技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子絶縁破壊・劣化メカニズムとナノコンポジットによる絶縁性向上技術

高分子絶縁破壊・劣化メカニズムとナノコンポジットによる絶縁性向上技術

東京都 開催

開催日

  • 2017年8月23日(水) 10時30分 16時00分

プログラム

第1部 高分子絶縁材料の絶縁破壊・劣化メカニズム

(2017年8月23日 10:30〜12:00)

 絶縁材料には気体、液体、固体ならびにゲルさらには複合誘電体など種々のものが使用されている。ガス自体の絶縁劣化は実用上無視できるが、これ以外の材料では、物理的、化学的、機械的作用を受けて劣化が進展し、最終的には絶縁破壊に至る。
 本講演では、絶縁破壊メカニズムを説明した後、部分放電や材料 特性に着目した最新の高電圧計測について述べる。特に、最近進歩の著しい部分放電計測ならびにインパルス試験の最新動向について紹介する。

  1. 絶縁材料とは
  2. 絶縁材料の劣化メカニズム
    1. 電子的破壊 (衝突電離)
    2. 真性破壊
    3. ツェナ破壊
    4. 純熱的破壊
    5. 電気機械的破壊
  3. 液体材料の化学的作用による劣化特性
  4. 固体絶縁材料の劣化特性
    1. 部分放電劣化
    2. トリーイング現象
    3. トラッキング
  5. 高電圧試験法
    1. 部分放電計測
    2. 信号処理によるSN比の向上
    3. インパルス試験
    • 質疑応答

第2部 高周波用途に向けたコンポジット誘電体材料の材料設計

(2017年8月23日 12:45〜14:15)

  1. ポリマー/セラミックスコンポジット誘電体の材料設計
    1. 高周波誘電体デバイス用途に求められる誘電特性
    2. コンポジット誘電体材料
  2. MgO (酸化マグネシウム) をフィラーとして用いたコンポジット誘電体
    1. MgO粒径の誘電特性への影響 2.2 MgO濃度の誘電特性への影響
    2. MgO濃度の熱伝導特性への影響
  3. 異方形状を有するフィラーの活用による熱特性の向上
    1. 柱状MgOをフィラーとしたコンポジット誘電体
    2. hBN (六方晶窒化ホウ素) をフィラーとしたコンポジット誘電体
    • 質疑応答

第3部 ナノコンポジット絶縁材料の設計技術

(2017年8月23日 14:30〜16:00)

  1. 一般的なエポキシ複合絶縁材料の熱伝導性
  2. ナノコンポジット化技術
    1. ナノコンポジット材料の概要
    2. ナノ・マイクロコンポジットの特徴
      1. 熱伝導性
      2. 絶縁特性
      3. 誘電特性
    3. 短時間絶縁破壊と長時間絶縁破壊
      1. 部分放電劣化
      2. 電気トリー
    4. 導電性フィラーへのナノアルミナコーティング効果 (体積抵抗率と比誘電率)
  3. ポリマーナノコンポジットはどうやって作る?
    1. ポリマー~エポキシ樹脂
    2. フィラー
      1. アルミナ
      2. シリカ
      3. 窒化ホウ素
      4. 窒化アルミ
  4. 電気絶縁特性は向上する?
    1. 絶縁耐力
    2. 耐コロナ性
    3. 耐トリー性
  5. 熱伝導性は向上する?~熱伝導パスの有効形成~
  6. 高熱伝導性と電気絶縁性の双方向上は可能か?
    • 質疑応答

講師

  • 松本 聡
    芝浦工業大学 工学部 電気工学科
    教授
  • 今井 祐介
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 中部センター 構造材料研究部門
    主任研究員
  • 小迫 雅裕
    九州工業大学 大学院 工学研究院 電気電子工学研究系 電気エネルギー部門
    准教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/7/23 光硬化に用いられる光重合開始剤の種類、選び方、使い方、暗所・深部・厚膜硬化、速硬化への対応 東京都
2018/7/23 高分子絶縁材料およびナノコンポジットの絶縁破壊メカニズムと抑制法 東京都
2018/7/24 プラスチック成形品の強度設計と残留応力低減技術 東京都
2018/7/25 建築・住宅分野用高分子の材料開発と求められる特性、技術動向 東京都
2018/7/26 プラスチック加飾技術の新展開と最新動向 東京都
2018/7/26 自己修復材料の復元メカニズム、材料設計と高寿命化技術 東京都
2018/7/27 (二軸)押出機の(溶融)混練・分散技術の理論と実践 徹底解説セミナー 全2コース (2日間) 東京都
2018/7/27 ポリウレタンの基礎知識および高機能化技術と応用展開 東京都
2018/7/27 押出機内の樹脂挙動と(溶融)混練技術 東京都
2018/7/30 ウレタンアクリレートの構造、物性と選び方、使い方 東京都
2018/7/30 ポリマーフィルムの溶液法製造技術の基礎と実際 東京都
2018/7/31 高分子材料の熱分析と正しいデータ解釈法 東京都
2018/8/7 樹脂への意匠性付与技術と自動車への展開 東京都
2018/8/8 高分子塗膜の物性と評価・測定 東京都
2018/8/8 酸化防止剤・光安定剤 活用のコツ 東京都
2018/8/10 ヒートシールの条件設定と接着性評価 東京都
2018/8/10 熱可塑性エラストマーの技術トレンドと市場動向 東京都
2018/8/10 ポリベンゾオキサジンの基礎・分子設計と耐熱性・強靭化・柔軟性の向上 東京都
2018/8/20 UV硬化技術による影の部分の硬化技術 東京都
2018/8/21 UV硬化の基礎と不良対策 Q&A 東京都

関連する出版物

発行年月
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/6/24 車載用主機モータの絶縁技術
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/4/25 目からウロコの導電性組成物 設計指南
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2013/2/20 導電・絶縁材料の電気および熱伝導特性制御
2012/11/1 高分子の結晶化メカニズムと解析ノウハウ
2012/9/27 熱膨張・収縮の低減化とトラブル対策
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)