技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ウェアラブル実現のための人体通信技術

ウェアラブル実現のための人体通信技術

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、人体通信技術の基礎から解説し、人体通信の伝送特性と計測技術、人体通信機器の装着部位、回路設計、アプリケーション開発について詳解いたします。

開催日

  • 2016年11月22日(火) 12時30分 16時30分

受講対象者

  • 人体通信に関連する技術者、研究者
  • 人体通信に関連するマーケティング、事業企画担当者、経営者
  • 人体通信の応用に関連する分野の技術者、研究者
    • セキュリティ
    • 医療、ヘルスケア
    • エンターテインメント
    • 交通インフラ
    • ウェアラブル機器 など
  • 情報機器やヒューマンインタフェース機器の研究に携わっている方

修得知識

  • 人体通信技術の基礎
  • 人体通信の伝送特性と計測技術
  • 人体通信機器の装着部位
  • 回路設計、アプリケーション開発

プログラム

  1. 人体通信技術
    1. 人体通信技術の歴史
    2. 人体通信の通信形態
    3. 人体通信に関する規格
  2. 人体通信の原理
    1. 人体近傍に形成される電界
    2. 伝送モデル
  3. 人体の電気的特性
  4. 人体通信の伝送特性と計測技術
    1. 計測上の課題
    2. 伝送特性
    3. 搬送周波数の選択
  5. 接触型電極を用いる人体通信
    1. 電極の形状と配置
    2. 電極間インピーダンス
  6. 人体通信機器の装着部位
    1. 人体通信に適した装着部位
    2. 姿勢の影響
  7. 実験用ファントム
  8. 回路設計
    1. 送信回路
    2. 受信回路
  9. アプリケーション開発
    1. 既存の近距離無線との棲み分け
    2. 人体通信の長所と短所
    3. 「触れる」という動作の活用

講師

会場

株式会社オーム社 オームセミナー室
東京都 千代田区 神田錦町3-1
株式会社オーム社 オームセミナー室の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 43,000円 (税別) / 46,440円 (税込)
1口
: 56,000円 (税別) / 60,480円 (税込) (3名まで受講可)

割引特典について

  • 複数名 同時受講:
    1口 56,000円(税別) / 60,480円(税込) (3名まで受講可能)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/9/23 5G、及びBeyond 5Gで求められる高周波対応材料の技術動向 オンライン
2020/9/24 5GおよびBeyond 5Gで求められる部品・材料への要求特性と今後の展望 オンライン
2020/9/28 5G/ローカル5Gの最新技術動向と6G (2030年) への展望 東京都 会場・オンライン
2020/9/28 5G & beyond 関連通信デバイスの分解・分析 オンライン
2020/9/30 5Gアンテナの実装設計 オンライン
2020/9/30 次世代のミリ波材料、ミリ波システム開発の為の必須知識 会場
2020/10/1 次世代情報通信5G市場に要求される材料技術 オンライン
2020/10/2 5G・ローカル5Gの最新動向と今後の展望 オンライン
2020/10/6 近距離無線・人体通信概論 東京都 会場
2020/10/8 5G、Beyond5Gへの光ネットワークと光回路実装技術の最新動向 オンライン
2020/10/12 スパースアレーによる拡張アレー信号処理 オンライン
2020/10/13 5GおよびBeyond 5Gで求められる部品・材料の技術動向と応用展開 東京都 会場
2020/10/15 5G向けアンテナの開発動向と電波伝搬制御 オンライン
2020/10/15 PCB (基板) アンテナの基礎技術 東京都 会場
2020/10/20 5Gの最新技術動向と電磁波シールド・電波吸収体の基礎と材料設計 オンライン
2020/10/28 5G/ローカル5Gの最新動向と新規事業創出に向けた押さえどころ オンライン
2020/10/29 ミリ波を用いたBeyond 5G、6G向けビームフォーミング技術ビームフォーミング技術 オンライン
2020/11/4 UHF帯RF-IDアンテナ設計の勘どころ 東京都 会場
2020/11/6 高周波材料の誘電率測定と評価技術 オンライン
2020/11/13 5G/beyond 5Gにおける電磁波シールド・電波吸収体の設計と特性評価 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書
2011/12/27 携帯機器用小形アンテナの高密度実装設計
2011/11/30 NTTグループ8社 (NTTを除く) 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/15 通信機器大手3社 技術開発実態分析調査報告書
2011/4/11 スマートメータシステム
2009/11/25 中堅無線通信機10社 技術開発実態分析調査報告書
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/15 NTT (日本電信電話) 分析 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/15 NTT (日本電信電話) 分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2006/4/14 詳解 高周波通信用フィルタ設計手法
2005/6/30 車載LANとその応用