技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

アセチレンブラックの特性、技術動向と電池、樹脂・ゴム分野への応用

アセチレンブラックの特性、技術動向と電池、樹脂・ゴム分野への応用

東京都 開催

概要

本セミナーでは、導電性フィラー、アセチレンブラックの基礎から解説し、製法、特性、導電機構、各種電池分野での要求、用途に適したカーボンブラックの選定について詳解いたします。

開催日

  • 2012年4月26日(木) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • 導電性カーボンブラックの応用製品に関連する技術者
    • リチウムイオン電池
    • 蓄電池
    • キャパシタ
    • 燃料電池
    • CVケーブル
    • 導電性シリコン
    • ICトレー・シート
    • タイヤブラダー

修得知識

  • 導電性フィラーの基礎
  • 導電性カーボンブラックの特性と用途
  • アセチレンブラックの特性と技術動向

プログラム

 カーボン系導電性フィラー、中でもカーボンブラックは、帯電防止や導電性付与の目的で樹脂やゴムの添加剤として幅広く用いられている。
 本講演では、カーボンブラックの製法/特性/導電機構~用途例 (導電性以外の要求特性も含む) について、代表的な導電性カーボンブラックであるアセチレンブラックを主体に解説する。各種電池分野への応用やアセチレンブラックの特徴を活かした樹脂・ゴム用途、更には最近市場参入が活発化しているカーボンナノファイバーについても解説する。

  1. はじめに
    • 各種導電性フィラーとその代表的用途
  2. カーボン系導電性フィラー
    1. カーボンブラックの製法と特性
      1. ファーネス法、サーマル法、アセチレン法
      2. 製法と基本性状の関係について
        • 一次粒径
        • 比表面積
        • 表面官能基
        • 結晶性
        • 凝集形態
        • 不純物
        • その他
      3. 基本性状の評価方法
        • 分析的手法
        • 物性評価による方法
    2. 導電性カーボンブラックの特性と用途
      1. カーボンブラックによる導電機構
      2. 代表的な導電性カーボンブラック
        • アセチレンブラック
        • ケッチェンブラック
        • ファーネス法導電性カーボンブラック
  3. アセチレンブラックの特性と技術動向
    1. アセチレンブラックの用途例と要求特性
      • CVケーブル
      • 導電性シリコーン
      • ICトレー・シート
      • タイヤブラダー
      • その他
    2. 電池用途におけるカーボン系導電剤の役割/アセチレンブラックを例として
      • リチウムイオン二次電池
      • 鉛蓄電池
      • 電気二重層キャパシター
      • 燃料電池
      • その他
    3. アセチレンブラックの代表的品種、特殊なアセチレンブラック
      • 粉状品・プレス品
      • 粒状品
      • 高比表面積品
      • 低比表面積品
      • 改質品 (高結晶化、官能基付与など)
  4. その他のカーボン系導電性フィラー
    • カーボンナノファイバー
    • カーボンナノチューブ (CNF、CNT)
    • 電池、樹脂分野への応用
  5. その他
    • ナノマテリアル対応上の留意点について
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 石塚 芳己
    電気化学工業(株) 化学品事業部 事業企画部長

会場

連合会館

5F 502会議室

東京都 千代田区 神田駿河台三丁目2-11
連合会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 40,000円 (税別) / 42,000円 (税込)
複数名
: 33,000円 (税別) / 34,650円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名で参加の場合、1名につき 7,350円割引
  • 3名で参加の場合、1名につき 10,500円割引 (同一法人に限ります)
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/8/23 世界のEV用リチウムイオン電池の状況と、求められる部材・周辺技術の特性・課題、製造改善および国内企業が進むべき道 東京都
2019/8/26 固体高分子形燃料電池の基礎と最新の研究開発動向および解析技術 東京都
2019/8/27 リチウムイオン二次電池用セパレータの耐熱性向上と安全性試験 東京都
2019/8/27 リチウムイオン二次電池工学セミナー 東京都
2019/8/27 タッチパネルにおける部品・材料技術のすべて 東京都
2019/8/27 次世代自動車に求められる蓄電技術とEV用超急速充電技術 東京都
2019/8/29 リチウムイオン電池の安全性確保と国内外の関連規制動向 東京都
2019/8/29 リチウムイオン2次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論 東京都
2019/8/30 全固体リチウム電池の基礎と最近の研究動向 東京都
2019/8/30 測定技術 パワエレにおける評価項目と測定技術 神奈川県
2019/9/2 圧電アクチュエータ・超音波モータの基礎と最新研究事例・応用事例 大阪府
2019/9/3 セルロースナノファイバーの基本特性と樹脂複合化による実用化展開 大阪府
2019/9/4 最前線でのLi-ion電池に対する容量劣化 (SOC) 評価技術 東京都
2019/9/5 リチウムイオン電池材料の開発動向と安全性・寿命解析技術 大阪府
2019/9/10 導電性コンポジットの開発のためのパーコレーション理論とフィラーの種類、特性と配合・分散技術 東京都
2019/9/11 二酸化炭素削減対策技術 東京都
2019/9/11 エンジンを搭載した電動車両における排気熱発電システムの実用性 東京都
2019/9/12 全固体二次電池の作製と無機固体電解質における粒界・界面抵抗と評価 東京都
2019/9/13 リチウムイオンバッテリーの長期安定利用に向けた、マネジメント・セルバランス技術 東京都
2019/9/13 全固体電池の展望と電極・固体電解質界面の設計 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/11/19 炭素繊維・炭素繊維複合材料の未来
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/10/31 カーボンブラックを上手に使用する処方箋
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017