技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

インドネシアへの医療産業輸出が急加速

国民皆保険の導入がビジネスを後押しする

インドネシアへの医療産業輸出が急加速

~経済産業省によるベトナム、インドネシアとの政府間協力推進 / インドネシア初のクリニックオープンにいたるまで「ここだけの話」~
東京都 開催

開催日

  • 2014年3月12日(水) 13時00分 17時00分

プログラム

1. 医療の国際化とヘルスケア産業活性化の重点施策

(2014年3月12日 13:00〜14:15)

経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課 課長補佐
福岡 功慶 (ふくおか のりよし) 氏

医療・介護等のヘルスケア分野は有望な成長産業であると同時に、公的支出を伴う国家財政のコストセクターと見なされる分野でもある。また、新興国では低い医療水準等により平均寿命が短いなど様々な課題があり、また、高度な医療サービスへの需要が高まっている。
本講義では経済産業省での医療の国際化について、具体的な例を挙げながら、現在抱えている課題と今後の展望について議論をさせていただきたい。

  1. 世界の医療市場の動向
  2. 医療の国際展開を取り巻く現状と国際化の目的
  3. 医療サービス・機器の海外展開事業について (アウトバウンド)
  4. 外国人患者受け入れ事業について (インバウンド)
  5. ベトナム、インドネシア政府間の協力関係の推進
  6. メディカル・エクセレンス・ジャパン (MEJ) について

2. 国民皆保険導入を見据えたインドネシア医療産業の事業機会

(2014年3月12日 14:20〜15:35)

(株) ローランド・ベルガー
シニアプロジェクトマネージャー (ジャカルタ駐在)
ジャパンデスク
諏訪 雄栄 (すわ よしひろ) 氏

世界第4位の人口に加え、中間層の拡大が続くインドネシアはあらゆる産業の日系企業で2014年の最優先投資先に位置づけられているが、その中でも医療分野は、国民皆保険の導入という政策的な後押しもあって、最も注目度が高い産業の1つである。成長市場での事業機会を確実に取り込むため、現在のインドネシアの医療環境の現状と課題を概観した上で、日系企業にどのような事業機会があるのか議論させて頂きたい。

  1. インドネシアの医療環境-現状と課題
  2. 課題克服に向けた取り組みと各プレイヤーの事業機会
  3. 日系企業に対する期待と事業展開における留意点
  4. 質疑応答/名刺交換

3. インドネシア初 日系医療法人の設立と展開

(2014年3月12日 15:45〜17:00)

医療法人偕行会 PT. KAIKOUKAI INDONESIA (現地法人) 取締役
山本 節子 (やまもと せつこ) 氏

いわゆる中小企業になる、一民間日本医療法人が尼国にてクリニックオープンするまでの過程を説明。 なぜインドネシア進出を決めたのか、インドネシア国内での日系医療関連企業の紹介を含め、人材確保、育成、そして、営業許可書をもらうまでの書類、実務上やらなければならない項目等、そして、留意しておかなければならない点等、正に今まで行ってきた事を詳細に説明します。

  1. インドネシアへ進出するきっかけ- EPA看護師支援
  2. 合弁会社設立
  3. 営業開始にいたるまで
  4. 質疑応答/名刺交換

講師

  • 福岡 功慶
    経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課
    課長補佐
  • 諏訪 雄栄
    株式会社 ローランド・ベルガー
    シニアプロジェクトマネージャー (ジャカルタ駐在) ジャパンデスク
  • 山本 節子
    医療法人偕行会 PT. KAIKOUKAI INDONESIA (現地法人)
    取締役

会場

SSK セミナールーム
東京都 港区 西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
SSK セミナールームの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,000円 (税別) / 31,500円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 26,250円 (税込)

割引特典について

  • 複数名同時受講割引
    • 同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 25,000円(税別) / 26,250円(税込) で受講いただけます。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/9/25 非劣性試験における試験デザイン・実施・評価と優越性試験との比較 東京都
2018/9/26 技術者のためのデザイン思考の基礎と具体的手法 東京都
2018/9/26 医療機器のFDA 510k申請記載事項と指摘事例にみるQSR査察とISO監査の違い 東京都
2018/9/27 新製品開発プロジェクトの進め方 東京都
2018/9/28 3Dプリンターの医療への応用と3Dバイオプリンティングによる3次元組織づくり、臓器づくりの必須知識・応用 東京都
2018/10/2 生体センシング・バイオデバイス技術動向とヘルスインフォマティクスへの展開 東京都
2018/10/9 未来予測による研究開発テーマ創出の方法 東京都
2018/10/10 心拍・呼吸の非接触センシング技術とノイズ対策 東京都
2018/10/16 IoT・AI 開発・導入における共同研究開発の進め方、留意点 東京都
2018/10/18 技術開発戦略のための競合分析と競争戦略手法 東京都
2018/10/22 医薬・医療機器のコンピュータ化システムバリデーション (CSV) 初級講座 東京都
2018/10/22 研究開発ポートフォリオの軸設定と仕組み構築およびマネジメント手法 東京都
2018/10/23 ISO 13485における医療機器プロセスバリデーションの進め方とサンプルサイズの設定根拠 東京都
2018/10/23 医用・ヘルスケア用センサ、デバイスの最新開発状況と今後 東京都
2018/10/24 未来予測の思考法 東京都
2018/10/24 最適な滅菌法を選択するための医療機器滅菌バリデーションの基礎と実務 東京都
2018/10/25 医療機器開発のための事業化戦略とプロジェクトマネージメント 東京都
2018/10/26 研究開発テーマにおける費用対効果の考え方とその算出方法 東京都
2018/10/26 米国FDA 510(k)申請書作成法と留意点 東京都
2018/10/29 体外診断薬の海外市場を踏まえたマーケティング戦略 東京都

関連する出版物

発行年月
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2014/9/10 生理用ナプキン 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/9/10 生理用ナプキン 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/25 入浴剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/25 入浴剤 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書