技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

3次元物体認識手法とその応用 (カラー版)

3次元物体認識手法とその応用 (カラー版)

ご案内

 本書はとくにShape from ShadingやPhotometric Stereoに代表される画像の明るさ解析を中心に、仮定や制約の緩和を目的として、3次元情報を復元するための近年の理論と方法論をまとめるとともに、コンピュータビジョンの応用として、種々の応用を目標とした解析方法ならびにその例を紹介するものである。
 方法論は目的に応じて異なるものでもあるため、紹介する方法論を比較してそれらの良し悪しを議論するものではなく、実際の目的をベースとした方法論を考え、それに対する実用的な結果を導くための考え方を事例として紹介するものである。 (「まえがき」より)

目次

第1章 3次元復元技術の概要

  • 1 ステレオビジョン
  • 2 Shape from Shading
  • 3 Photometric Stereo
  • 4 Shape from Texture
  • 5 Shape from Motion
  • 6 Shape from Defocus

第2章 3次元画像認識の処理

  • 1 単眼画像からの3次元復元
    • 1.1 形状パラメータ
    • 1.2 カメラ投影モデル
    • 1.3 画像の照度方程式
  • 2 面の反射率と反射特性の推定
    • 2.1 照度差ステレオ
    • 2.2 経験的照度差ステレオ
    • 2.3 二色性反射モデル
  • 3 ニューラルネットの3次元復元応用技術
    • 3.1 NNベース照度差ステレオ
    • 3.2 カラー反射率の復元
    • 3.3 傾き分布の復元
    • 3.4 復元結果例
  • 4 画像生成技術としての計算フォトグラフィ
    • 4.1 仮想画像生成の原理
    • 4.2 NNベースレンダリング
    • 4.3 学習データの生成方法
    • 4.4 仮想画像生成例

第3章 3次元画像認識技術の応用

  • 1 局所曲面の状態推定
    • 1.1 ガウス曲率符号の復元
    • 1.2 局所曲面の種類
    • 1.3 ガウス曲率の相対的大きさ分布復元
    • 1.4 復元精度向上手法
    • 1.5 復元結果例
  • 2 セルフキャリブレーション
    • 2.1 2自由度の回転
    • 2.2 復元結果例(1)
    • 2.3 1自由度の回転
    • 2.4 アイコナール方程式
    • 2.5 Fast Marching Methodの利用
    • 2.6 複数カラー反射率をもつ物体への応用
    • 2.7 Lambert化画像生成
    • 2.8 復元結果例(2)
  • 3 ヘシアンフィルタによる曲面認識技術
    • 3.1 ポリープ検出の位置づけ
    • 3.2 エッジ情報の利用
    • 3.3 学習データの作成
    • 3.4 特徴量選択とバギング
    • 3.5 ヘシアンフィルタによる候補領域抽出
    • 3.6 ヘシアンフィルタでの特徴量取得
    • 3.7 検出結果例
  • 4 内視鏡画像からの3次元復元
    • 4.1 形状復元の位置づけ
    • 4.2 観測系システム
    • 4.3 拡散反射の方程式
    • 4.4 点光源・透視投影での反復解法
    • 4.5 鏡面反射成分の抽出と除去
    • 4.6 カラー反射率のセグメンテーション
    • 4.7 反射率の吸収と一様化
    • 4.8 ポリープの形状復元例
  • 5 走査型電子顕微鏡画像からの3次元復元
    • 5.1 反射特性関数
    • 5.2 回転軸の利用
    • 5.3 エネルギー関数の設定
    • 5.4 初期設定と最適化
    • 5.5 復元結果(1)
    • 5.6 FMMの利用
    • 5.7 NNを利用した輝度分布の補正
    • 5.8 復元結果(2)

執筆者

岩堀 祐之

中部大学
工学部
情報工学科

教授

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5判 130ページ

発行年月

2013年3月

販売元

tech-seminar.jp

価格

55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/5/29 畳み込みニューラルネットワーク (CNN) を用いたノンリファレンス型画像品質評価 オンライン
2020/6/5 畳み込みニューラルネットワークの基礎と画像認識への応用・判断根拠の理解 オンライン
2020/6/9 OpenCV4を用いた画像処理プログラミング入門 東京都
2020/6/11 CMOSデジタルイメージセンサ/コンピュータビジョンの最新技術動向 オンライン
2020/6/12 次世代カメラの画像処理 東京都
2020/6/12 自動外観検査の要素技術と運用ノウハウ オンライン
2020/6/18 Azure Kinectと距離画像センサの測距原理、3Dセンサの応用 東京都
2020/6/19 ディープラーニングによる異常検知の基礎と外観検査への応用 東京都
2020/6/23 デジタル画像相関法による2次元および3次元表面変位・ひずみ測定 東京都
2020/6/29 画像認識のためのパターン認識・機械学習の基礎と深層学習 東京都
2020/6/29 時系列データ、言語データ、画像データに対する機械学習のための前処理 オンライン
2020/7/3 ウェアラブルデバイス/センシングの基礎知識・開発技術動向と今後の応用展開 東京都
2020/7/15 画像データ前処理に活かす画像フィルタリングの基本と最新動向 東京都
2020/7/21 自動運転・運転支援における環境認識技術 東京都
2020/7/21 パーティクルフィルタの基礎と人物追跡、SLAM、移動ロボットへの応用 東京都
2020/7/22 外観検査・目視検査自動化のための画像処理・AI技術の活用 東京都
2020/7/31 ディープラーニングによる異常検知の基礎と外観検査等への応用 東京都
2020/8/30 カメラキャリブレーション技術入門 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2013/10/29 高効率動画像符号化方式:H.265/HEVC (High Efficiency Video Coding)
2013/8/2 HLAC特徴を用いた学習型汎用認識
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/6/20 画像復元・超解像技術の基礎と応用
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2011/2/4 入門 画質改善・画像復元・超解像技術
2010/11/15 防犯・監視カメラ 技術開発実態分析調査報告書
2010/11/10 高ダイナミックレンジ画像処理技術とMATLABシミュレーション
2010/9/24 JPEG XR画像符号化方式と性能評価
2010/2/22 画像理解・パターン認識の基礎と応用
2009/9/16 H.264 / MPEG-4 AVC 拡張規格・応用例・最新動向