技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医薬品開発におけるTPPとは? いかにしてTPPの概念を初期開発から活用するか?

ターゲットプロダクトプロファイル設定

医薬品開発におけるTPPとは? いかにしてTPPの概念を初期開発から活用するか?

~開発段階に沿ったTarget Product Profileの構成要素とテンプレート例~
東京都 開催

開催日

  • 2015年1月28日(水) 13時00分 16時30分

修得知識

  • ​TPPを達成するために開発初期にすべき項目
  • 不確実な医薬品開発を管理するPOC criteria
  • 開発戦略立案における研究開発部門・マーケティング部門との連携

プログラム

 開発初期における初期チームとマーケティング部門の関連については、様々な考え方がある一方で、コミュニケーションツールとしての目標製品プロファイル (TPP) の重要性は広く認められているところです。また最近では、TPPを開発ステージの言葉に翻訳し、より不確実な医薬品開発をマネージできるよう工夫されているPOC criteriaといった概念も活用されています。限られたリソース・予算・時間を効果的に配分し、そして世の中に高い価値と利益をもたらすための開発戦略立案における研究開発部門・マーケティング部門との連携とTPPやPOC criteriaの役割について、具体的にどのような項目が内容に含まれるべきかも含め、開発のタイムラインに沿った在り方を考察します

  1. Target Product Profile (TPP) の目的と基本
    1. Target Product Profileの基本的な考え方
    2. FDAが考えるTarget Product Profile
    3. 企業に有益なTarget Product Profile
  2. 開発段階に沿ったTarget Product Profileの構成要素とテンプレート例
    1. どのような情報がTPPとして含まれるべきか?
    2. なぜそのような情報を含めるか?
    3. テンプレート例
  3. Target Product Profileの種類 (定義)
  4. なぜTarget Product Profileが重要か?
    1. なぜこの化合物を開発したいのか (ゴールの設定)
    2. チーム内外コミュニケーション
    3. ライフサイクルマネジメントへのヒント
  5. 開発初期段階 (POC前) で考えるべきコンセプト
    1. どうなったらこの初期プロジェクトは成功なのか?
    2. POCを見極める定義を定める – POC requirement
    3. 意思決定 – 特にGo / No Go意思決定をするために
  6. 部門間でのコミュンケーションのためのTPP活用方法
  7. ありがちな問題点
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 塚本 淳
    第一三共 株式会社 プロジェクト推進部 プロジェクト企画グループ
    グループ長

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第2講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/8/22 多製品・小ロット製造にむけたこれからの洗浄バリデーションの手法 東京都
2018/8/22 医薬品・バイオ技術のライセンスイン・アウトの実践講座 東京都
2018/8/23 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー (2日間) 東京都
2018/8/23 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー 東京都
2018/8/24 コンピュータバリデーション 東京都
2018/8/24 医薬品製造工場におけるヒューマンエラー「ミス、混同/汚染」防止対策の実践事例とノウハウ 東京都
2018/8/27 錠剤製造での問題 (粉体・打錠・添加剤特性など) 解決事例と工業化の留意点 東京都
2018/8/27 オーファンドラッグ開発における情報収集ノウハウと疾患選択基準 東京都
2018/8/28 網膜疾患の診断、治療と薬剤開発 東京都
2018/8/28 シリンジ・注射剤容器材料選定と試験法およびプレフィルドシリンジの材料選定と品質基準 東京都
2018/8/28 試験検査室のGMP管理と国内当局査察・監査での指摘を見据えた事前対応 東京都
2018/8/29 バイオ医薬品のCTD (CMC) :妥当性の根拠とまとめ方 (2日間) 東京都
2018/8/29 GMP入門講座 東京都
2018/8/29 バイオ医薬品のCTD (CMC) :「製造方法」及び「構造決定・特性解析及び不純物」のまとめ方 東京都
2018/8/29 例文で解説するGMP文書や海外当局査察で頻出する英語表現 東京都
2018/8/29 査察当局の指摘事項をふまえた紙・電子データの運用と監査証跡機能活用・記録方法/レビューの効率化 東京都
2018/8/29 バイオ医薬品原薬工場建設の計画・設計・マネージメントのポイント 東京都
2018/8/30 コンビネーションプロダクトの開発ステップと申請データ要件 東京都
2018/8/30 AI創薬で取得すべき特許とその権利化 東京都
2018/8/30 バイオ医薬品のCTD (CMC) :「規格及び試験方法」及び「分析法バリデーション」のまとめ方 東京都

関連する出版物

発行年月
2013/2/5 放射線医療(癌診断・治療) 技術開発実態分析調査報告書
2013/1/30 意思決定(Go/No Go判断)における分析手法の限界と現実的な運用方法
2013/1/28 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方
2012/12/14 IND / NDA / MAA申請で必要となる欧米・アジアの各国当局要求と記載事例
2012/10/23 治験実施/新薬申請時における分析法バリデーションの妥当性と実施範囲
2012/9/27 各国GMP要求の徹底比較・適合方法と査察対応
2012/8/24 3極規制要件をふまえたコンピュータ化システムのカテゴリ別CSV実践方法
2012/7/24 プレフィルドシリンジ製剤の部材要求特性と品質不良改善
2012/6/20 3極GMPに対応した設備適格性評価と保守・点検管理
2012/6/1 薬事・申請における英文メディカル・ライティング入門 IV
2012/3/29 治験中 / 市販後における3極安全性情報の収集・報告・評価実務と相違
2012/3/13 超入門 GMP基礎セミナー
2012/3/5 育毛剤・発毛剤 技術開発実態分析調査報告書
2012/2/20 3極要求相違を踏まえたCMC申請資料作成と当局対応ノウハウ
2012/2/16 システムの適格性確認および回顧的バリデーションの具体的実施方法
2012/2/14 LIMS導入に関する導入の留意点セミナー
2012/2/9 厚生労働省「コンピュータ化システム適正管理GL」対応のための「回顧的バリデーション」および「リスクアセスメント」実施方法
2012/1/20 24年度診療報酬改定におけるDPC評価の全貌
2011/12/22 光学活性医薬品開発とキラルプロセス化学技術
2011/12/14 QCラボにおける厚生労働省「コンピュータ化システム適正管理GL」対応セミナー