技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ドライバ視線・視覚特性とその評価、車載HMIへの応用

ドライバ視線・視覚特性とその評価、車載HMIへの応用

東京都 開催

概要

本セミナーでは、ヒトの視覚認知のメカニズムから眼球・瞳孔運動の測定条件の設定指針、個人差による精度のばらつきの対応まで詳解いたします。

開催日

  • 2017年5月12日(金) 10時30分 16時00分

修得知識

  • 眼球運動を基本とした計測手法の基礎知識
  • 眼球運動に基づくドライバ状態の検出手法の基礎知識
  • 眼球運動に基づくドライバ状態評価手法の動向

プログラム

第1部 ヒトの視覚認知・情報処理メカニズム

(2017年5月12日 10:30〜12:00)

  1. 視覚処理の機能的枠組み
    1. 視覚の目的
    2. 無意識的推論
  2. 眼球光学系と視力
    1. 眼球の構造
    2. 光受容体
    3. 網膜の構造
    4. 脳内の視覚処理
  3. 空間特性
    1. 視力
    2. コントラスト感度
    3. 空間周波数特性
    4. 空間周波数特性の変化
  4. 時空間特性
    1. 時間周波数特性
    2. 時空間周波数特性
  5. 視覚研究の応用
    1. 画像の空間周波数
    2. 視覚的注意モデル
    • 質疑応答

第2部 眼球・瞳孔運動による自動車ドライバの状態検知技術

(2017年5月12日 12:45〜14:15)

 ドライバ状態をセンシングする技術のニーズが高まっています。その中で、非接触のカメラ方式のセンシングシステムの期待が高まっています。
 本講座では、ドライバの「目の動き」の観点から、ドライバ状態検出手法の現状を紹介すると共に、どのように評価を行うか、実際の研究事例を元に説明します。

  1. はじめに (ドライバ状態センシング技術のニーズ)
  2. 様々なセンサとの比較?何故「眼球運動」か?
  3. 眼球・瞳孔運動によるドライバ状態評価・検知手法?開発事例から探る?
    1. 視線挙動 (アイマークレコーダ)
    2. 眼電位
    3. 画像処理
  4. 解析手法
    1. 視線挙動 (アイマークレコーダ)
    2. 眼電位
    3. 画像処理
  5. 眼球運動による検出の問題点?「意識の脇見」
  6. 瞳孔の情報から何がわかるか?
  7. 研究事例の紹介
    1. ドライバ漫然状態検出研究
    2. 自動運転におけるヒューマンファクタ
    3. その他の事例
  8. まとめ
    • 質疑応答

第3部 生理光学の立場から見たヘッドアップディスプレイの安全性

(2017年5月12日 14:30〜16:00)

 自動車用ヘッドアップディスプレイ (headupdisplay:HUD) は、自動車運転中の正面に近い位置かつ遠方に情報を提示できることから、注視対象に向ける眼球運動量が少なく、かつ眼の焦点調節に要する時間を短縮できる。したがって、視認時間が短くなり、交通事故や眼疲労の低減が期待できる。
 本講演では、前半にHUDの生理学的安全性を述べ、後半は、加齢に伴う視覚変化に関する知識、生体計測技術、ユーザビリティのノウハウなどを活かし、視覚的ニーズに応じるための理想的なデザインである「視覚中心設計」について、事例とともに紹介する。

  1. 生理光学の観点からヘッドアップディスプレイが求められる背景
  2. ヘッドアップディスプレイ使用時の生理光学
    1. ヘッドアップディスプレイの視線と視認時間
    2. ヘッドアップディスプレイの虚像提示位置と調節・瞳孔反応
  3. ヘッドアップディスプレイの生理的観点から見た安全性
  4. ヘッドアップディスプレイに関する既報
  5. 視覚の観点からヘッドアップディスレイに今後求められるもの
  6. 視覚中心設計を考える
    1. 正面に近く,焦点調節が少ない
    2. 適度な眼球収差
    3. 加齢変化を考慮する
    4. 対象物が明るく,大きく,鮮明
    5. 無意識を意識する
  7. おわりに
    • 質疑応答

講師

  • 塩入 諭
    東北大学 工学部 システム情報科学専攻 情報科学研究科
    教授
  • 荒川 俊也
    愛知工科大学 工学部 機械システム工学科
    教授
  • 川守田 拓志
    北里大学 医療衛生学部 視覚機能療法学専攻
    准教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2017/10/24 ADAS/自動運転時代のコックピットHMI 東京都
2017/10/25 脳活動センシングとその産業応用 東京都
2017/10/25 車載パワーデバイスの開発状況と技術動向予測 東京都
2017/10/26 バイオセンサ、バイオデバイスの最新動向と製品開発への応用 東京都
2017/10/30 次世代自動車における空調システム・熱マネジメントへの要求と改善 東京都
2017/10/31 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載用半導体信頼性認定ガイドライン 東京都
2017/11/1 脳情報解読技術を用いた新産業の創出 東京都
2017/11/6 自動車が脱石油へ 自動車産業がエンジンから電気に舵を切った 東京都
2017/11/9 自動車分野の振動騒音対策 大阪府
2017/11/10 自動車ヘッドランプの開発方向性と関連部材への要求特性 東京都
2017/11/10 自動車軽量化・マルチマテリアル化技術の最新動向と将来展望 東京都
2017/11/14 車載用バッテリー充電器 (OBC) の最新技術動向とSiC/GaNパワー半導体の応用事例 愛知県
2017/11/16 車載ミリ波レーダー/対応材料 最前線 東京都
2017/11/16 車載ディスプレイの開発動向と自動車コックピットHMIの近未来 東京都
2017/11/17 自動車用遮音・吸音材料の適用方法と車室内における騒音対策 東京都
2017/11/17 脳波計測の基礎から産業応用を目指した研究解説 東京都
2017/11/20 センサフュージョンのための状態推定アルゴリズム解説と自動車の自動運転への展開 東京都
2017/11/22 自動車における排熱回収・利用技術の動向と課題・展望 東京都
2017/11/27 自動車用センサ技術のすべて 東京都
2017/11/28 においの官能評価とその見える化方法 東京都