技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

慢性腎臓病における診断、治療の実際と期待される新薬像

慢性腎臓病における診断、治療の実際と期待される新薬像

東京都 開催

概要

本セミナーでは、慢性腎臓病について現在の薬物療法の現状と共に、期待される新規治療薬展望について解説いたします。

開催日

  • 2017年5月29日(月) 13時00分 16時30分

修得知識

  • CKD診療の実態と課題
  • 腎炎・ネフローゼ症候群診療の実態と課題
  • 末期腎不全診療の実態と課題

プログラム

 慢性腎臓病 (CKD) は、本邦では1330万人もの患者がいると想定され、まさに国民病とも言える。病期が進行すると、透析や腎移植といった腎代替療法が必要となる。加えて、末期腎不全に至る前のCKDであっても心臓病や脳卒中を発症する危険性が高まることが明らかになっている。
 しかし、現状ではCKDを治す力のある治療は存在しない。腎炎・ネフローゼ症候群に関しては、治療法が進歩してきているが、感染症死などまだまだ課題は多い。我が国の末期腎不全診療に関しては、血液透析が圧倒的に多く、腹膜透析が極端に少ないという問題が存在する。腎移植はさらに少ない。
 このような腎臓病診療に関わる課題を解決することは我が国の医療における最優先課題のひとつと考える。

  1. はじめに
  2. 慢性腎臓病CKD診療の実態と課題
    1. CKD診療を推進する意義
    2. CKDの早期発見と専門医への紹介
    3. CKDにおける降圧療法
    4. 糖尿病性腎症の診断と治療
    5. CKDに対する新規治療薬開発への期待
  3. 腎炎・ネフローゼ症候群診療の実態と課題
    1. 腎炎・ネフローゼ症候群とは
    2. 腎炎・ネフローゼ症候群の診断と治療
    3. 腎炎・ネフローゼ症候群診療に関する課題
    4. 腎炎・ネフローゼ症候群に対する新規治療薬開発への期待
  4. 末期腎不全診療の実態と課題
    1. 我が国における末期腎不全治療の実態
    2. 腹膜透析はなぜ増えないのか?
    3. 腎移植はなぜ増えないのか?
  5. 腎臓病診療に関する未来展望
    • 質疑応答

会場

商工情報センター カメリアプラザ

9F 会議室

東京都 江東区 亀戸2-19-1 カメリアプラザ 9F
商工情報センター カメリアプラザの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2017/9/26 原薬を変更する際の留意点と同等性評価のポイント 東京都
2017/9/26 開発段階における治験薬 (治験薬用原薬) の品質保証 東京都
2017/9/26 バイオ原薬製造でのスケールアップとデータの取り方 東京都
2017/9/26 試験室における国内当局査察指摘事項と対応 東京都
2017/9/26 費用対効果評価分析・データの処理の仕方とHTAを見据えた薬価戦略・再算定 東京都
2017/9/26 グローバル開発での日本人が理解しにくいGlobal Auditor/ Inspectorの質問・コメントとその意図 東京都
2017/9/27 医療機器開発・薬事担当者コース 東京都
2017/9/27 「GMP対応/パラメータ検討」 + 「開発初期スケールアップ/製造コスト・原価計算」 (2日間) 東京都
2017/9/27 GMPに対応したスケールアップ/成功率を上げる為の開発工程の工夫とパラメータ設定/許容値幅検討 東京都
2017/9/28 グローバルSOP作成コースセミナー (2日間) 東京都
2017/9/28 GMP対応工場 「建設・設備計画/設計」「日常点検・保全」コース (2日間) 東京都
2017/9/28 ICH-GCP要求をふまえたはじめてのグローバルSOP作成 東京都
2017/9/28 GMP対応工場 (増築・新規構築) における建設計画/設計・設備計画/設計の要注意点とURS項目の具体的内容 東京都
2017/9/28 治験 (臨床試験) 総括報告書および関連文書の作成とレビューテクニック 東京都
2017/9/29 ICH-GCP改訂で要求される臨床試験QMSにおけるSOPの新しいあり方 東京都
2017/9/29 GMP対応工場の設備・機器における維持管理・保守点検と保全計画の立て方、手順書化 東京都
2017/9/29 効果的な洗浄バリデーションのポイントと査察対応 東京都
2017/9/29 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点と解決 東京都
2017/9/29 医薬品製造環境における適切なモニタリング管理 東京都
2017/9/29 オイルゲルの基礎と使用感触・製品安定性のコントロール 東京都