技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車のEMC対策

自動車のEMC対策

自動車のEMC対策の画像

目次

第1章 自動車におけるEMC設計の基礎

  • 1. はじめに
  • 2. 半導体とEMC問題
    • 2.1 半導体技術の現状
    • 2.2 インターコネクト設計の現状
  • 3. 本章に関係する物理学および電磁気学の概要
  • 4. ディジタル回路設計に関係する回路理論と物理学・電磁気学との関係
    • 4.1 交流回路理論と電磁気学の関係
    • 4.2 伝送線路理論と電磁気学の関係
    • 4.3 コンデンサと電磁気学の関係
  • 5. ディジタル回路の設計および解析における問題点
  • 6. ディジタル回路のEMC問題を解消する孤立電磁波 (SEMW) コンセプト
    • 6.1 非線形波動理論
    • 6.2 孤立電磁波コンセプト
    • 6.3 孤立電磁波の発生と伝搬
    • 6.4 孤立電磁波コンセプトによる新しいディジタル回路の各部の機能定義
  • 7. 低インピーダンス損失線路 (LILL) 技術
    • 7.1 オンチップLILL技術
    • 7.2 オンボード用のミニバスLILL (MB-LILL) 技術
  • 8. おわりに

第2章 自動車のEMC解析と支援ツール

  • 1. はじめに
  • 2. EMCにおける電磁界の基礎
    • 2.1 ノイズ問題の三大要素
    • 2.2 ノーマル電流とコモン電流
  • 3. 制御基板のノイズ解析
    • 3.1 基板のモデル化
    • 3.2 制御基板上のノーマルモード電流とコモンモード電流
    • 3.3 基板の電気特性抽出
    • 3.4 回路シミュレーションによるノイズ解析
    • 3.5 制御基板プレートの有無の比較
  • 4. シールドボックスの耐ノイズ性解析と車体のEMC解析技術
    • 4.1 解析の概要
    • 4.2 シールドボックス周辺の電解分布
    • 4.3 車体のEMC解析
  • 5. ケーブルのモデリング技術
    • 5.1 集中定数 (周波数依存無し) 階層構造のケーブルモデル
    • 5.2 集中定数 (周波数依存有り) 回路で定義されたモデル
    • 5.3 集中定数 (周波数依存有り) のケーブルモデル
  • 6. まとめ

第3章 自動車のEMC規格と試験法

  • 1. はじめに
  • 2. EMC規制の変遷
  • 3. コンポーネント (車載搭載電子機器) のEMC規制
  • 4. 試験内容
  • 5. コンポーネントEMCに関する共通試験条件
    • 5.1 配置条件
    • 5.2 動作条件
  • 6. エミッションの試験方法
    • 6.1 CISPR25における試験方法注意点
    • 6.2 ISO7637-2伝導エミッション
  • 7. イミュニティの試験方法
    • 7.1 判定基準
    • 7.2 イミュニティ試験における一般要求事項
    • 7.3 ISO11452-2 (アンテナ照射イミュニティ試験)
    • 7.4 ISO11452-3 (TEM CELLによる放射電磁界イミュニティ試験)
    • 7.5 ISO11452-4 (BCIイミュニティ試験)
    • 7.6 ISO7637-2 (伝導トランジェントイミュニティ)
  • 8. 今後の展開について

第4章 車載用モータ/システムとEMC

  • 1. 車載用モータの動向
  • 2. 車載機器のEMC
  • 3. EMC評価技術
    • 3.1 電波暗室
  • 4. アプリケーション面からのEMC設計
    • 4.1 エミッション
    • 4.2 イミュニティ
  • 5. 車載充電器のEMC (電源高調波) 対策
    • 5.1 整流回路と高調波電流

第5章 車載機器用半導体に関するEMI対策

  • 1. 車載半導体機器とラジオノイズ問題
  • 2. EMC設計に向けた取り組み
    • 2.1 不要電磁放射の発生とコモン・モード電流の関係
    • 2.2 マイコン動作で発生するコモン・モード電流の特徴
    • 2.3 半導体チップ、PKG、ボードでの対策の重要性
  • 3. 実装ボード、パッケージにおけるEMC対策
    • 3.1 実装ボードレベルでの対策
    • 3.2 パッケージレベルでの対策
  • 4. 本章のまとめ

第6章 車載電子機器用高速インタフェースのEMC対策

  • 1. 自動車用高速インタフェースの種類
    • 1.1 主な高速インタフェース
  • 2. 差動伝送とは?
  • 3. コモンモードフィルタはどのように差動信号のノイズを抑えるのか?

第7章 車載電子機器用EMC対策部品

  • 1. 部品を用いた車載電子機器のEMC対策
    • 1.1 車載電子機器のEMC問題
    • 1.2 電子機器のEMC対策の考え方
    • 1.3 EMIフィルタの構成
    • 1.4 高周波に対するEMIフィルタの特性
  • 2. 車載電子機器用EMC対策部品
    • 2.1 3端子コンデンサ
    • 2.2 フェライトビーズ
    • 2.3 LC複合EMIフィルタ
    • 2.4 コモンモードチョークコイル
  • 3. EMC対策部品の使用例
    • 3.1 カーナビゲーションのノイズ障害
    • 3.2 カーナビゲーションのノイズ対策モデル
    • 3.3 入出力配線へのEMIフィルタの適用
    • 3.4 差動伝送インタフェースに対するノイズ対策
    • 3.5 デジタル回路のノイズ抑制
    • 3.6 金属ケースによるシールド
  • 4. まとめ

執筆者

  • 遠矢 弘和 : 株式会社アイキャスト 代表取締役社長
  • 重松 浩一 : アンソフト・ジャパン株式会社 シニア・アプリケーション・エンジニア
  • 針谷 栄蔵 : 社団法人関西電子工業振興センター 生駒試験所 所長
  • 正岡 賢治 : 社団法人関西電子工業振興センター 計測技術グループ ゼネラルマネージャー
  • 峯松 育弥 : 社団法人関西電子工業振興センター 計測技術グループ 第2セクション セクションマネージャー
  • 久保 崇将 : 社団法人関西電子工業振興センター 計測技術グループ 第2セクション 主任技師
  • 城ノ口秀樹 : 株式会社東芝 自動車技術システム開発センター 参事
  • 馬淵 雄一 : 株式会社日立製作所 日立研究所 モータイノベーションセンター 電気先端工学ユニット
  • 梅村 昌生 : TDK株式会社 テクノロジーグループ アプリケーションセンター 課長
  • 山本 俊秀 : 株式会社村田製作所 コンポーネント事業本部 EMI事業部 商品開発部 専任課長

監修

名古屋大学 大学院 工学研究科 電子情報システム専攻 教授
電気学会 自動車技術委員会 前委員長
大熊 繁

株式会社アイキャスト
代表取締役社長
遠矢 弘和

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5判 182ページ

ISBNコード

ISBN978-4-88657-260-8

発行年月

2008年6月

販売元

tech-seminar.jp

価格

49,800円 (税別) / 54,780円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/30 電気自動車をはじめとした次世代自動車の普及展望とLiB資源 (リチウム資源、コバルト資源) の今後 東京都 会場・オンライン
2022/6/6 電波吸収体の5Gに向けた設計技術と部材開発 オンライン
2022/6/8 パワエレから高周波までの広範囲における電子機器のEMC対応設計 オンライン
2022/6/13 電気自動車をはじめとした次世代自動車の普及展望とLiB資源 (リチウム資源、コバルト資源) の今後 オンライン
2022/6/14 インバータの系統連系技術 オンライン
2022/6/14 EV用モータの技術トレンド オンライン
2022/6/15 中国EV市場の最新動向 オンライン
2022/6/21 メタマテリアルの基礎とアンテナ分野への応用 オンライン
2022/6/21 電費向上技術とその応用方法 オンライン
2022/6/22 回路実装設計におけるノイズ対策の基礎と見落としがちな重要ポイント オンライン
2022/6/27 高周波対応部品・部材の技術動向と今後の課題 オンライン
2022/6/28 ノイズ対策の重要ポイント オンライン
2022/6/28 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) の基礎と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 会場・オンライン
2022/6/30 高周波回路・EMC設計の基礎技術 会場
2022/6/30 自動車用電池のリサイクル その技術、市場と採算性、国内外動向 オンライン
2022/7/4 EVをはじめとした次世代自動車と電池資源 (リチウム、コバルト、ニッケル) の見通し オンライン
2022/7/8 EV / HEV用 主機モータとPCUの冷却・放熱技術 オンライン
2022/7/11 電波吸収体、電磁遮蔽材、透過材の考え方、設計法入門 オンライン
2022/7/13 EMC設計入門 オンライン
2022/7/15 電子機器のEMC試験と設計段階からの実践的ノイズ対策 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2022/1/20 脱炭素へ、EVの役割と電池・原材料の安定供給 2030/35年モデルと諸問題の検証
2021/6/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021
2021/6/18 2021年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/2/26 高速・高周波対応部材の最新開発動向
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/7/17 2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2020/6/19 2020年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2020/3/19 低炭素社会とバッテリーアグリゲーション
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/6/21 2019年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/4/1 車載用LIBの急速充電性能・耐久性と市場
2019/3/29 電磁波シールド・電波吸収体の設計・開発・評価法
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2017/6/23 2017年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017