全固体電池への応用と課題 東京都