技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

慢性腎臓病における診断、治療の実際と期待される新薬像

慢性腎臓病における診断、治療の実際と期待される新薬像

東京都 開催

概要

本セミナーでは、慢性腎臓病について現在の薬物療法の現状と共に、期待される新規治療薬展望について解説いたします。

開催日

  • 2017年5月29日(月) 13時00分 16時30分

修得知識

  • CKD診療の実態と課題
  • 腎炎・ネフローゼ症候群診療の実態と課題
  • 末期腎不全診療の実態と課題

プログラム

 慢性腎臓病 (CKD) は、本邦では1330万人もの患者がいると想定され、まさに国民病とも言える。病期が進行すると、透析や腎移植といった腎代替療法が必要となる。加えて、末期腎不全に至る前のCKDであっても心臓病や脳卒中を発症する危険性が高まることが明らかになっている。
 しかし、現状ではCKDを治す力のある治療は存在しない。腎炎・ネフローゼ症候群に関しては、治療法が進歩してきているが、感染症死などまだまだ課題は多い。我が国の末期腎不全診療に関しては、血液透析が圧倒的に多く、腹膜透析が極端に少ないという問題が存在する。腎移植はさらに少ない。
 このような腎臓病診療に関わる課題を解決することは我が国の医療における最優先課題のひとつと考える。

  1. はじめに
  2. 慢性腎臓病CKD診療の実態と課題
    1. CKD診療を推進する意義
    2. CKDの早期発見と専門医への紹介
    3. CKDにおける降圧療法
    4. 糖尿病性腎症の診断と治療
    5. CKDに対する新規治療薬開発への期待
  3. 腎炎・ネフローゼ症候群診療の実態と課題
    1. 腎炎・ネフローゼ症候群とは
    2. 腎炎・ネフローゼ症候群の診断と治療
    3. 腎炎・ネフローゼ症候群診療に関する課題
    4. 腎炎・ネフローゼ症候群に対する新規治療薬開発への期待
  4. 末期腎不全診療の実態と課題
    1. 我が国における末期腎不全治療の実態
    2. 腹膜透析はなぜ増えないのか?
    3. 腎移植はなぜ増えないのか?
  5. 腎臓病診療に関する未来展望
    • 質疑応答

会場

商工情報センター カメリアプラザ

9F 会議室

東京都 江東区 亀戸2-19-1 カメリアプラザ 9F
商工情報センター カメリアプラザの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/4/23 核酸医薬品承認取得にむけた安全性/品質評価、製造・臨床の実際と申請に必要なデータ 東京都
2018/4/23 FDA査察対応セミナー (入門編 + データインテグリティ編) 東京都
2018/4/23 バイオ医薬品における原薬・製剤の品質保証 (製造管理及び品質管理) 東京都
2018/4/23 FDA査察対応セミナー (入門編) 東京都
2018/4/23 エンドトキシン試験の実際と品質管理のポイント 東京都
2018/4/24 微生物同定の基礎知識と検査のポイント 東京都
2018/4/24 医薬品製造現場で起こる交叉汚染の原因と対策 東京都
2018/4/24 医薬品の外観目視検査における要求品質の明確化と異物低減対策 東京都
2018/4/24 FDA査察対応セミナー (データインテグリティ編) 東京都
2018/4/24 創薬過程におけるヒト代謝物の安全性評価・データ蓄積と申請戦略 東京都
2018/4/25 改訂版EU-GMP Annex 1 (無菌製品の製造) の留意点と査察に向けた重要事項の解説 東京都
2018/4/25 バイオ医薬品の原薬製造における洗浄バリデーションとその評価 東京都
2018/4/25 CTD作成コース「一変時のCTD作成」「後発医薬品CTD・MF作成」 (2日間) 東京都
2018/4/25 一変時のCTD作成/適切な記載と照会事項対応のポイント 東京都
2018/4/26 がん分子標的治療薬の選定基準と求める薬剤プロファイル 東京都
2018/4/26 医薬品Real World Data (RWD) 導入のポイントと活用事例 東京都
2018/4/26 末梢神経障害の予防も含めた治療と薬剤開発 東京都
2018/4/26 治験における安全性情報収集と取扱い明確化のポイント 東京都
2018/4/26 原薬製造スケールアップにおけるスケール変更に伴うスケール依存因子/トラブル事例と品質同等性およびパラメータ設定方法 東京都
2018/4/26 後発医薬品を含む医療用医薬品のCTD作成上の留意点とMF作成上の留意点 東京都