技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子系繊維強化複合材料の疲労破壊メカニズムと特性および耐久性向上方策

高分子系繊維強化複合材料の疲労破壊メカニズムと特性および耐久性向上方策

大阪府 開催

開催日

  • 2017年7月4日(火) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 複合材料の基礎
  • 各種F-PMCの特性
  • 複合材料の種類ごとの静的破壊メカニズム
  • 材料疲労の基礎
  • 一般材料の疲労寿命設計
  • 各種F-PMCの疲労破壊 (過程)
  • 耐久性を増す技術

プログラム

 FRPに代表されるように、高分子系繊維強化複合材料 (F-PMC) は今日大変身近な存在となっています。主としてガラス繊維を強化材とするGFRPでは、大きな漁船や数百トンの掃海艇、遊園地のボート、家庭ではバスタブなど幅広く使われています。最近では、カーボン繊維を強化材とするCFRPも航空機 (B787やA350) にフルに使われ、新聞紙上でこれらが大きな荷重を支える構造用材料として活躍している様子を見ます。これらの素材では、軽くて丈夫 (強い) 、錆びないなどの特長が喧伝されますが、耐久性について言及されることはほとんどありません。
 荷重が繰り返し作用する場合、人と同じく材料も疲労します。鉄鋼材料では明確な疲労限があり、長期間使用される構造物、機械要素では疲労限を目安に耐久性を考えた構造設計がなされます。しかし、F-PMCの場合、その形態が複雑で多様 (強化繊維の種類も多数ある、積層材の形態も多種多様) なため、代表的な疲労寿命曲線は存在しません。材料や複合材料の構造形態により破壊様相も異なります。また、疲労限も存在しません。そのため、耐久性を考えた設計そのものを合理的に進めることが難しいのが現状です。アルミ合金に替えて、プレス成形ができ、軽量で腐食にも強いカーボン繊維を使ったSMCによる自動車用ホイールは上市されなかったのでしょうか。
 F-PMCを用いた構造物、機械要素の耐久性も考えた設計、開発を行うためにはそれらの疲労損傷メカニズムを知るとともに、その特性がいろいろな要因によって影響されることを理解する必要があります。耐久性を高めるためには、それらの知識が欠かせません。本講座では、異なるF-PMCの種類ごと、疲労破壊に至る過程を示し、そのメカニズムを解説するとともに、耐久性向上の方策についても説明します。加えて、疲労寿命推定方法についても言及します。

  1. 複合材料とは?
    1. 複合材料の定義とはじまり
    2. 複合材料を分類する
      • 金属基材複合材料 (MMC)
      • セラミックス基材複合材料 (CMC)
      • 高分子系複合材料 (PMC)
    3. 高分子系繊維強化複合材料 (F-PMC)
      • 強化繊維
      • 樹脂母材
      • 副資材
      • 成形法 (作り方)
  2. 高分子系繊維強化複合材料の特性
    1. 種々のF-PMCの機械的性質
    2. 異なるF-PMC、異なる破壊
    3. 時間依存性と破壊 (時間とともに伸びる=クリープ、応力緩和)
  3. 材料と疲労 (損傷発生から破壊に至るまで)
    1. 金属材料
    2. 高分子材料
    3. 疲労しない繊維
  4. 高分子系繊維強化複合材料の疲労と破壊
    1. 各種F-PMCの疲労破壊とそのメカニズム
    2. 疲労のモニタリング
  5. F-PMCの耐久性を高める
    1. 母材樹脂の特性と疲労寿命 (耐久性に及ぼす母材性能の影響)
    2. 母材を物理的に変性する (高じん化)
    3. ナノ繊維による疲労寿命の飛躍的向上
      • CNF (セルロースナノ繊維) による母材の変性
      • 剛性の小さいナノ繊維による母材の変性
      • 剛性の高いナノ繊維 (サブミクロンガラス繊維) による母材の変性
  6. ナノ繊維はFRTP (熱可塑性線強化プラスチックス) にも役立つか?
  7. 長期耐久性を保証する?
    1. 鉄鋼材料の疲労設計
    2. Master曲線法は役に立つ?
    3. Miner則
    4. 加速試験
  8. おわりに

会場

滋慶医療科学大学院大学

9F 視聴覚大講義室

大阪府 大阪市 淀川区宮原1-2-8
滋慶医療科学大学院大学の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/9/21 人工・合成皮革の触感向上と自動車内装表皮への応用 東京都
2018/9/25 プラスチック・ゴム製品の破壊メカニズム・破面解析・破損対策・寿命予測 東京都
2018/9/25 振動・騒音対策のための材料技術と評価・設計手法 東京都
2018/9/25 濃厚系・非水系・多成分系における微粒子・ナノ粒子の分散・凝集制御技術 東京都
2018/9/25 ゴム材料の劣化機構とその対策および耐久性の評価方法 東京都
2018/9/25 原子間力顕微鏡 (AFM) の基礎とポリマー材のナノスケール力学物性評価 東京都
2018/9/26 樹脂/繊維複合材料の成形加工と繊維配向、衝撃解析 東京都
2018/9/26 高分子材料における偏光・屈折率・複屈折の基礎と光学特性制御 東京都
2018/9/27 鮮度保持包材の構造、機能発現メカニズムと開発事例 東京都
2018/9/27 高屈折率材料の設計と薄膜形成技術 東京都
2018/9/27 繊維強化複合材料の損傷・破壊と強度 東京都
2018/9/27 懸濁重合法によるポリマー粒子・ハイブリッド型微粒子の合成とプロセス最適化ノウハウ 東京都
2018/9/27 流動場での高分子結晶化挙動の基礎と成形プロセス中の結晶化解析事例 東京都
2018/9/27 機能性UV硬化樹脂設計の勘どころ 東京都
2018/9/28 ポリマーおよび添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方 (2日間) 東京都
2018/9/28 プラスチックおよびエラストマーの赤外スペクトルの読み方 東京都
2018/9/28 UV硬化の基礎と設計およびトラブル対策 東京都
2018/10/2 エポキシ樹脂の硬化剤選定と速硬化対応 東京都
2018/10/5 ポリウレタンの化学/構造・物性発現とキャラクタリゼーションノウハウ 東京都
2018/10/9 シランカップリング剤の化学反応とその処理層の分析 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/11/1 世界の炭素繊維・応用製品の市場実態と展望 2017
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/8/1 ガラスの破壊メカニズムと高強度化
2013/6/3 プラスチックのタフニングと強度設計
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/4/25 目からウロコの導電性組成物 設計指南
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書