技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

3次元点群データ処理の基礎と物体認識・人物認識への応用

3次元点群データ処理の基礎と物体認識・人物認識への応用

~3次元点群データ処理の超基本と応用まるわかり~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、3次元センサ、物体認識、3次元特徴量の基礎から解説し、具体的な応用事例として、生産ラインにおけるロボットピッキングに関する事例や、人物認識における3次元情報の利用例について解説いたします。

開催日

  • 2015年10月21日(水) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • 3次元点群処理に関連する技術者
    • ロボットシステム
    • メカトロニクスシステム
    • FAシステム
    • 医療系システム
    • 自動車
    • 生産技術や生産システムの高度化

修得知識

  • 3次元センサの概要と原理
  • 物体認識の概要と原理
  • モデルベース認識技術
  • 3次元特徴量の詳細な知識
  • 局所参照座標系の詳細な知識
  • 3次元特徴量を実際の物体認識や人物認識に適用するための手法、ノウハウ

プログラム

 近年、レンジファインダ等の3次元センサの急激な普及により、対象物や人物を3次元的に認識する技術が注目を集めている。なかでも、ポイントクラウドデータと呼ばれる3次元点群データをもとに、物体の位置や姿勢を認識したり識別するためのモデルベース手法のキーとなる3次元特徴量の発展はめざましく、海外を中心にさまざまな手法が提案され、実用化されてきている。
 本講演では、3次元センサの基本的な原理の解説にはじまり、物体認識の基礎、3次元特徴量の基礎について平易に解説する。また、具体的な応用事例として、生産ラインにおけるロボットピッキングに関するいくつかの事例や、人物認識における3次元情報の利用例についても言及する。
 各種事例や実際の計測データ例をまじえながら、エンジニアリングの観点から、実際に使える技術を念頭に、同分野の全体像を把握していただけるように内容を構成する。

  1. 3次元点群生成の基礎
    1. 3次元計測センサの概要
    2. パッシブ法の概要と主要技術
    3. アクティブ法の概要と主要技術
    4. 市販センサの比較
    5. 点群のデータ構造
      • CAD
      • 距離画像
      • pcd
  2. 3次元物体認識の基礎
    1. アピアランスベース物体認識
    2. モデルベース物体認識
    3. 高精度位置合わせICPアルゴリズム
  3. 3次元特徴量
    1. 3次元特徴量の基礎
    2. キーポイント周りの情報記述
    3. 複数点間の関係記述
    4. 代表的な3次元特徴量
      • EGI
      • SI
      • SHOT
      • PFH
      • FPFH
      • PPFなど
    5. ベクトルペア特徴量
    6. CCDoN特徴量
  4. 3次元特徴量における局所参照座標系 (Local Reference Frame)
    1. 固有ベクトル利用型LRF
    2. 法線ベクトル利用型LRF
    3. 高性能LRFの提案 (DPN)
    4. 特徴量とLRFの組み合わせ性能評価
  5. 物体認識に関する最新技術と応用例
    1. 可観測性を考慮した物体認識
    2. 3次元的な起伏が少ない物体への対応 (GRF)
    3. 点群密度変化への対応 (RPD特徴量)
    4. キーポイント検出の高速化
    5. 疑似3次元情報の利用 (Multi Flash Imaging)
    6. 3次元モデル検索
    7. 手持ち物体のモデリング
    8. 3Dコンピュータグラフィクスを利用した特徴点選択
    9. 物流分野ロボットピッキングへの挑戦
  6. 人物認識に関する最新技術と応用例
    1. 人物動線認識とロボット安全システム
    2. 作業動作の認識と自動記述
    3. 3Dモデルを利用した手指認識
    4. 日常生活における非定常行動認識
    5. その他のヒューマンセンシングに関する最新事例紹介
    • 質疑応答

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 第2研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/10/6 一日速習 ディープラーニング画像認識ワークショップ オンライン
2020/10/6 パリティミラーを用いた空中映像・ 空中ディスプレイの基礎と応用開発の現状 オンライン
2020/10/13 ロボットによる自動化ライン構築のポイントと効果の最大化 オンライン
2020/10/13 外観検査の自動化技術と運用ノウハウ オンライン
2020/10/16 畳み込みニューラルネットワークの基礎と画像認識への応用・判断根拠の理解 オンライン
2020/10/19 自動運転・運転支援における環境認識技術 オンライン
2020/10/20 自動計画に基づいた組み立てロボットのAI化手法とその実際 会場
2020/10/26 ライトフィールド入門 (VRのためのディスプレイ・映像技術) オンライン
2020/10/26 自動運転に向けた車載用ステレオカメラ オンライン
2020/10/26 AI画像認識システムの基礎と応用 オンライン
2020/10/28 グラフニューラルネットワーク入門 オンライン
2020/10/29 ディープラーニングによる異常検知の基礎と外観検査等への応用 オンライン
2020/10/30 画像認識のデータ前処理に向けた画像フィルタリング技術 オンライン
2020/11/2 グラフニューラルネットワーク入門 オンライン
2020/11/4 ディープラーニング (Deep Learning) の基礎と画像認識への応用 愛知県 会場
2020/11/9 パーティクルフィルタの基礎と人物追跡、SLAM、移動ロボットへの応用 オンライン
2020/11/10 自動外観検査の要素技術と運用ノウハウ オンライン
2020/11/10 画像認識技術を用いたAI外観検査の現場導入事例と精度向上指針 オンライン
2020/11/10 深層学習のデータ前処理技法とその実際 オンライン
2020/11/12 確率的グラフィカルモデルの基礎とその応用 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2015/6/26 2015年版 民生機器用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/25 サービスロボット 技術開発実態分析調査報告書
2014/9/25 サービスロボット 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2013/10/29 高効率動画像符号化方式:H.265/HEVC (High Efficiency Video Coding)
2013/8/2 HLAC特徴を用いた学習型汎用認識
2013/7/16 「ロボット技術の用途、機能、構造等主要観点別開発動向と参入企業の強み、弱み分析」に関する技術開発実態分析調査報告書
2013/7/16 「ロボット技術の用途、機能、構造等主要観点別開発動向と参入企業の強み、弱み分析」に関する技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/29 3次元物体認識手法とその応用 (カラー版)
2013/3/8 PAT3によるモデル検証
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/6/20 画像復元・超解像技術の基礎と応用