技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

マルチスケール / マルチフィジックス計算科学シミュレーション技術と材料開発への応用

燃料電池 / 水素貯蔵 / 太陽電池 / 自動車用二次電池における

マルチスケール / マルチフィジックス計算科学シミュレーション技術と材料開発への応用

東京都 開催 個別相談付き

概要

本セミナーでは、燃料電池・水素貯蔵・太陽電池・自動車用二次電池といった特に材料開発に大きなブレイクスルーが求められるエネルギー分野について、計算科学を活用した材料設計の成功例について解説いたします。

開催日

  • 2017年4月28日(金) 11時00分 16時00分

プログラム

 最近の計算科学の発展は目覚しく、計算科学を十分に活用できるかどうかが、企業における材料開発の成否を分ける重要な鍵となりつつあります。特に、企業においても、試行錯誤的な実験研究から、理論に基づく高精度な材料設計への研究方針の転換が求められています。
 そこで本講演では、燃料電池、水素貯蔵、太陽電池、自動車用二次電池といった特に材料開発に大きなブレイクスルーが求められるエネルギー分野について、計算科学を活用した材料設計の成功例を紹介します。聴講者の方には、計算科学をいかに実際の企業における材料開発に応用可能であるか、どうすれば計算科学を有効に活用できるのかの基礎を理解して頂けるものと考えています。

  1. 企業における計算科学の意義と活用方法
    1. 企業における計算科学の意義
    2. コンビナトリアル計算科学による高速スクリーニング
    3. 計算科学による特許戦略
    4. 計算科学を活用した産学連携
  2. 計算科学による実践的材料設計
    1. 固体高分子形燃料電池への応用
    2. 固体酸化物形燃料電池への応用
    3. 水素貯蔵材料への応用
    4. 太陽電池への応用
    5. 自動車用二次電池への応用
    6. その他材料設計への応用
  3. 計算科学の今後の発展
    1. マルチフィジックス計算科学
    2. マルチスケール計算科学
  4. 質疑応答・名刺交換・個別相談

講師

  • 久保 百司
    東北大学 金属材料研究所 計算材料学センター
    センター長 / 教授

会場

オームビル
東京都 千代田区 神田錦町3-1
オームビルの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,000円 (税別) / 49,680円 (税込)
1口
: 56,000円 (税別) / 60,480円 (税込) (3名まで受講可)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/7/24 自動車の電動化に向けた、SiCパワーデバイス・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 東京都
2019/7/24 クルマのEV化・自動運転化および、モビリティサービス化 (CASE/MaaS)を実現する技術・事業戦略 東京都
2019/7/24 インピーダンス測定の基礎とリチウムイオン電池解析への活用 東京都
2019/7/25 環境発電/エネルギーハーベスティング技術の応用・実用化とデバイス開発動向 東京都
2019/7/25 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載用半導体信頼性認定ガイドライン 東京都
2019/7/25 全固体電池・固体電解質の開発動向と界面現象への取り組み 東京都
2019/7/25 EVをはじめとした次世代自動車の最新動向とリチウムイオン電池原料の今後 東京都
2019/7/26 マテリアルズインフォマティクスの基盤となる「計算科学シミュレーション技術」 東京都
2019/7/26 マテリアルズ・インフォマティクスの基礎と活用 東京都
2019/7/29 固体イオニクス材料の基礎とデバイスの評価・解析方法 東京都
2019/7/29 リチウムイオン電池 液漏れに至るメカニズムとその対策 東京都
2019/7/30 自動車用接着剤の要求特性と設計・開発技術 東京都
2019/7/31 自動車HMIの要求特性と車載情報機器の設計 東京都
2019/7/31 人工皮革・合成皮革の入門講座 東京都
2019/8/1 自動車内装用高触感材料の開発と触感性評価 東京都
2019/8/5 自動運転へ向けたHMIの開発動向とヒューマンファクター 東京都
2019/8/5 インピーダンス測定・解析 東京都
2019/8/7 マテリアルズインフォマティクスの中核をなす計算科学シミュレーション技術 東京都
2019/8/7 自動車における異材接合の現状・課題と将来展望 東京都
2019/8/8 次世代自動車パワートレーンの省燃費、電動化技術とそのロードマップ、将来予測 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場