技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】

効率的な製品開発やビジネス構築を目指して

医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】

医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】の画像

ご案内

 医療機器関連産業への参入促進として, 様々な活動が行われている今, 実際のところどうなの? どうしたらうまくいくの? という声を良くお聞きします。【薬事法が難しいから】との声もよく聞きます。 そこで, 薬事法を知っておくだけでなく, ビジネスに活かす方法を知ることや, 参入にあたって, 検討すべき課題について知っておくことなど,ビジネス目線でのレクチャーをしました。
 継続的に良い製品を医療現場に届けることで, 多くのスマイルが生まれます。
※薬事法改正について
 薬事法改正が予定されているため, 法文の変更が近いうちに起こる可能性があります。
 しかし, この本では, ビジネスの基礎とともに薬事法を扱っていますので, 変わることのない根本的な考え方を中心に説明しています。どうぞ安心して取り組んでください。
 「医薬品, 医療機器等の品質有効性及び安全性の確保等に関する法律」に名称が変わります。

目次

  • はじめに
  • 1. 薬事法が医薬品医療機器等法に改正されました
    • 1.1 法が目指していること 改正の背景
    • 1.2 医薬品医療機器等法にある業
      • ① 製造販売業の役割
      • ② 製造業の役割
      • ③ 医療機器特有の業態
      • ④ 業態をつなぐ
    • 1.3 医薬品医療機器等法にある品目 (製品)
      • ① 医療機器とは
      • ② リスクによる分類
      • ③ 手続きの違い
      • ④ 製造販売届
      • ⑤ 製造販売承認
      • ⑥ 製造販売認証
  • 2. 医療機器・ヘルスケアのビジネス構造, 周辺ビジネス, マッチング
    • 2.1 自分はどの役割になるか正しく認識していますか
      • ① 業界構造、今回の法改正による重大な留意点
      • ② 業態があればいいの?
    • 2.2 「基本要件」にビジネスのヒントあり
      • ① 改正により、持たなければならない視点があります
      • ② 周辺ビジネスも魅力的
    • 2.3 みんなでやるビジネス、成長するビジネス
      • ① マッチング・コーディネート
      • ② 改善改良による進化
  • 3. 医工連携からビジネスにつなげること
    • 3.1 医工連携とは何か
    • 3.2 事業化を検討する前に知っておきたいこと
      • ① ロードマップだけでは不十分です
      • KILL PROJECT?
      • ③ 顧客の意識
    • 3.3 イノベーションって何だろう
      • ① 医療ニーズがあればよいのだろうか?
      • ② 資金調達ということ
      • ③ デザイン思考の導入を
  • 4. 薬事戦略を考えませんか
    • 4.1 医薬品医療機器等法を活用するとはどういうことか
    • 4.2 設計開発マネジメント
    • 4.3 リスクマネジメント
    • 4.4 開発の経緯から、妥当性検証へ
    • 4.5 相談を利用しよう

執筆者

吉川 典子

NPO医工連携推進機構

客員研究員

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5判 並製本 84ページ

ISBNコード

ISBN978-4-907002-49-7

発行年月

2015年9月

販売元

tech-seminar.jp

価格

10,000円 (税別) / 11,000円 (税込)

割引特典について

  • S&T出版からの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • STbook会員登録を希望する: 1名 10,450円 (税込)
    • STbook会員登録を希望しない: 1名 11,000円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/8 改正GMP省令に対応したQA業務(ハード・ソフト)とGMP文書管理/作成・教育訓練実施 (全4コース) オンライン
2022/7/8 医療機器の不具合報告・回収判断事例と注意喚起・添付文書への記載事例 オンライン
2022/7/12 新条例下での中国NMPA申請の留意点と改正後の最新動向 オンライン
2022/7/12 薬機法、景品表示法、健康増進法に違反しない健康関連食品に関する広告マーケティング戦略とコピーライティング 2022 オンライン
2022/7/14 超入門 改正QMS省令セミナー オンライン
2022/7/14 医薬品・ヘルスケア領域における共同研究開発の進め方と押さえておくべきポイント オンライン
2022/7/20 再生医療等製品申請における生物由来原料基準の要件とカルタヘナ法対応 オンライン
2022/7/20 リスクマネジメントセミナー (ISO 14971:2019準拠) (医療機器) オンライン
2022/7/21 改正GMP省令に対応したQA業務(ハード・ソフト)とGMP文書管理/作成・教育訓練実施 (全4コース) オンライン
2022/7/22 医療機器開発から製造販売承認申請におけるメディカルライティングテクニック オンライン
2022/7/22 東アジア (韓国・台湾・香港・中国) における医療機器の薬事規制/申請・登録と最新動向 オンライン
2022/7/27 プロセスバリデーションの具体的な計画書・記録書・報告書の作成セミナー (医療機器) オンライン
2022/7/28 医療機器QMSにおける統計手法の適用とサンプルサイズ決定方法 オンライン
2022/7/28 ISO11607 滅菌医療機器の包装に関する法的要求事項解説 オンライン
2022/7/29 中分子創薬におけるペプチド医薬の世界的動向および細胞内導入技術の構築 オンライン
2022/7/29 体臭のメカニズムとデオドラント製品開発のポイント オンライン
2022/8/1 医療機器QMSにおける統計手法の適用とサンプルサイズ決定方法 オンライン
2022/8/2 欧州医療機器規制MDR対応 臨床評価の具体的実施法 オンライン
2022/8/2 東アジア (韓国・台湾・香港・中国) における医療機器の薬事規制/申請・登録と最新動向 オンライン
2022/8/4 ISO-13485:2016対応セミナー オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/3/10 改正GMP省令対応 QA (品質保証) 実務ノウハウ集
2021/11/10 医療機器製造におけるバリデーション基礎講座
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/10/15 医療機器のプロセスバリデーション (PV) と工程管理
2021/3/15 体温計
2021/3/15 体温計 (CD-ROM版)
2020/10/28 QMS/ISO要求をふまえた医療機器「プロセス」「滅菌」「包装」「ソフトウェア」バリデーションの進め方
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (オンデマンド)
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (DVD)
2019/6/27 FDAが要求するCAPA導入の留意点
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2014/9/10 生理用ナプキン 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)