技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

車載カメラによる走行環境認識技術およびパターン認識の基礎

車載カメラによる走行環境認識技術およびパターン認識の基礎

~物標・天候の認識、ドライバ視認状態の認識、自車位置推定など~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、画像認識の基礎から解説し、車載カメラを用いた視認状態の認識、天候の認識、自車の位置推定について事例を交えて詳解いたします。

開催日

  • 2017年5月29日(月) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • 画質改善、画像復元、超解像技術に関連する技術者、開発者、研究者
    • 超高解像テレビ、ディスプレイ
    • デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ
    • 医用画像処理、医用画像機器
    • 衛星画像処理
    • 外観検査装置、非破壊検査装置
    • 生体認証
    • 自動車、ロボットの環境認識
    • 計測制御機器、精密位置決め など
  • 信号処理に従事している技術者
  • 画像処理に従事している技術者
  • パターン認識に従事している技術者

修得知識

  • 画像認識の基礎
  • パターン認識の基礎
  • 画像・映像の高速探索
  • 車載カメラ映像の認識

プログラム

 近年、自動車の先進運転支援システムが着目されているが、それを実現するうえで重要な要素技術の一つとなるのが走行環境認識である。
 本セミナーでは、まず、車載カメラを用いた画像認識の基本的な概念を説明する。次に、物標認識、画像処理を用いた視認状態の認識、天候の認識、自車の位置推定などの事例を紹介する。最後に、パターン認識・画像認識の基礎についても解説する。

  1. 運転支援のための運転知能
    1. 運転における認知、判断、操作
    2. 高齢者の運転能力
  2. 物体の認識
    1. 認識アルゴリズムの基本
    2. 生成型学習による画像認識の高精度化
    3. オンライン学習による高精度化
    4. 過去との差分による障害物の検出
  3. ドライバ視認状態の認識
    1. 視認性推定の概要
    2. 人間の視認特性に合わせた視認性推定
  4. 天候の認識
    1. 雨滴の検出
    2. 霧の濃さの認識
  5. 自車位置推定と運転行動予測
    1. LIDARを用いる手法
    2. 空撮画像との照合による手法
    3. 画像マップとの照合による手法
    4. 画像マップのこう高品質化
    5. 視線を用いた運転行動予測
  6. パターン認識の基礎
    1. パターン認識の概要
    2. 精度評価
    3. 前処理
    4. 特徴抽出
    5. 局所特徴量
    6. 主成分分析
    7. 識別器 (ニューラルネット、SVM)
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 村瀬 洋
    名古屋大学 大学院 情報科学研究科 メディア科学専攻
    教授

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

4F 第2特別講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,600円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/6/27 データ前処理に活かす画像フィルタリングの基本と最新動向 東京都
2018/6/27 車載赤外線ナイトビジョンシステムの開発動向と技術課題および非冷却赤外線イメージセンサ技術 東京都
2018/6/29 時系列データ分析の基礎とPython, Rを用いた実務への応用 東京都
2018/7/4 研究開発業務における人工知能の導入・活用の仕方 東京都
2018/7/5 畳み込みニューラルネットワークの基礎と画像認識への応用解説 東京都
2018/7/5 センサフュージョンによる周辺環境認識と完全自動運転への応用 東京都
2018/7/6 Pythonで学ぶ機械学習入門セミナー 大阪府
2018/7/9 空中ディスプレイの表示技術と応用展開 東京都
2018/7/10 ディープラーニングを活用した画像認識と自動運転への応用 東京都
2018/7/11 SVM (サポートベクターマシン) とDeep Learningを中心とした機械学習の画像認識への応用 東京都
2018/7/11 ディープラーニングを中心とした周辺環境認識技術の開発 東京都
2018/7/12 ドライバ状態の検出・推定と自動運転への応用 東京都
2018/7/17 機械学習による画像物体認識の仕組みと最新動向 東京都
2018/7/18 外観検査・目視検査のための画像処理・AI技術の活用 東京都
2018/7/23 次世代プリンタの画像処理 東京都
2018/7/25 CMOSイメージング最新動向、機能進化とAI Vision 東京都
2018/7/26 進化的機械学習とその応用 東京都
2018/7/27 Pythonによるディープラーニング 東京都
2018/7/27 ニューラルネットワーク計算の高速化手法とその最新動向 東京都
2018/8/24 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 東京都

関連する出版物

発行年月
2017/8/10 車載テクノロジー関連製品・材料の市場動向
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2013/10/29 高効率動画像符号化方式:H.265/HEVC (High Efficiency Video Coding)
2013/8/2 HLAC特徴を用いた学習型汎用認識
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/29 3次元物体認識手法とその応用 (カラー版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/6/20 画像復元・超解像技術の基礎と応用
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2011/2/4 入門 画質改善・画像復元・超解像技術
2010/11/15 防犯・監視カメラ 技術開発実態分析調査報告書
2010/11/10 高ダイナミックレンジ画像処理技術とMATLABシミュレーション
2010/9/24 JPEG XR画像符号化方式と性能評価
2010/2/22 画像理解・パターン認識の基礎と応用