技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

次世代自動車向け蓄電池、キャパシタの高性能化、規制対応、採用の動き

次世代自動車向け蓄電池、キャパシタの高性能化、規制対応、採用の動き

東京都 開催

開催日

  • 2017年1月16日(月) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 次世代自動車の最新動向

~国内外の状況、ZEV規制など~

(2017年1月16日 10:00〜11:20)

EV・PHV・FCV並びにそれらのインフラ整備に係る最新動向を紹介する。合わせて、米国カリフォルニア州のZEV規制についても触れる。また、電動車両を電源として利用するV2Xについても紹介する。

  1. 世界の自動車保有台数等
  2. 政府の次世代自動車普及目標
  3. 電動車両の種類
    • BEV
    • HEV
    • PHEV
    • FCV
  4. 電動車両の普及状況
  5. 補助制度
  6. 充電インフラの整備状況
  7. 水素インフラの整備状況
  8. ZEV規制について
  9. スマートグリッドにおける電気自動車の役割での可能性
    • Vehicle to Grid (V2G) :自動車から配電網へ
    • Vehicle to Home (V2H) :自動車から家庭へ
    • Grid to Vehicle (G2V) :配電網から自動車へ
    • 質疑応答

第2部 次世代自動車の省エネ化にも貢献する パワーモジュールの開発動向と高信頼性化

(2017年1月16日 11:40〜13:00)

環境車開発の取り組み状況を基に、次世代の車載用インバータ向けパワーデバイスに必要な材料と技術を解説します。またパワーモジュールの発熱の影響に対する各種対策状況を詳解します。

  1. 自動車産業を取り巻く環境
    1. 環境車開発の必要性
    2. 環境車市場動向
  2. HEV用インバータの概要
    1. Hybrid Systemの紹介
    2. Inverter概要
  3. HEV用インバータの高機能・高効率化の技術開発動向
    1. HEV用インバータの高パワー密度化
    2. Power Moduleの高放熱化技術
    3. 高信頼化技術と評価方法
  4. 次世代自動車開発にむけた今後の動向
    • 質疑応答

第3部 電気二重層キャパシタを用いた 減速エネルギ回生システム ”i-ELOOP“ の開発

(2017年1月16日 14:00〜15:20)

マツダは、車の減速時のエネルギを電気エネルギとしてキャパシタに回収し、車両の電装品に再利用する新たな減速エネルギ回生システムを開発した。この減速エネルギ回生技術“i – ELOOP”について紹介する。 自動車特有の要件を整理し、車載バッテリパックの基礎について説明する。
  1. SKYACTIV Technology +ビルディングブロック戦略
  2. マツダ減速エネルギー回生キャパシタシステムi-ELOOPについて
    • 燃費改善の為のi-ELOOPのねらい
    • ブレークスルー技術
  3. i-ELOOP システム説明
  4. 構成部品とレイアウト
  5. 電気二重層キャパシタ
  6. i-ELOOP 原理説明イメージ図 (現状 VS i-ELOOP)
  7. i-ELOOP 電流消費と燃費の関係について (イメージ)
  8. i-ELOOP 燃費改善のメカニズム
  9. i-ELOOP まとめ
  10. 今後の蓄電デバイス動向
    • 質疑応答

第4部 次世代自動車の開発と蓄電デバイス

(2017年1月16日 15:40〜17:00)

今後、ますます厳しくなるCO2排出量規制をクリアするため、自動車メーカーは次世代自動車の開発に注力している。本講演では、次世代自動車の開発動向と、電動車両に使用される蓄電デバイスに焦点をあてて解説する。

  1. 次世代自動車の開発
    1. 次世代自動車とは?
    2. 次世代自動車の普及
    3. 次世代自動車と蓄電デバイス
  2. 次世代自動車における蓄電デバイスの使い方
    1. EV
    2. HEV
    3. PHEV
    4. 電池劣化の車両性能への影響
  3. リチウムイオン電池と電気二重層キャパシタ
    1. LIC vs. LIB
    2. キャパシタの適用例とその課題
    3. 蓄電デバイスとしての今後への期待
  4. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 荻野 法一
    一般社団法人 次世代自動車振興センター 次世代自動車部
    課長
  • 日吉 道明
    株式会社 現代自動車 日本技術研究所 環境車技術チーム
    シニアリサーチャー
  • 高橋 達朗
    マツダ 株式会社 パワートレイン開発本部
    主査

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/3/3 リチウムイオン電池の性能・劣化・寿命評価 東京都
2020/3/4 EVにおける超急速充電の課題と対応 東京都
2020/3/5 空気電池の高性能化に向けた材料開発、その展望 東京都
2020/3/10 (有機) 電解合成・電解反応のメカニズム、導電性材料や電池材料の開発、その応用 東京都
2020/3/13 遮音・吸音のメカニズムと自動車室内における振動・騒音の低減 東京都
2020/3/13 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 東京都
2020/3/13 EV用リチウムイオン電池の技術と世界市場動向 東京都
2020/3/13 自動車に向けた防振材料、制振材料の特性と設計、材料開発のポイント 東京都
2020/3/16 自動車の電動化に向けたSiCパワーデバイス・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 東京都
2020/3/16 自動車用LIDAR技術の基礎と最新動向、自動運転への展開 東京都
2020/3/18 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 東京都
2020/3/19 全固体リチウム電池の基礎と最新動向 東京都
2020/3/19 車載電子機器の放熱、封止技術 東京都
2020/3/19 次世代パワーエレクトロニクス用リアクトル・トランスのコア材料への要求特性とその事例 東京都
2020/3/23 自動車用塗料・塗膜の設計、評価と劣化、不具合対策 東京都
2020/3/24 人工・合成皮革の触感制御と自動車内装材への応用 東京都
2020/3/26 固体酸化物形燃料電池の基礎と最新動向および信頼性・耐久性向上への取り組み 東京都
2020/3/27 次世代自動車における熱マネジメント技術 東京都
2020/3/27 自動車における振動・騒音現象とその対策および現場で役立つ振動解析 東京都
2020/3/31 リチウムイオン電池産業分析 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/4/21 2017年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望