技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術

プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術

ご案内

 残留ひずみは割れ、そり、光学性能低下などのトラブルを誘発する原因になるが、設計、成形上では対策の難しい課題の1つである。残留ひずみにもいろいろな種類があるので、それぞれの発生メカニズムをよく理解した上で対策を立てることが大切である。
 しかし、設計、成形対策だけでは残留ひずみの発生を防止できないことがあるので、アニール処理によって残留ひずみを低減する対策が取られている。アニール処理にもいろいろな方法があるので、使用樹脂や成形品によって適切な方法を選ぶ必要がある。
 本講では、残留ひずみの種類と発生メカニズム、成形法別の残留ひずみ発生原因と対策、アニール処理法と注意点などについて現場的観点から解説する。

目次

第1部 残留ひずみの発生メカニズムと対策

  • 1.残留ひずみの発生メカニズムは?
    • 1) 残留ひずみとは?
    • 2) 残留ひずみの種類
      • a) 分子配向ひずみ
      • b) 冷却ひずみ
      • c) インサートひずみ
      • d) 熱ひずみ
    • 3) 成形法と残留ひずみの種類
      • a) 射出成形
      • b) 押出成形
      • c) ブロー成形
      • d) 真空・加圧成形
  • 2.残留ひずみの対策をどうすればよいか?
    • 1) 射出成形で発生する残留ひずみと対策
    • 2) 押出成形で発生する残留ひずみと対策
    • 3) ブロー成形で発生する残留ひずみと対策
    • 4) 真空・加圧成形で発生する残留ひずみと対策
  • 3.インサート成形における残留ひずみ対策はどうすればよいか?
    • 1) インサートひずみの発生原理
    • 2) 対策
  • 4.二次加工における熱ひずみ対策はどうすすればよいか?
    • 1) 熱ひずみの発生原理
    • 2) 対策
  • 5.残留ひずみトラブルを避ける材料選択の着眼点はなにか?
  • 6.残留ひずみの検出にはどのような方法があるか?
    • 1) 光弾性法
    • 2) 溶媒浸漬法
    • 3) 応力解放法
    • 4) 加熱収縮法

第2部 アニール処理技術

  • 1.アニール処理とは?
    • 1) 応力緩和
    • 2) アニール処理での残留ひずみ低減メカニズム
  • 2.アニール処理にはどんな方法があるか?
    • 1) 熱風加熱炉法
    • 2) オイルバス、ソルトバス、温水槽法
    • 3) 遠赤外線加熱法
  • 3.アニール処理条件は?
    • 1) アニール温度と時間
    • 2) プラスチック別のアニール条件
  • 4.アニール処理するときの注意点はなにか?
    • 1) 変色
    • 2) アニール処理時のクラック
    • 3) 加熱収縮
    • 4) 脆化
  • 5.アニール処理で除去できない残留ひずみはあるか?
    • 1) 分子配向ひずみ
    • 2) 冷却ひずみ
    • 3) インサートひずみ
    • 4) 熱ひずみ
  • 6.アニール処理はどのようなときに必要か?
    • 1) 塗装、印刷、接着、湿式めっき
    • 2) 厚肉成形品 (丸棒、厚板)
    • 3) 寸法安定化
  • 7.アニール処理事例
    • 1) 透明光学部品、医療部品などのアニール処理
    • 2) 丸棒、厚板などのアニール処理
    • 3) スーパーエンプラ成形品のアニール処理
    • 4) 押出製品のオンラインアニール処理

執筆者

本間 精一

本間技術士事務所

所長

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判フルカラーテキスト スライド108枚 / DVD 236分 108ページ

発行年月

2017年7月

販売元

tech-seminar.jp

価格

46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/10/19 ポリイミドの高機能化に向けた分子設計・材料設計 東京都
2018/10/19 プラスチック成形不良の原因と対策 東京都
2018/10/19 プラスチックフィルムの表面処理・改質と接着性の改善・評価技術 東京都
2018/10/22 UV硬化樹脂の硬化プロセスと硬化度評価・解析手法 東京都
2018/10/22 ポリマーアロイ・ブレンドで物性を制御するには? 東京都
2018/10/23 高分子の摩擦・摩耗メカニズムとその制御、シミュレーション手法 東京都
2018/10/24 分子動力学シミュレーションを用いた材料開発と、その適用事例 東京都
2018/10/24 フッ素樹脂活用のための基礎解説と用途展開動向・応用技術 東京都
2018/10/24 高分子材料におけるトライボロジーと摩耗量低減 東京都
2018/10/25 樹脂の破面解析と破壊メカニズム、寿命予測と破損トラブルの再発防止策 東京都
2018/10/26 プラスチック用添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方 東京都
2018/10/26 ポリマーおよび添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方 (2日間) 東京都
2018/10/26 ポリウレタンの構造、物性と劣化、変色対策 東京都
2018/10/29 制振・防振・吸音・遮音材料の材料設計および、吸音・遮音・防振の理論と測定 (2日間コースセミナー) 東京都
2018/10/29 高分子の力学的性質と制振・防振・吸音・遮音材料の設計および評価法 東京都
2018/10/30 フィルム・延伸の成形加工・評価技術と機能性フィルムへの応用 東京都
2018/10/30 樹脂/繊維、フィラーの複合化に向けた無水マレイン酸変性技術 東京都
2018/11/5 ポリマーアロイの作り方、相溶性向上、構造制御とその解析 東京都
2018/11/7 高分子材料の結晶化度測定と分子構造解析およびその応用 大阪府
2018/11/8 押出機内の樹脂挙動および溶融混練の基礎と最適化 大阪府

関連する出版物

発行年月
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/11/26 エンプラ市場の分析と用途開発動向 2013
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/6/3 プラスチックのタフニングと強度設計
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/4/25 目からウロコの導電性組成物 設計指南
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2012/11/1 高分子の結晶化メカニズムと解析ノウハウ