技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

がん悪液質における臨床診断・治療と治療薬開発

がん悪液質における臨床診断・治療と治療薬開発

東京都 開催

概要

本セミナーでは、がん悪液質について最新の基礎研究動向と、臨床現場で求められる今後の新薬像について詳解いたします。

開催日

  • 2017年8月23日(水) 10時30分 17時15分

プログラム

第1部. がん悪液質の早期診断、治療への早期介入の重要性ならびに診断を行うための種々のマーカーの把握

(2017年8月23日 10:30〜12:30)

 2016年12月、がん患者の生活の質 (QOL) 向上に資する支持・緩和療法研究の重要性を謳った「改正がん対策基本法」が公布され、それに基づく第3期がん対策推進基本計画が今夏策定の見込みである。同計画では患者本位の医療そしてがんとの共生が大きく打ち出されている。がん患者のQOL向上のために重要なものの一つががん悪液質の克服である。がん悪液質は患者のQOLを低下させるのみならず、抗がん剤などの効果も低下させる。がん悪液質は大きく前期がん悪液質、がん悪液質、そして治療不応性がん悪液質に分けられる。早期に対応することががん悪液質の症状改善を促すのに有効であることに鑑み、できるだけ早期の悪液質症状の把握が重要となる。
 本講演では、がん悪液質を予防、治療することの重要性に加え、早期把握の重要性、さらに現在用いられている症状緩和のための方法について紹介する。

  • 本邦におけるがん政策のあゆみ – From 1981 to 2017 –
  • 改正がん対策基本法の成立および公布 (2016)
  • 改正がん対策基本法に基づく第3期がん対策基本計画 (2017) の概要
  • 強く打ち出されたがん患者の生活の質 (QOL) 向上のための支持・緩和療法研究
  • がん悪液質とは?その定義ならびにヒトがん悪液質の臨床基準
  • がん悪液質で変化する数々の臨床検査データの理解
  • がん悪液質の早期発見、診断の重要性
  • ヒトがん悪液質臨床基準を満たすモデル動物を用いたがん悪液質症状の解析
  • がん悪液質症状に伴って変化する種々のマーカー
  • がん悪液質症状改善の一つとしての漢方薬、六君子湯
  • 基礎実験結果を臨床につなげるトランスレーショナルリサーチについて
  • 新規がん悪液質治療薬を開発するために必要なこととは。早期発見のためのバイオマーカーはあるか?
  • 質疑応答

第2部. 現在解っている発症原因と病態進行のメカニズム

(2017年8月23日 13:30〜15:30)

 がん悪液質は、筋肉量及び脂肪組織の減少を伴う体重の著しい減少を特徴とする多因子性の症候群である。進行がん患者の最大80%に認められ、化学療法に関連する副作用の増加、治療コンプライアンスの低下、QOLの低下と関連し、主要な死因の一つとなる。がん悪液質は原疾患の進行による避けることができない病態と一般には理解されているが、近年になり発症原因に基づいた薬物介入試験が行われるなど関心が高まっている。
 悪液質の病態は多数の臓器における複合的代謝障害と説明されている。炎症促進因子・悪液質促進因子・内分泌因子が、腫瘍、宿主、腫瘍 – 宿主間相互作用に反応して変化することに起因する。これらは、全身性炎症及び急性期反応、蛋白分解、脂肪分解、脂質動員、安静時エネルギーの増加や、蛋白合成、脂肪合成、食欲 (食欲調節ホルモンの変化に起因) の低下等、炎症性および代謝性の変化を引き起こす。本講演では、悪液質の発症原因と病態進行の機序を当センターでのデータも踏まえて解説する。

  1. がん悪液質とは何か
  2. がん悪液質の主要な機序
  3. 腫瘍由来炎症関連分子の作用
  4. 腫瘍由来悪液質促進分子の作用
  5. 全身性炎症反応
  6. 神経内分泌機能不全
  7. 代謝調節不全からみた悪液質の病因
  8. 蛋白分解
  9. 脂肪分解
  10. 腫瘍浸潤による宿主の応答
    • 質疑応答

第3部. 臨床医からみた臨床試験デザインの要件と今後求める治療法

(2017年8月23日 15:45〜17:15)

 がん悪液質は、筋肉量及び脂肪量の減少、食事摂取量低下、蛋白異化亢進を呈する疾患であり、運動機能低下、全身状態悪化、患者及び家族の精神面へのダメージなどを引き起す。これらは、がん化学療法や手術施行の弊害にもなり得るため、予後に大きな影響を及ぼす。がん悪液質治療の目的は、筋肉量 (体重) の増加、QOLの改善、運動機能の維持、がん化学療法の継続、生存期間の延長などが考えられる。現状、国内外でがん悪液質を効能・効果とした治療薬は存在しない。そのため、臨床試験におけるエンドポイントも確立していない。
 本講演では、がん悪液質の臨床像を整理した上で、がん悪液質を対象とした過去の臨床試験デザインを結果とともに紹介する。一方、薬物介入のみでは、がん悪液質治療は不十分であることから、運動療法や栄養指導を組み合わせた多方面からのアプローチを実践していく必要がある。今後求められるがん悪液質の治療法について、お話したい。

  • がん悪液質の臨床像
  • がん悪液質治療薬の臨床試験エンドポイント
    • 選択的アンドロゲン受容体モジュレーターEnobosarm
    • グレリン様作動薬Anamorelin
    • 抗IL – 1α抗体MABp1
  • 今後求めるmultimodalな治療
  • 質疑応答

講師

  • 上園 保仁
    国立研究開発法人 国立がん研究センター研究所 がん患者病態生理研究分野
    分野長
  • 光永 修一
    国立がん研究センター東病院 肝胆膵内科
    医長
  • 濱内 諭
    静岡県立静岡がんセンター 消化器内科
    医長

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2017/10/18 試験検査室における逸脱・OOS/OOT判断および対応事例とGMP査察指摘 東京都
2017/10/19 医薬品開発早期での売上予測と事業性評価 東京都
2017/10/19 医療機器開発・薬事担当者コース 東京都
2017/10/20 治験薬GMPの基礎講座 東京都
2017/10/23 無菌医薬品製造におけるPIC/S GMP対応 基礎講座 東京都
2017/10/23 GMP教育における偽証/隠蔽防止と逸脱・ヒューマンエラーを報告できる環境づくり 東京都
2017/10/23 データインテグリティの要点と具体的対応 東京都
2017/10/24 HTA (医療技術評価) での客観性のある費用対効果分析 東京都
2017/10/25 体外診断用医薬品の臨床試験と薬事申請の基礎 東京都
2017/10/25 非GLP試験における信頼性確保 東京都
2017/10/25 ICH M4EガイドラインをふまえたCTD作成と治験総括報告書の記載内容の関連性 東京都
2017/10/26 製薬企業におけるIn silico創薬の体制作りとスパコン・人工知能活用 東京都
2017/10/26 総括報告書やCTD等作成のための統計手法・結果の解釈と表現方法 東京都
2017/10/26 医薬品マーケティングにおける最適なSTP設定手法 東京都
2017/10/26 GCP実践講座 東京都
2017/10/26 「バイオ後続品 同等性担保・特性解析」 + 「品質分析試験・免疫原性評価」 (2日間) 東京都
2017/10/26 承認申請パッケージにおける海外データ利用と開発戦略 東京都
2017/10/26 バイオ後続品開発におけるCMC戦略/同等、同質性を示すための具体的戦略と同等性・同質性確保に必要な特性解析データ例 東京都
2017/10/27 バイオ/抗体医薬品における品質分析試験/不均一性評価と免疫原性評価の実際 東京都
2017/10/27 海外規制当局GMP査察対応 東京都