技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

日欧米の化学物質関連法規制の概要と対応のポイント

SDS・ラベル作成のために知っておくべき

日欧米の化学物質関連法規制の概要と対応のポイント

~日本 (化審法、安衛法、化管法、毒劇法) / 欧州 (REACH, CLP) /米国 (TSCA, HCS)~
オンライン 開催

視聴期間は2024年6月6日〜16日を予定しております。
お申し込みは2024年6月6日まで承ります。

概要

本セミナーでは、多岐にわたり複雑で理解しにくい日本/欧州/米国の化学物質に関する法規制をわかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2024年6月6日(木) 10時30分 2024年6月16日(日) 16時30分

受講対象者

  • 化学品関連企業の研究・開発・製造部門
    • 医薬品
    • 化粧品
    • 食品 等

修得知識

  • 日欧米の化学物質関連法規制の概要
  • 日欧米の化学物質関連法規制の最新動向

プログラム

 化学物質に関する法規制は、多岐にわたり複雑で理解することが難しい。 本セミナーでは、業務で化学物質を取り扱う方々にとって、重要な日本の4つの法規制、 (1) 化学物質審査規制法 (化審法) (2) 労働安全衛生法 (安衛法) (3) 化学物質排出把握管理促進法 (化管法) (4) 毒物及び劇物取締法 (毒劇法) についてポイントと最新動向を分かり易く解説します。
 さらに、日本のJISに準拠したGHS (化学品の分類および表示に関する世界調和システム) 分類、改正労働安全衛生法 (安衛法) と化学物質排出把握管理促進法 (化管法) に対応したSDSやラベルの作成について解説します。また、欧州及び米国の化学物質規制の概要とSDS、ラベル制度 (CLP規則及びHCS) についても紹介します。

  1. 化学物質管理規制の国際動向
  2. 化学物質審査規制法 (化審法)
    1. 化学物質審査規制法 (化審法)の概要
    2. 新規化学物質の事前審査制度
    3. 既存化学物質の管理制度
  3. 労働安全衛生法 (安衛法)
    1. 労働安全衛生法 (安衛法)の概要と改正
    2. 新規化学物質の事前審査制度
    3. 既存化学物質の管理制度
  4. 化学物質排出把握管理促進法 (化管法)
    1. 化学物質排出把握管理促進法 (化管法)の概要と改正
    2. 化学物質排出把握管理促進法 (化管法)の管理制度
  5. 毒物及び劇物取締法 (毒劇法)
    1. 毒物及び劇物取締法 (毒劇法) の概要と動向
    2. 毒物及び劇物取締法 (毒劇法) の管理制度
  6. 日本のJIS Z 7252/7253: 2019、労働安全衛生法 (安衛法)、化学物質排出把握管理促進法 (化管法) 改正に準拠したGHS対応SDS、ラベル作成
    1. GHS分類の基礎
    2. SDS作成の概要
    3. ラベル作成の概要
  7. 欧州の化学物質管理制度
    1. REACH規則の概要
    2. CLP規則の概要とSDS、ラベル制度
  8. 米国の化学物質管理制度
    1. TSCAの概要
    2. HCSの概要とSDS、ラベル制度
    • 質疑応答

講師

  • 吉川 治彦
    一般財団法人 化学物質評価研究機構 安全性評価技術研究所
    主管研究員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

アーカイブ配信セミナー

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2024年6月6日〜16日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は別途、送付いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/22 HAZOP入門講座 (2日間) オンライン
2024/5/27 PFASにおける国内外の動向と対策技術および対応事例 オンライン
2024/5/28 日欧米の化学物質関連法規制の概要と対応のポイント オンライン
2024/5/28 ICH E6 (R3) に見る臨床開発におけるCSVの最新情報 オンライン
2024/5/31 非無菌製剤製造時の清浄度を考慮した品質管理と査察を意識した留意点 東京都 会場・オンライン
2024/6/3 ICH E6 (R3) に見る臨床開発におけるCSVの最新情報 オンライン
2024/6/6 医薬品中の元素不純物分析のデータ試験・管理及びPMDA等の対応ポイント オンライン
2024/6/10 PFOA・PFOS等を含めたPFAS (有機フッ素化合物) における規制動向、その企業対応 (2024年版) オンライン
2024/6/11 非無菌製剤製造時の清浄度を考慮した品質管理と査察を意識した留意点 オンライン
2024/6/14 化学物質 (有機溶剤) の安全な取り扱い講座 オンライン
2024/6/18 医薬品中の元素不純物分析のデータ試験・管理及びPMDA等の対応ポイント オンライン
2024/6/20 製造承認書および別紙規格の作成にむけた規格及び試験方法の記載・データの揃え方と原案作成要領 (手引き) の活用法 オンライン
2024/6/21 フッ素樹脂をはじめとするPFASの基礎と欧州PFAS規制の動向および用途別の代替手段 オンライン
2024/6/25 有機フッ素化合物 (PFAS) に関する米国規制動向と企業の対応策 オンライン
2024/6/26 医薬品開発における製剤開発の各段階で必要となる統計解析基礎講座 オンライン
2024/7/1 製造承認書および別紙規格の作成にむけた規格及び試験方法の記載・データの揃え方と原案作成要領 (手引き) の活用法 オンライン
2024/7/3 医薬品開発における製剤開発の各段階で必要となる統計解析基礎講座 オンライン
2024/7/8 有機フッ素化合物 (PFAS) に関する米国規制動向と企業の対応策 オンライン
2024/7/10 フッ素樹脂をはじめとするPFASの基礎と欧州PFAS規制の動向および用途別の代替手段 オンライン
2024/7/23 非GLP試験での信頼性基準試験におけるリスクベースドアプローチを用いた信頼性保証 オンライン