技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車部品の耐熱、耐震動信頼性とその評価法

自動車部品の耐熱、耐震動信頼性とその評価法

東京都 開催

概要

本セミナーでは、車載環境が要求する部品の加速寿命試験の進め方、及びそのデータの見方・解釈について、現場で構築した多くの体験を元に、実践的に解説いたします。

開催日

  • 2015年6月16日(火) 13時00分 17時00分

受講対象者

  • 自動車、ハイブリッド車、電気自動車の品質・信頼性担当者、管理者
  • 自動車部品の技術者、品質・信頼性担当者、管理者

修得知識

  • 自動車の耐熱課題と対策
  • 自動車の耐震課題の対策
  • 自動車部品の設計における故障対策

プログラム

  1. 自動車の耐熱課題と耐震課題
    1. 自動車の信頼性目標と判定基準
    2. 自動車の挙動は6自由度運動
    3. エンジンルーム内における耐熱、耐震動課題
    4. 寒冷時における課題+冷暖房について
  2. 発生熱量とそれに関連する部品
    1. エンジンにおける熱発生とその伝達
    2. エンジン燃焼と摩擦熱の発生機構
    3. ピストン、軸受、動弁機構などの耐熱課題
    4. ピストンにおける伝熱システム
    5. 軸受、動弁系における摩擦熱発生
  3. 耐熱対策/冷却方式などに関して
    1. 耐熱設計の考え方
    2. エンジン内温度分布について
    3. ラジエータによる冷却とその機能
    4. 空冷式フィンなどの機能
    5. 軸受・動弁系などオイルによる冷却
    6. オイルクーラの使い方
  4. 耐震動課題とそれに関連する部品
    1. エンジンにおける発生荷重とその伝達
    2. 高精度設計&GD2の使い方
    3. ピストン、軸受、動弁機構などの耐震課題
    4. ボクサーエンジンにおける加振力事例
    5. 高面圧軸受における耐荷重設計の事例
  5. 部品設計における故障物理技術と応用
    1. 部品を故障物理モデルで捉える
    2. 限界モデルと耐久モデル
    3. 部品加わるストレスと強度モデル
    • 質疑応答

講師

  • 星 満
    星技術士事務所
    所長

会場

ちよだプラットフォームスクウェア
東京都 千代田区 神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクウェアの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 43,000円 (税別) / 46,440円 (税込)
1口
: 56,000円 (税別) / 60,480円 (税込) (3名まで受講可)

割引特典について

  • 複数名 同時受講:
    1口 56,000円(税別) / 60,480円(税込) (3名まで受講可能)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/8/23 世界のEV用リチウムイオン電池の状況と、求められる部材・周辺技術の特性・課題、製造改善および国内企業が進むべき道 東京都
2019/8/23 自動車用に向けたパワー半導体におけるパッケージ技術 東京都
2019/8/26 制振・遮音・吸音材料の設計・メカニズムと自動車室内における振動・騒音低減への最適化 東京都
2019/8/27 自動車用センサ技術のすべて 東京都
2019/8/27 次世代自動車に求められる蓄電技術とEV用超急速充電技術 東京都
2019/8/28 自動車の電動化における動向と部品・材料メーカーの戦略・今後の展望 東京都
2019/8/29 超入門 信頼性データ解析の基本と結果の見方/使い方 東京都
2019/8/29 リチウムイオン2次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論 東京都
2019/8/30 外観検査・目視検査自動化のための画像処理・AI技術の活用 東京都
2019/8/30 塗料・塗膜の設計・評価と劣化要因およびその対策 東京都
2019/8/30 自動車における制振・吸音・遮音・断熱材の高性能化技術動向 東京都
2019/9/3 音による故障検知および故障予知 東京都
2019/9/4 信頼性加速試験の進め方とその留意点 大阪府
2019/9/4 トラブル未然防止のための信頼性試験法と耐用寿命予測の実際 東京都
2019/9/5 ハイブリッド車・電気自動車向け車載モータへの要求特性と最新技術動向 東京都
2019/9/6 電磁波吸収・透過材の開発、設計とミリ波・5G対応 東京都
2019/9/6 次世代モビリティーの将来予測とMaaSに向けてとるべき対応 東京都
2019/9/6 自動車の自動運転におけるLiDARを用いた周辺環境認識技術とその応用 東京都
2019/9/6 車載用DC-DCコンバータとインダクタ・トランスの設計 東京都
2019/9/10 FMEAと関連技法 (DRBFM・ヒヤリハット分析) 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)