技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

図解と演習を用いて簡単に理解できる実験計画法入門

図解と演習を用いて簡単に理解できる実験計画法入門

~実験計画法の活用方法 (実験計画の立て方、分散分析のやり方、最適水準の推定方法) とは~
オンライン 開催 演習付き

視聴期間は2024年6月24日〜7月3日を予定しております。
お申し込みは2024年7月1日まで承ります。

開催日

  • 2024年7月1日(月) 10時30分 2024年7月3日(水) 16時30分

修得知識

  • 統計の基礎
    • 標準偏差
    • 信頼区間
  • 統計的検定の基礎
    • t検定
    • 対応のあるt検定
    • p値の意味合い
  • 実験計画法の活用方法
    • 実験計画の立て方
    • 分散分析のやり方
    • 最適水準の推定方法
  • 一元配置分散分析、二元配置分散分析、直交配列表
  • ランダマイズの重要性

プログラム

 実験計画法はとても役に立つのですが習得には膨大な時間がかかります。そもそも統計って難しい数式のオンパレード、敷居が高いですよね。でも図解から入れば意外とフレンドリーなのです。
 本セミナーではこれから実験計画を学ぼうとしている方を対象にしていますので、標準偏差とは何か、統計的有意差とは何か、等の基礎的なところから始めていきます。経験のある方は復習の機会にしてください。目からウロコの部分もあると思います。
 一方、実験計画と銘打っていますので、思い切って二元配置実験まで網羅することにしました。二元配置実験まで分かれば、直行配列表や重回帰分析などの理解もしやすくなるからです。
 計算はソフトウェアが行ってくれますが、結果を正しく解釈するためには数式をブラックボックスにしてはいけません。とは言っても数理統計家を目指すわけではないので、数式がグラフのどこの部分を数値化しているのかのイメージがつかめれば十分です。
 図解でわかりやすく解説しますので、ここは苦手意識克服のためにも頑張って理解しましょう。ここまで来れば、難しい数式が心強い助っ人に感じられるでしょう。
 本セミナーに統計の予備知識は必要ありませんが、製品設計や工程設計の知識または経験は必要です。経験は無くても実験や工程をイメージできることは必要です。統計は技術的な論点をグラフ化できれば、理解したのも同然だからです。さあ、実験計画法の不思議と面白さを一緒に勉強していきましょう。

  1. 科学技術者に必須な統計の基礎 (計算をブラックボックスにしないために)
    1. ヒストグラム、正規分布、標準偏差
    2. 統計的な距離を表す規準化 (統計の勉強で最も重要な概念)
    3. 95%信頼区間の本当の意味合い「真の値を95%の確率で含む範囲」と言うけれど
    4. 統計的有意差-p値とは何もの?
    5. 平均値の信頼区間
    6. 平均値の差の検定 (グループ間の比較:t検定)
    7. 平均値の差の検定 (対応関係がある場合の比較:paired-t検定)
    8. 自習のためのモンテカルロ・シミュレーションのやり方
  2. 実験計画法への誘い
    1. 一元配置デザイン (一元配置分散分析)
      • データ構造をミエル化する
      • 要因効果と実験誤差をミエル化する
      • 最適水準の推定と信頼区間
    2. 二元配置デザイン (二元配置分散分析)
      • データ構造をミエル化する
      • 要因効果と実験誤差をミエル化する
      • 最適水準の推定と信頼区間
      • 交互作用と交絡 (似て非なるもの)
      • 繰り返しのない二元配置デザインとは
      • paired-t検定は実は二元配置デザインだった
    3. 制御因子が多数の場合 (直交配列表の紹介)
    4. 計算よりも大切なのは実験のランダマイズ
    5. 統計と固有技術
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

アーカイブ配信セミナー

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2024年6月24日〜7月3日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/7/26 非統計家への分析法バリデーションに必要となる統計解析の基礎と実践 東京都 会場・オンライン
2024/7/26 開発早期段階における患者数、売上、薬価予測 オンライン
2024/7/26 はじめての薬物動態学シリーズ 全2日間セミナー オンライン
2024/7/26 はじめての薬物動態学入門 - 解析編 オンライン
2024/7/26 正確でロジカルかつ説得力のある販売予測の進め方 オンライン
2024/7/29 分析法バリデーションにおける統計解析の基礎 オンライン
2024/7/29 データ分析のための統計入門 オンライン
2024/7/29 DLVO理論に基づくゼータ電位の理解と活用法 オンライン
2024/7/29 実務で使える実験計画法入門 オンライン
2024/7/30 汎用的インフォマティクス&統計的最適化 実践入門 オンライン
2024/7/30 研究者・開発者の能力を拡張するための機械学習と材料DXへの展開 オンライン
2024/7/31 「統計的品質管理」総合コース2024 オンライン
2024/7/31 データサイエンスの基礎 オンライン
2024/7/31 Excelスプレッドシートの運用管理・バリデーション方法と信頼性確保と当局指摘事例 オンライン
2024/7/31 医薬品・部外品・化粧品分野で必要な品質管理/検査に役立つ化学分析の基礎 オンライン
2024/7/31 機械学習による適応的実験計画 オンライン
2024/7/31 分析法バリデーションへの応用 オンライン
2024/8/2 因果推論の基礎講座 オンライン
2024/8/2 実験計画法 (3日間) オンライン
2024/8/2 実験計画法 (1) オンライン