技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

核酸医薬品の修飾技術の開発

核酸医薬品の修飾技術の開発

~オリゴマーの簡易修飾法・特許戦略~
東京都 開催

開催日

  • 2017年5月29日(月) 10時30分 16時30分

プログラム

第1部. 核酸医薬の修飾技術動向

(2017年5月29日 10:30〜12:00)

 核酸医薬とは何かについて概説する。まず、現在認可されている核酸医薬についてそれぞれのメカニズムなどについて紹介する。さらに今後有望な核酸医薬の標的についても紹介する。これらの方法論の効率向上を目指した修飾技術についても紹介する。

  1. 核酸医薬とは
  2. 現在認可されている核酸医薬の化学構造とメカニズム及び対象疾患
  3. 今後開発が期待される核酸医薬の標的とメカニズム
  4. 化学修飾核酸
    • 質疑応答

第2部. 核酸オリゴマーの簡便修飾技術の開発とその応用

(2017年5月29日 13:00〜14:30)

 銅触媒を用いたアジドと末端アルキンとの付加環化反応 (Copper-catalyzed azide-alkyne cycloaddition; CuAAC) は、様々な機能性分子を簡便に連結できることから、幅広い分野で利用されている。しかし、CuAACで一般的に用いられる条件下では、核酸オリゴマーの酸化的分解が併発するため、配位子を共存させる必要がある。
 我々は、配位子不要で室温で効率的に進行し、DNA、RNAを問わず、任意の核酸オリゴマーの簡便標識化を可能とするCuAACを開発した。本講演ではこれらを中心に紹介する。

  1. 核酸医薬
    1. 核酸医薬とは
    2. 核酸医薬開発の動向
  2. 核酸オリゴマーの簡便修飾法の開発
    1. 末端アルキン含有核酸の開発
    2. CuAACを用いた核酸オリゴマーのPET標識化
    3. CuAACを用いた核酸オリゴマーの高機能化
    4. 高機能性短鎖RNAの創製
    • 質疑応答

第3部. 核酸修飾技術の特許戦略

(2017年5月29日 14:45〜16:30)

  1. 核酸医薬特許の現状
  2. 核酸医薬特許の出願戦略
  3. 核酸医薬特許の活用戦略
  4. 核酸医薬特許の今後の課題
    • 質疑応答

講師

  • 永次 史
    東北大学 多元物質科学研究所 分子機能制御研究分野
    教授
  • 喜多村 徳昭
    岐阜大学 工学部
    助教
  • 加藤 浩
    青山特許事務所
    顧問弁理士

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/4/26 がん分子標的治療薬の選定基準と求める薬剤プロファイル 東京都
2018/4/26 医薬品Real World Data (RWD) 導入のポイントと活用事例 東京都
2018/4/26 末梢神経障害の予防も含めた治療と薬剤開発 東京都
2018/4/26 治験における安全性情報収集と取扱い明確化のポイント 東京都
2018/4/26 原薬製造スケールアップにおけるスケール変更に伴うスケール依存因子/トラブル事例と品質同等性およびパラメータ設定方法 東京都
2018/4/26 後発医薬品を含む医療用医薬品のCTD作成上の留意点とMF作成上の留意点 東京都
2018/4/26 CTD作成コース「一変時のCTD作成」「後発医薬品CTD・MF作成」 (2日間) 東京都
2018/4/27 日本版にむけたGDP対応と保管・温度管理/輸送バリデーションの実際 東京都
2018/4/27 CTD等の承認申請関連文書の作成に関わる英文メディカルライティング入門 東京都
2018/4/27 医薬品包装における日・欧・米3極薬局方の相違点と必要な試験法 東京都
2018/4/27 規格要求を満足するEOG滅菌バリデーションと日常管理 東京都
2018/4/27 当局の無通告査察への対応とデータ・作業の信頼性/GMP文書・記録管理 東京都
2018/5/11 体外診断用医薬品の日欧米で行う保険適用申請戦略 東京都
2018/5/15 核酸医薬品開発成功へのポイントと取り組みのコツ 東京都
2018/5/15 海外導入品におけるCMC申請資料作成、審査時の対応に関する留意点 京都府
2018/5/15 ICH-E6 (R2) /GCPリノベーション (刷新) で要求されるグローバルスタンダードの臨床試験 (治験・臨床研究) 品質マネジメントシステム (QMS) の構築 京都府
2018/5/15 MR・MSL・学術担当者を対象にした医学統計入門 東京都
2018/5/15 バイオ医薬品 「MSB/WSB管理」「特性解析・品質管理」コース 京都府
2018/5/15 バイオ医薬品におけるマスターセルバンク・ワーキングセルバンク作製・管理と更新方法・必要試験項目 京都府
2018/5/16 PIC/S GMPをふまえたURS記載事例と設備適格性評価/判定基準設定 京都府