技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

微粒子分散ラジカル重合の基礎と重合速度及びポリマー粒子径/分布の制御

微粒子分散ラジカル重合の基礎と重合速度及びポリマー粒子径/分布の制御

~乳化・懸濁重合とその応用重合法まで~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、望ましい直径とその分布を有するポリマー微粒子を、望ましい速度で調製するための基礎を解説いたします。
また、乳化重合・懸濁重合を中心に、ミニエマルション重合、マイクロエマルション重合、ソープフリー乳化重合、分散重合、シード重合などの応用法についても解説いたします。

開催日

  • 2017年3月30日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 乳化重合に関連する技術者、研究者
    • 塗料
    • 繊維処理剤
    • 接着剤 など

修得知識

  • 微粒子分散の基礎
  • 微粒子分散の安定化
  • 高分子製造速度(重合反応速度)の制御
  • 生成される微粒子の直径・分布の制御
  • 応用重合法
    • 乳化重合
    • 懸濁重合
    • ミニエマルション重合
    • マイクロエマルション重合
    • ソープフリー乳化重合
    • 分散重合
    • シード重合

プログラム

 本講座では乳化重合などの微粒子が分散した系でのラジカル重合における高分子製造速度、すなわち重合反応速度と、生成される微粒子の直径およびその分布を制御するための基本的な考え方を解説します。
 乳化重合などの、微粒子が分散した系でのラジカル重合では、高分子 (樹脂) 製造速度が、塊状重合や溶液重合などの均相系重合に比べて高くなる場合が多く、大量生産に有効です。また高分子の微粒子が分散したラテックスを直接得ることができます。特に最近は機能性物質や薬剤を内包したマイクロカプセルなど機能性微粒子材料を得るための方法として利用されつつあります。
 微粒子の直径およびその分布を制御することで高分子微粒子の機能性を高めることが可能になるかもしれません。

  1. 微粒子を形成するラジカル重合の分類と反応時の系の状態変化
    1. 懸濁重合とミニエマルション重合
    2. 分散重合とソープフリー乳化重合
    3. 乳化重合とマイクロエマルション重合
      ~期間I、II、IIIと粒子数およびモノマー濃度の経時変化
  2. 微粒子分散系ラジカル重合における重合速度の定式化と制御
    1. 重合速度の表記法
    2. モノマー滴や高分子微粒子の大きさが重合速度に及ぼす影響
    3. 含まれる素反応と物質移動現象
    4. 重合速度の理論的導出方法と近似解
    5. 粒子内平均ラジカル数の挙動とそれが意味するもの
    6. 重合速度の制御方針
  3. 生成粒子数と粒子直径の制御 (約1ミクロン以下)
    1. 粒子数と粒子直径の関係
    2. モノマーおよび乳化剤の性質による粒子数の開始剤濃度、乳化剤濃度、モノマー仕込量への依存性の差異
    3. 上記依存性の理論的解釈
    4. 粒子径分布を狭くするための方針
  4. 懸濁重合・ミニエマルション重合における粒子径制御 (1ミクロン以上)
    1. 攪拌法・攪拌条件と液滴調整法 (マイクロチャネル法も)
    2. 分散安定化の方法 (分散安定剤とハイドロホーブ)
    3. 転相乳化とその利用
  5. 乳化重合とその応用法における粒子径制御
    1. マイクロエマルション重合 (要望があれば、重合速度と粒子径分布の推算方法も)
    2. ソープフリー乳化重合による粒子径分布の狭い粒子の形成
    3. その他 (分散重合、シード重合など)
    • 質疑応答

以下の内容は、セミナー当日、皆様の聴講目的を伺った上で、ご要望があれば解説いたします。

数値シミュレーションによる重合率の時間変化の予測

  • 粒子内モノマー濃度
  • 粒子発生
  • シミュレーション結果の具体例
  • 共重合の取り扱い

講師

  • 鈴木 清
    福井大学 大学院 工学研究科 材料開発工学専攻 化学工学研究室
    准教授

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第1講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2017/5/9 リチウム電池用導電助剤の分散性の向上技術 東京都
2017/5/10 プラスチックレンズ用樹脂の高耐熱、高屈折率化と成形加工技術 東京都
2017/5/15 高分子材料の衝撃特性解析および耐衝撃性向上 東京都
2017/5/17 有機溶媒/樹脂中における微粒子の分散技術と不良対策 京都府
2017/5/18 エポキシ樹脂における硬化剤の選定技術と高機能化 東京都
2017/5/18 溶解パラメーター (SP値) の基礎とポリマーの溶解性 東京都
2017/5/18 高品質スクリーン印刷技術の基礎と条件・プロセスの最適化およびトラブルシューティング 京都府
2017/5/19 高分子系材料の選択技術と基本的理解 東京都
2017/5/19 プラスチック表面処理の基礎と接着性・密着性の改善ノウハウおよび表面処理状態の確認 東京都
2017/5/22 自動車用防振ゴムの劣化メカニズムと耐久性試験・寿命予測 東京都
2017/5/22 高分子膜 / フィルムの気体・蒸気の透過特性及び高バリア性発現メカニズムの基礎と応用 東京都
2017/5/22 ゲル化剤・増粘剤の基礎・特性・評価法 東京都
2017/5/23 粉粒体の固結メカニズムと流動性の向上、評価 東京都
2017/5/24 自動車内装におけるデザイン性向上と質感、高級感を付与するプラスチック加飾技術 東京都
2017/5/25 高分子材料の耐久性解析方法とその寿命予測、及び改善手法 東京都
2017/5/25 エポキシ樹脂の基礎、硬化剤の使い方・考え方 東京都
2017/5/25 乳化重合のメカニズムと製品開発への応用 東京都
2017/5/26 粉体・粒子を上手に密充填するために 東京都
2017/5/29 シリカ微粒子をコントロールするための基礎知識と表面改質および分散制御のコツ 東京都
2017/5/29 粘着・剥離の現象解明と制御技術 東京都