技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

セルロースナノファイバー表面処理・改質技術

セルロースナノファイバー表面処理・改質技術

東京都 開催

開催日

  • 2016年10月7日(金) 12時30分 17時00分

受講対象者

  • セルロースナノファイバーの応用分野の技術者、研究者、開発者、企画担当者
    • 高分子複合材料
    • 医療材料
    • 食品素材
    • 化粧品素材
    • エネルギー関連材料
  • セルロースナノファイバーの技術者、研究者、開発者、企画担当者
  • これからセルロースナノファイバーに携わる方
  • セルロースナノファイバーで課題を抱えている方

プログラム

第1部 セルロースナノファイバーのカオチン化処理と疎水化処理

(2016年10月7日 12:30〜13:30)

 持続的再生可能資源である植物の基本骨格であるセルロースナノファイバー (CNF) は、優れた特性から最近注目されている。
 本発表では、CNF/熱可塑性樹脂コンポジットにおいて、これまで取り組んだカチオン変性、疎水変性などの変性処理が、CNFの樹脂中での分散性、物性に及ぼす影響について紹介する。

  1. はじめに
    1. セルロースナノファイバーの基礎、期待される応用展開
    2. セルロースナノファイバーの国内開発状況
  2. カチオン変性によるセルロースへの解繊性付与
    1. セルロースへのカチオン化剤の利用と種類
    2. カチオン変性セルロースによる樹脂の補強
    3. カチオン変性セルロース強化樹脂の構造、分散性
  3. セルロースナノファイバーの疎水化処理による解繊性付与
    1. 疎水化処理セルロースナノファイバーがもたらす樹脂物性向上事例
    2. 疎水化処理セルロースナノファイバーが広げる加工温度範囲
    3. 最新の疎水化セルロースナノファイバー強化樹脂複合材料の物性
    • 質疑応答

第2部 セルロース・キチンナノウィスカーの表面装飾による分散性の制御

(2016年10月7日 13:40〜14:40)

 セルロース・キチンの「ナノウィスカー」は、天然セルロースおよび天然キチン試料の酸加水分解により得られる棒状ナノ微結晶粒子であり、古くから食品添加物や化粧品材料など様々な面で応用されてきた。
 近年はその高結晶性、低比重、無毒性、高弾性率、高強度などの優れた利点を活かし、ナノ複合材料のフィラーとしての応用が盛んに研究されている。
 フィラーとしての応用に際しては、マトリックス内におけるナノウィスカーの高い分散が重要である。
 本講演では、ナノウィスカー表面への種々の荷電基の制御された導入、および表面への高分子鎖結合による立体安定化について、当研究室で得られた成果を中心に解説する。

  1. はじめに~セルロース・キチンナノウィスカーとは~
  2. ナノウィスカーの静電安定化と立体安定化
  3. ナノウィスカー表面荷電基の制御と物性の変化
    1. 種々の荷電基の導入
    2. 粘性挙動の変化
    3. 液晶形成挙動の変化
  4. ナノウィスカーの立体安定化
    1. 界面活性剤吸着法
    2. granting onto法
    3. grafting from法
  5. ナノウィスカーの応用例
  6. 新規良分散性ナノウィスカーの簡便な調製法
  7. おわりに
    • 質疑応答

第3部 高分子結晶での被覆によるセルロースナノファイバーの表面改質

(2016年10月7日 14:50〜15:50)

 セルロースナノファイバー (CeNF) は、高強度、高弾性率、低熱膨張性など優れた特性を有することが知られている。また太さが5~100 nm程度、長さが数~数十μmと非常に細く、アスペクト比が大きい繊維である。このためCeNFは複合体の優れたフィラーとして期待される。しかしCeNFの自己凝集性の強さから、乾燥時や貧溶媒中で凝集してしまう傾向にある。そのため複合体中にCeNFを分散させることが困難であり、期待される補強効果を得ることが難しい。
 そこで我々はCeNFを核材とした高分子の希薄溶液からの結晶化を利用して、CeNF表面を高分子結晶で被覆したナノ複合繊維 (NCF) を作製する方法を確立した。NCFはCeNFのまわりを高分子結晶が覆うことでCeNFの自己凝集性の抑制、表面の凹凸による添加効果の増大が期待されている。
 本講演ではNCFの作製法や構造の特徴および作製したNCFを用いた複合体フィルムへの応用についても論述する。

  1. セルロースナノファイバー (CeNF) の特徴
  2. CeNFを核材とした高分子の結晶化
    1. CeNF濃度と結晶化温度の関係
  3. CeNF表面を高分子結晶で被覆したナノ複合繊維 (NCF)
    1. 形態の特徴
    2. 構造制御
    3. 分散性
  4. NCFをフィラーとして利用した複合体の作製と物性評価
    1. 作製法と構造、物性の特徴
  5. 種々の高分子結晶を用いたCeNFの表面改質
  6. その他のナノセルロースへの応用
    • 質疑応答

第4部 ケイ酸カルシウム水和物によるミクロフィブリル化セルロースの表面改質

(2016年10月7日 16:00〜17:00)

 セルロースとプラスチックの複合化技術から得られた課題及びその解決策をベースにCNFの複合材利用に向けた取り組みに関して説明。特に、今回は、ケイ酸カルシウム表面処理による利用技術を詳細に解説。

  1. バイオマス素材とプラスチックの複合化技術
    1. ウッドプラスチックの概要
    2. セルロース素材が有するポテンシャル
    3. ウッドプラスチック技術の課題
    4. ウッドプラスチック技術の展望
  2. CNFの複合材利用
    1. CNFを複合材分野に活用するためには
    2. CNFコンパウンド技術に関して
    3. CNF活用のプロジェクト (環境省との取組に関する説明)
  3. ケイ酸カルシウム表面処理CNFに関して
  4. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 仙波 健
    地方独立行政法人 京都市産業技術研究所 高分子系チーム
    チームリーダー / 研究副主幹
  • 荒木 潤
    信州大学 繊維学部 機能高分子学コース 国際ファイバー工学研究所
    准教授
  • 内田 哲也
    岡山大学 大学院 自然科学研究科 応用化学専攻
    准教授
  • 伊藤 弘和
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 機能化学研究部門 セルロース材料グループ
    主任研究員

会場

東宝土地 株式会社 高橋ビルヂング
東京都 千代田区 神田神保町3-2
東宝土地 株式会社 高橋ビルヂングの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 48,148円 (税別) / 52,000円 (税込)
複数名
: 38,148円 (税別) / 41,200円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引

S&T出版からの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。

  • Eメール案内を希望する方
    2名様まで 45,741円(税別) / 49,400円(税込) で受講いただけます。
    追加1名あたり 35,741円(税別) / 38,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,741円(税別) / 49,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,741円(税別) / 49,400円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 81,482円(税別) / 88,000円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    2名様まで 48,148円(税別) / 52,000円(税込) で受講いただけます。
    追加1名あたり 38,148円(税別) / 41,200円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 48,148円(税別) / 52,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 48,148円(税別) / 52,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 86,296円(税別) / 93,200円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/9/21 人工・合成皮革の触感向上と自動車内装表皮への応用 東京都
2018/9/25 プラスチック・ゴム製品の破壊メカニズム・破面解析・破損対策・寿命予測 東京都
2018/9/25 振動・騒音対策のための材料技術と評価・設計手法 東京都
2018/9/25 濃厚系・非水系・多成分系における微粒子・ナノ粒子の分散・凝集制御技術 東京都
2018/9/25 ゴム材料の劣化機構とその対策および耐久性の評価方法 東京都
2018/9/25 原子間力顕微鏡 (AFM) の基礎とポリマー材のナノスケール力学物性評価 東京都
2018/9/26 樹脂/繊維複合材料の成形加工と繊維配向、衝撃解析 東京都
2018/9/26 高分子材料における偏光・屈折率・複屈折の基礎と光学特性制御 東京都
2018/9/27 鮮度保持包材の構造、機能発現メカニズムと開発事例 東京都
2018/9/27 高屈折率材料の設計と薄膜形成技術 東京都
2018/9/27 懸濁重合法によるポリマー粒子・ハイブリッド型微粒子の合成とプロセス最適化ノウハウ 東京都
2018/9/27 繊維強化複合材料の損傷・破壊と強度 東京都
2018/9/27 流動場での高分子結晶化挙動の基礎と成形プロセス中の結晶化解析事例 東京都
2018/9/27 機能性UV硬化樹脂設計の勘どころ 東京都
2018/9/28 ポリマーおよび添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方 (2日間) 東京都
2018/9/28 プラスチックおよびエラストマーの赤外スペクトルの読み方 東京都
2018/9/28 UV硬化の基礎と設計およびトラブル対策 東京都
2018/10/2 エポキシ樹脂の硬化剤選定と速硬化対応 東京都
2018/10/5 ポリウレタンの化学/構造・物性発現とキャラクタリゼーションノウハウ 東京都
2018/10/9 シランカップリング剤の化学反応とその処理層の分析 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/6/26 UV・EB硬化型コート材の基礎、各種機能向上技術
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/4/25 目からウロコの導電性組成物 設計指南
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2013/2/20 導電・絶縁材料の電気および熱伝導特性制御
2013/1/25 炭素繊維 技術開発実態分析調査報告書