技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子絶縁破壊・劣化メカニズムとナノコンポジットによる絶縁性向上技術

高分子絶縁破壊・劣化メカニズムとナノコンポジットによる絶縁性向上技術

東京都 開催

開催日

  • 2017年8月23日(水) 10時30分 16時00分

プログラム

第1部 高分子絶縁材料の絶縁破壊・劣化メカニズム

(2017年8月23日 10:30〜12:00)

 絶縁材料には気体、液体、固体ならびにゲルさらには複合誘電体など種々のものが使用されている。ガス自体の絶縁劣化は実用上無視できるが、これ以外の材料では、物理的、化学的、機械的作用を受けて劣化が進展し、最終的には絶縁破壊に至る。
 本講演では、絶縁破壊メカニズムを説明した後、部分放電や材料 特性に着目した最新の高電圧計測について述べる。特に、最近進歩の著しい部分放電計測ならびにインパルス試験の最新動向について紹介する。

  1. 絶縁材料とは
  2. 絶縁材料の劣化メカニズム
    1. 電子的破壊 (衝突電離)
    2. 真性破壊
    3. ツェナ破壊
    4. 純熱的破壊
    5. 電気機械的破壊
  3. 液体材料の化学的作用による劣化特性
  4. 固体絶縁材料の劣化特性
    1. 部分放電劣化
    2. トリーイング現象
    3. トラッキング
  5. 高電圧試験法
    1. 部分放電計測
    2. 信号処理によるSN比の向上
    3. インパルス試験
    • 質疑応答

第2部 高周波用途に向けたコンポジット誘電体材料の材料設計

(2017年8月23日 12:45〜14:15)

  1. ポリマー/セラミックスコンポジット誘電体の材料設計
    1. 高周波誘電体デバイス用途に求められる誘電特性
    2. コンポジット誘電体材料
  2. MgO (酸化マグネシウム) をフィラーとして用いたコンポジット誘電体
    1. MgO粒径の誘電特性への影響 2.2 MgO濃度の誘電特性への影響
    2. MgO濃度の熱伝導特性への影響
  3. 異方形状を有するフィラーの活用による熱特性の向上
    1. 柱状MgOをフィラーとしたコンポジット誘電体
    2. hBN (六方晶窒化ホウ素) をフィラーとしたコンポジット誘電体
    • 質疑応答

第3部 ナノコンポジット絶縁材料の設計技術

(2017年8月23日 14:30〜16:00)

  1. 一般的なエポキシ複合絶縁材料の熱伝導性
  2. ナノコンポジット化技術
    1. ナノコンポジット材料の概要
    2. ナノ・マイクロコンポジットの特徴
      1. 熱伝導性
      2. 絶縁特性
      3. 誘電特性
    3. 短時間絶縁破壊と長時間絶縁破壊
      1. 部分放電劣化
      2. 電気トリー
    4. 導電性フィラーへのナノアルミナコーティング効果 (体積抵抗率と比誘電率)
  3. ポリマーナノコンポジットはどうやって作る?
    1. ポリマー~エポキシ樹脂
    2. フィラー
      1. アルミナ
      2. シリカ
      3. 窒化ホウ素
      4. 窒化アルミ
  4. 電気絶縁特性は向上する?
    1. 絶縁耐力
    2. 耐コロナ性
    3. 耐トリー性
  5. 熱伝導性は向上する?~熱伝導パスの有効形成~
  6. 高熱伝導性と電気絶縁性の双方向上は可能か?
    • 質疑応答

講師

  • 松本 聡
    芝浦工業大学 工学部 電気工学科
    教授
  • 今井 祐介
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 中部センター 構造材料研究部門
    主任研究員
  • 小迫 雅裕
    九州工業大学 大学院 工学研究院 電気電子工学研究系 電気エネルギー部門
    准教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2017/8/21 プラスチック成形品の強度設計と残留応力低減技術 東京都
2017/8/24 ポリイミドの材料設計、特性と応用展開 東京都
2017/8/25 次世代自動車用高分子材料の課題と展望 東京都
2017/8/28 課題解決に取り入れたいマイクロカプセル化 技術入門 東京都
2017/8/28 UV硬化型樹脂の基礎と硬化過程の測定法及び評価・解析手法 東京都
2017/8/28 異種樹脂材料の接着、接合技術と界面制御 東京都
2017/8/30 二軸押出機による溶融混練の分散・混練技術と分散パラメータの設定、品質スケールアップの考え方 東京都
2017/8/30 (二軸)押出機の(溶融)混練・分散技術の理論と実践 徹底解説セミナー 全2コース (2日間) 東京都
2017/8/30 架橋技術入門 東京都
2017/8/30 酸化防止剤 活用のコツ 東京都
2017/8/31 ガラス代替透明樹脂の耐熱性、柔軟性向上技術 東京都
2017/8/31 成形加工を理解するための高分子レオロジー入門 東京都
2017/9/4 ポリウレタンの基礎知識および高機能化技術と応用展開 大阪府
2017/9/4 樹脂・ゴム材料におけるブリード・変色・劣化のメカニズムと分析方法 大阪府
2017/9/6 ポリビニルアルコール (PVA) の構造、物性およびその応用 大阪府
2017/9/6 プラスチック表面加飾技術の最新の動向と今後の展望 大阪府
2017/9/7 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用 大阪府
2017/9/7 高分子材料の高次構造の基礎と結晶化度測定・分子構造解析 大阪府
2017/9/8 樹脂表面への (無水) マレイン酸変性による密着性・含侵性向上、その評価解析 東京都
2017/9/12 ポリマーおよび添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方 東京都