技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

酸化物・シリサイド系熱電変換材料の開発とモジュール化技術

自動車の廃熱利用に向けた

酸化物・シリサイド系熱電変換材料の開発とモジュール化技術

東京都 開催

開催日

  • 2015年3月5日(木) 10時30分 16時00分

修得知識

  • 酸化物・シリサイド系熱電変換材料の展望
  • 熱電変換モジュールにおける接触熱抵抗低減、熱応力緩和および酸化防止策

プログラム

第1部 シリサイド (Mg-Si系及びMn-SI系) 熱電変換モジュールの開発

(2015年3月5日 10:30〜12:00)

自動車用途等で実用化が期待されるシリサイド系熱電変換材料・モジュールの特性 について、開発中の材料・モジュールの特性を中心に紹介する。 また、国内・外の開発動向及び排熱発電コンソーシアムについて紹介する。

  1. 熱電変換技術の基礎
  2. 熱電変換モジュールの用途
  3. 熱電変換材料の種類と特徴
  4. シリサイド系熱電変換材料 (Mg2Si及びMn-Si系) の特性
  5. 熱電変換モジュールの構造
  6. 開発中のシリサイド系熱電変換モジュールの発電特性
  7. モジュール化およびシステム化の為の要素技術
  8. 熱電変換・排熱発電技術の研究開発動向
  9. 排熱発電コンソーシアムの紹介
    • 質疑応答・個別質問・名刺交換

第2部 酸化物及びシリサイド熱電材料とモジュール開発~熱電発電の実用化への課題~

(2015年3月5日 12:45〜14:15)

中高温域の排熱からの発電を可能にする酸化物及びシリサイドの材料からモジュール技術、さらには実証試験の結果について知ることができる。またここから見える、熱電発電実用化への課題と目標値について説明する。さらに熱電発電の将来についての展望も議論する。

  1. 酸化物熱電発電の開発
    1. 酸化物材料の熱電特性とモジュール性能
    2. カスケードモジュール
    3. 発電実証試験
  2. シリサイド熱電材料とモジュールの開発
    1. 新しいシリサイド材料の開発
    2. モジュール化技術と耐久性
  3. 今後の課題
    1. 市場形成のための課題
    2. 将来の熱電発電
    • 質疑応答・個別質問・名刺交換

第3部 熱電変換モジュールの接触熱抵抗低減、熱応力緩和対策と自動車用熱電変換システムの伝熱設計

(2015年3月5日 14:30〜16:00)

熱電変換モジュールの性能と耐久性向上のために必要な、接触熱抵抗低減および熱応力緩和の方策を示し、 その効果を定量的に示す。またモジュールの性能評価方法および装置につき示す。 さらに自動車用熱電変換システムの伝熱システム設計および具体的構造例につき示す。 また各国の自動車用熱電変換システムの開発状況につき、最近の国際会議での公開情報などを紹介する。

  1. 各国の自動車用熱電変換システムの開発状況
    • 自動車用熱電変換の国際会議 (IAV2014, Berlin) の情報など
  2. 熱電変換システム高性能化のための要素技術
    1. 接触熱抵抗低減方策
      1. 加圧力と接触熱抵抗の関係
      2. コンプライアント・パッド
      3. カーボンシート
    2. 熱応力緩和方策
      1. スケルトン・モジュール
      2. カーボンシート
    3. 接触熱抵抗低減、熱応力緩和および酸化防止を実現する方策
    4. 自動車用熱電変換システム (TEG) の構造例
  3. 熱電変換モジュールの評価技術
    1. 熱電変換システム設計におけるモジュール性能評価の重要性
    2. モジュールのブロック加圧と流体加圧
    3. 発電性能の簡易評価装置
    4. 耐久性の簡易評価装置
    5. 熱抵抗の精密評価装置 (軸方向のみの熱流束を実現する精密測定装置)
  4. 自動車用熱電変換システムの伝熱システム設計
    1. 欧米の走行モードに適した省エネ手段
    2. 熱の流れと電気の流れ
    3. 熱電変換システムの設置位置と排気ガス温度
    4. 排気ガス側フィンの選定 (集熱効率、圧損制限)
    5. 対数平均温度差
    6. システム全体の熱抵抗
    7. モジュールの変換効率と出力
    • 質疑応答・個別質問・名刺交換

講師

  • 根本 崇
    日本サーモスタット(株) 開発部 開発課
    主任
  • 舟橋 良次
    独立行政法人 産業技術総合研究所 ユビキタスエネルギー研究部門
    上級主任研究員
  • 神戸 満
    一般財団法人 電力中央研究所 原子力技術研究所
    特別嘱託

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/12/17 次世代自動車における熱マネジメント技術 東京都
2018/12/17 エネルギー産業におけるAI・IoTの活用とその影響 東京都
2018/12/18 EV用リチウムイオン電池に求められる特性・要素技術と中国車載バッテリーの産業動向 東京都
2018/12/18 次世代モビリティ研究の最新動向と今後の展望 東京都
2018/12/20 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎を学ぶ養成講座 東京都
2019/1/8 自動車用遮音・吸音材料の性能予測と音質の評価 東京都
2019/1/11 自動車用樹脂窓に向けた耐摩耗性、耐擦傷性向上技術 東京都
2019/1/16 車載機器・部品の信頼性向上を実現する放熱・耐熱技術 東京都
2019/1/16 車載ミリ波センシングシステムにおけるミリ波アンテナ・電磁波技術と要求性能/課題および解決技術 東京都
2019/1/18 自動車マルチマテリアル化におけるCFRP - 金属の接合技術 東京都
2019/1/18 自動車における制振・吸音・遮音・断熱材の高性能化技術動向 東京都
2019/1/21 ガソリン車のPM,PN排出規制とGPF触媒の開発事例 東京都
2019/1/21 自動車窓ガラスの樹脂窓化と耐摩耗性、耐候性の向上 東京都
2019/1/22 CFRPの最新動向と加工技術 東京都
2019/1/22 自動車産業における樹脂材料・高分子複合材料の "これから" を考える 東京都
2019/1/23 ARヘッドアップディスプレイにおけるドライバーの視覚特性とHMIへの応用 東京都
2019/1/24 トラブル未然防止のための寿命予測/信頼性試験の考え方 東京都
2019/1/25 自動車内装の感性・品質価値向上セミナー 東京都
2019/1/29 ドライバ状態のモニタリング技術と覚醒維持手法 東京都
2019/1/29 CFRTPの成形技術と含浸性向上 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/9/23 2016年版 スマートハウス市場の実態と将来展望
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/7/22 2016年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2016/5/27 2016年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望